最新

標準報酬月額(大阪府)

 

健康保険・厚生年金保険では、被保険者が事業主から受ける毎月の給料などの報酬の月額を区切りのよい幅で区分した標準報酬月額と3月を超える期間の賞与から千円未満を切り捨てた標準賞与額(健康保険は年度の累計額540万円、厚生年金保険は1ヶ月あたり150万円が上限)を設定し、保険料の額や保険給付の額を計算します。

 

標準報酬月額は、健康保険は第1級の5万8千円から第47級の121万円までの全47等級に区分されています。(区分については、こちらの都道府県ごとの保険料額表をご確認ください
また、健康保険の場合、標準報酬月額の上限該当者が、3月31日現在で全被保険者の1.5%を超えたときは、政令でその年の9月1日から一定範囲で標準報酬月額の上限を改定することができることになっています。 (全国健康保険協会)

 

【標準報酬月額早見表】

東京都

大阪府

 

大阪府の標準報酬月額表

 

区分 健康保険 介護保険 厚生年金
本人 50.30 8.60 87.37
会社 50.30 8.60 87.37

(平成26年9月~)

等級 報酬月額 標準報酬 健康保険料 厚生年金
以上~未満 月額 健康保険 介護保険 健保+介護 被保険者
1 1                 0  ~         63,000 58,000 2,917 499 3,416.20 8,562
2 1          63,000  ~         73,000 68,000 3,420 585 4,005.20 8,562
3 1          73,000  ~         83,000 78,000 3,923 671 4,594.20 8,562
4 1          83,000  ~         93,000 88,000 4,426 757 5,183.20 8,562
5 1          93,000  ~       101,000 98,000 4,929 843 5,772.20 8,562
6 2        101,000  ~       107,000 104,000 5,231 895 6,125.60 9,086
7 3        107,000  ~       114,000 110,000 5,533 946 6,479.00 9,611
8 4        114,000  ~       122,000 118,000 5,935 1,015 6,950.20 10,310
9 5        122,000  ~       130,000 126,000 6,338 1,083 7,421.40 11,009
10 6        130,000  ~       138,000 134,000 6,740 1,153 7,892.60 11,708
11 7        138,000  ~       146,000 142,000 7,143 1,221 8,363.80 12,407
12 8        146,000  ~       155,000 150,000 7,545 1,290 8,835.00 13,105
13 9        155,000  ~       165,000 160,000 8,048 1,376 9,424.00 13,979
14 10        165,000  ~       175,000 170,000 8,551 1,462 10,013.00 14,853
15 11        175,000  ~       185,000 180,000 9,054 1,548 10,602.00 15,727
16 12        185,000  ~       195,000 190,000 9,557 1,634 11,191.00 16,600
17 13        195,000  ~       210,000 200,000 10,060 1,720 11,780.00 17,474
18 14        210,000  ~       230,000 220,000 11,066 1,892 12,958.00 19,221
19 15        230,000  ~       250,000 240,000 12,072 2,064 14,136.00 20,969
20 16        250,000  ~       270,000 260,000 13,078 2,236 15,314.00 22,716
21 17        270,000  ~       290,000 280,000 14,084 2,408 16,492.00 24,464
22 18        290,000  ~       310,000 300,000 15,090 2,580 17,670.00 26,211
23 19        310,000  ~       330,000 320,000 16,096 2,752 18,848.00 27,958
24 20        330,000  ~       350,000 340,000 17,102 2,924 20,026.00 29,706
25 21        350,000  ~       370,000 360,000 18,108 3,096 21,204.00 31,453
26 22        370,000  ~       395,000 380,000 19,114 3,268 22,382.00 33,201
27 23        395,000  ~       425,000 410,000 20,623 3,526 24,149.00 35,822
28 24        425,000  ~       455,000 440,000 22,132 3,784 25,916.00 38,443
29 25        455,000  ~       485,000 470,000 23,641 4,042 27,683.00 41,064
30 26        485,000  ~       515,000 500,000 25,150 4,300 29,450.00 43,685
31 27        515,000  ~       545,000 530,000 26,659 4,558 31,217.00 46,306
32 28        545,000  ~       575,000 560,000 28,168 4,816 32,984.00 48,927
33 29        575,000  ~       605,000 590,000 29,677 5,074 34,751.00 51,548
34 30        605,000  ~       635,000 620,000 31,186 5,332 36,518.00 54,169
35 30        635,000  ~       665,000 650,000 32,695 5,590 38,285.00 54,169
36 30        665,000  ~       695,000 680,000 34,204 5,848 40,052.00 54,169
37 30        695,000  ~       730,000 710,000 35,713 6,106 41,819.00 54,169
38 30        730,000  ~       770,000 750,000 37,725 6,450 44,175.00 54,169
39 30        770,000  ~       810,000 790,000 39,737 6,794 46,531.00 54,169
40 30        810,000  ~       855,000 830,000 41,749 7,138 48,887.00 54,169
41 30        855,000  ~       905,000 880,000 44,264 7,568 51,832.00 54,169
42 30        905,000  ~       955,000 930,000 46,779 7,998 54,777.00 54,169
43 30        955,000  ~    1,005,000 980,000 49,294 8,428 57,722.00 54,169
44 30     1,005,000  ~    1,055,000 1,030,000 51,809 8,858 60,667.00 54,169
45 30   1,055,000  ~    1,115,000 1,090,000 54,827 9,374 64,201.00 54,169
46 30     1,115,000  ~    1,175,000 1,150,000 57,845 9,890 67,735.00 54,169
47 30     1,175,000  ~                      1,210,000 60,863 10,406 71,269.00 54,169

 

端数処理は、50銭以下の場合は切り捨て、50銭を超える場合は切り上げて処理をしています。介護保険は、健康保険料率(折半)と介護保険料率(折半)を足した料率を乗じて、端数処理を行い、健康保険料を控除した値としています。

 

標準報酬月額の決め方

 

 標準報酬月額の決め方には、次の4通りの場合があります。

 

  1. 資格取得時の決定

    新規に被保険者の資格を取得した人の標準報酬月額は、次の方法によって決めます。

    1. 月給・週給など一定の期間によって定められている報酬については、その報酬の額を月額に換算した額
    2. 日給・時間給・出来高給・請負給などの報酬については、その事業所で前月に同じような業務に従事し、同じような報酬を受けた人の報酬の平均額
    3. aまたはbの方法で計算することのできないときは、資格取得の月前1か月間に同じ地方で同じような業務に従事し、同じような報酬を受けた人の報酬の額
    4. aまたはbまでの2つ以上に該当する報酬を受けている場合には、それぞれの方法により算定した額の合計額

    (関係条文 健康保険法 第42条 )

  2. 定時決定

     平成18年7月1日より、報酬の支払基礎日数が20日以上から17日以上に改正されます。詳しくは、こちらをご覧ください。
     よって、平成18年度以降の定時決定(算定基礎届)については、4月・5月・6月の報酬の支払基礎日数に17日未満の月がある場合には、その月を除いて決定します。

     被保険者が事業所から受ける報酬は、昇給などで変動します。そこで、変動後の報酬に対応した標準報酬月額とするため、毎年1回、決まった時期に標準報酬月額の見直しをすることとしており、これを定時決定といいます。

    • 対象となるのは、7月1日現在の被保険者について、4月・5月・6月に受けた報酬の平均額を標準報酬月額等級区分にあてはめて、その年の9月から翌年の8月までの標準報酬月額を決定します。なお、支払基礎日数が、17日未満の月については、標準報酬月額の計算から除くことになっています。
    • ただし、次のいずれかに該当する人は、定時決定は行われません。
      • 6月1日から7月1日までの間に被保険者となった人
      • 7月から9月までのいずれかの月に随時改定または、育児休業等を終了した際の改定が行われる人

    短時間就労者(注)に係る平成18年度以降の定時決定の算定方法ついて

    (注)短時間就労者とは、いわゆるパートタイマーの方々をいいます。
    短時間就労者に係る定時決定時の標準報酬月額の算定については、次のいずれかにより行われます。

    1. 4、5、6月の3ヶ月のうち支払基礎日数が17日以上の月がある場合は、17日以上ある月の報酬月額の平均により算定された額により、標準報酬月額を決定する。
    2. 4、5、6月の3ヶ月間のうち支払基礎日数がいずれも17日未満の場合は、その3ヶ月のうち支払基礎日数が15日以上17日未満の月の報酬月額の平均により算定された額により、標準報酬月額を決定する。
    3. 4、5、6月の3ヶ月間のうち支払基礎日数がいずれの月についても15日未満の場合は、従前の標準報酬月額をもって当該年度の標準報酬月額とする。
         

      上記の1~3までを整理すると次のようになります。

      支払基礎日数 標準報酬月額の決定方法
      3ヶ月とも17日以上ある場合 3ヶ月の報酬月額の平均額をもとに決定
      1ヶ月でも17日以上ある場合 17日以上の月の報酬月額の平均額をもとに決定
      3ヶ月とも15日以上
      17日未満の場合
      3ヶ月の報酬月額の平均額をもとに決定
      1ヶ月又は2ヶ月は15日以上
      17日未満の場合
      (ただし、1ヶ月でも17日以上
      ある場合は除く)
      15日以上17日未満の月の報酬月額の
      平均額をもとに決定
      3ヶ月とも15日未満の場合 従前の標準報酬月額で決定

       なお、短時間就労者にかかる随時改定時における標準報酬月額の算定については、前述の1から3のいずれかによらず、継続した3ヶ月のいずれの月においても報酬の支払基礎日数が17日以上必要となりますので、ご注意ください。

      (関係条文 健康保険法第41条、厚生年金保険法第21条)

  3. 随時改定
     平成18年7月1日より、報酬の支払基礎日数が20日以上から17日以上に改正されます。詳しくは、こちらをご覧ください。
     平成18年7月以降に行われる随時改定(月額変更届)については、昇(降)給等により、固定的賃金の変動のあった月以降(平成18年4月以降)継続した3ヶ月間のいずれの月も報酬の支払基礎日数が17日以上必要となります。

     被保険者の標準報酬月額は、原則として次の定時決定が行われるまでは変更しませんが、報酬の額が著しく変動すると、被保険者が実際に受け取る報酬の額と標準報酬月額がかけ離れた額になることがあります。このため、被保険者が実際に受けている報酬の額に著しい変動が生じ保険者が必要と認めた場合には、標準報酬月額の改定を行うことができるようになっています。これを「随時改定」といいます。なお、改定された標準報酬月額は、次の定時決定までの標準報酬月額となります。
    • 随時改定は、次の3つのすべてにあてはまる場合に、固定的賃金の変動があった月から4ヶ月目に改定が行われます。
      • 昇(降)給などで、固定的賃金に変動があったとき
      • 固定的賃金の変動月以後継続した3ヶ月の間に支払われた報酬の平均月額を標準報酬月額等級区分にあてはめ、現在の標準報酬月額との間に2等級以上の差が生じたとき
      • 3ヶ月とも報酬の支払基礎日数が17日以上あるとき
    • 固定的賃金とは?
       基本給・家族手当・役付手当・通勤手当・住宅手当など稼働や能率の実績に関係なく、月単位などで一定額が継続して支給される報酬をいいます。

      (関係条文 健康保険法第43条、厚生年金保険法第23条)

  4. 育児休業等を終了した際の改定 
     平成18年7月1日より、報酬の支払基礎日数が20日以上から17日以上に改正されます。詳しくは、こちらをご覧ください。
     平成18年7月以降に行われる育児休業等終了時改定については、育児休業等の終了日の翌日の属する月以後3ヶ月間の報酬の支払基礎日数が17日以上ある月分の報酬の平均をもとに決定します。そのため、17日未満の月がある場合には、その月を除いて育児休業等終了時改定を行うことになります。

     育児休業等を終了した(育児休業等終了日において3歳に満たない子を養育する場合に限ります。)後、育児等を理由に報酬が低下した場合であっても、随時改定の事由に該当しないときは、次の定時決定が行われるまでの間、被保険者が実際に受け取る報酬の額と標準報酬月額がかけ離れた額になります。このため、変動後の報酬に対応した標準報酬月額とするため、育児休業等を終了したときに、被保険者が事業主を経由して保険者に申出をした場合は、標準報酬月額の改定をすることができます。
     なお、事業主はこの申出にあわせて、「健康保険・厚生年金保険育児休業等終了時報酬月額変更届」により保険者に届出をしなければなりません。
    • 改定となる場合 
      • 被保険者が改定対象者に該当する場合であって、事業主を経由して保険者に申出をしたとき

      【改定となる対象者】

      • 1歳に満たない子または1歳から1歳6ヶ月に達するまでの子を養育するための育児休業を終了した被保険者
      • 1歳から3歳に達するまでの子を養育するための育児休業制度に準ずる措置による休業を終了した被保険者
    • 何を基準に改定するのか。
       育児休業等終了月(ただし、終了した日が月末である場合は、その翌月)以後3ヶ月間に受けた報酬の平均月額を標準報酬月額等級区分にあてはめ、現在の標準報酬月額と1等級でも差が生じた場合には、改定します。

       

    • いつから改定されるのか。
       育児休業等終了日の翌日から起算して2月を経過する月の翌月から、標準報酬月額が改定されます。なお、改定された標準報酬月額は、次の定時決定までの標準報酬月額となります。

       

      (関係条文 健康保険法第43条の2、厚生年金保険法第23条の2)

 

 

▲TOPに戻る