2018年2月の機械受注統計〜船舶・電力を除く民需は2.1%増の8,910億円〜

2018年2月の機械受注統計調査報告が2018年4月11日内閣府により発表されました。
毎年1月調査の時点で季節調整値の改訂を行っており、季調系列は過去に遡って改訂されます。

民間設備投資の先行指標となる「船舶・電力を除く民需」は先月比2.1%増8,910億円でした。

【機械受注統計(金額及び前月比)】(季節調整値)

金額(億円) 前月比(%)
民需(船舶・電力を除く) 8,910 2.1
製 造 業 4,423 8.0
非製造業 6,899 12.2

注:内閣府発表、MILIZE調べ

【機械受注統計(金額)】

 
【機械受注統計(前月比)】




経済統計データのページではそれぞれの時系列データと推移グラフを用意しています。

経済統計データはこちらからどうぞ