最新

全国百貨店売上 2017年2月〜マイナス1.7%で12か月連続マイナス〜

日本百貨店協会が3月22日発表の2017年2月の全国百貨店売上高は4,336億円となり、前年同月比でマイナス1.7%と12ヶ月連続で前年実績を下回りました。

2月の売上高は前年同月比1.7%減で12か月連続のマイナスでした。前年がうるう年による営業日数減のほか、 土曜1日減の影響から総額では前年に届きませんでした。
顧客別では、春節の月ズレが心配されたインバウンド(シェア4.7%)が、購買客数(17.2%増)、 売上高(9.6%増)ともに好調に推移したものの、国内市場(シェア95.3%)は2.2%減で7か月連続のマイナスに終わっています。


(注)日本百貨店協会データよりシミュライズ作成。店舗数調整ベース。


地区別では、10都市計(-1.5)、10都市以外の地区計(-1.9)ともに前年を下回りました。

 

 

次に2014年1月以降の商品別売上高の前年同月増減率の推移を見てみます。


注)日本百貨店協会データよりシミュライズ作成。店舗数調整ベース。

 

商品別では、主要5品目(衣料品、身のまわり品、雑貨、家庭用品、食料品)のうち、好調な化粧品(+12.9% /23か月連続プラス)が牽引した雑貨が3.7%増で、3か月連続のプラスを記録した一方で、月前半の気温低下が影響した衣料品は4.5%減と、16か月連続で前年を下回りました。

食料品は営業日数の減を、堅調な菓子やその他食料品が補い、0.8%減に留まる健闘を見せました。

東京地区の商品別では、ここ数か月のトレンドに大きな変化は見られず、全国同様に化粧品が好調な雑貨が3か月連続でプラスとなった一方で、衣料品については、卒業式や入学式などの歳時記関連や服飾小物のセール品に動きが見られたものの、気温低下により春物の出足が鈍く6.5%減で、16か月連続のマイナスに終わっています。

食料品については、天候不順によりマグロやブリなどの漁獲量減少が価格の高騰 を招き、生鮮食品が8.0%減と数字を落としたが、バレンタインの関連催事や恵方巻きなどの好調を背景に、菓子やその他食料品が堅調で、3か月ぶりにプラスに転じています。


(注)日本百貨店協会データよりシミュライズ作成。店舗数調整ベース。

 

 

【お知らせ】気になるニュースをお届けしますシミュライズ《無料》
日常生活から、就職、婚活、買物、教育など人生のさまざまなライフイベントについて
周りに溢れるお金の情報を整理しお届けいたします。

 

つづいて主要都市別の売上高前年同月比推移です。

伸び率は先月比で大阪と名古屋を除く地区がマイナス圏のままです。


(注)日本百貨店協会データよりシミュライズ作成。店舗数調整ベース。

 

地区別では札幌(1.8%増)、名古屋(0.5%増)、大阪(2.7%増)、近畿(2.4%増)の4地区が国内消費も堅調なことからプラスになったが、その他14地区は前年を捉えることが出来ませんでした。

 

 

過去のデータはこちらからどうぞ

最新オリジナルニュースやジャンル別の記事については、ホームへ どうぞ。

 

 

 

▲TOPに戻る