最新

給与カーブ

シミュライズの給与カーブモデルについて


シミュライズでは企業の給与状態の各種分析を行っており、統計データを基に上場企業各社の「給与カーブモデル」を次のような方法で作成しています。

1. 国税庁の民間給与実態統計調査(平成24年度)における、業種別・年齢階層別の給与額データをもとにして、産業業種ごとに、各年齢時における給与の平均的上昇率を推計する

2. 上場企業各社により公表されている平均給与、および、平均年齢のデータを用い、上で推計した業種別の給与上昇率カーブをあてはめることで、各上場企業における平均給与カーブ(各年齢における平均的給与)を推計する

この給与カーブモデルを用いることにより、各企業の30歳や40歳など一定の年齢におけるモデル給与を推計するとこができ、企業間の比較が可能となります。

また、各企業で働き続けたと仮定し、23歳~60歳までの推計給与の合計値を産出することにより、平均的に得られるであろう生涯給与を推計するとことができます。(退職金については、モデル化するに十分なデータが無い為含みません)

もちろん、これらの数値は、従業員の平均像としての推計であり、昨今の成果主義の導入等による給与のバラツキや、また、企業による給与上昇率の違いを考慮すると、実態を完全に表しているとは限りません。但し、業種や企業の全体像を掴み、企業や業種間の差異を映し出す説明力は高いと考えられ、就職や転職の際の参考データとしては十分に活用できます。

 

給与カーブモデルを用いた生涯給与推計値のランキング

 

▲TOPに戻る