最新

2016年12月の全国消費者物価指数〜総合指数100.1。2016年平均、総合99.9と4年ぶりに前年を下回る〜

全国消費者物価指数 2016年12月


総務省による1月27日公表、2016年12月の全国消費者物価指数の動向は以下のようになっています。

  • 総合指数は2015年(平成27年)を100として100.1 前月比は0.2%の下落  前年同月比は0.3%の上昇
  • 生鮮食品を除く総合指数99.8 前月と同水準  前年同月比は0.2%の下落
  • 食料(酒類を除く)及びエネルギーを除く総合指数100.4 前月比は0.1%の下落  前年同月と同水準

 

【 全国消費者物価指数 直近の前年同月比変化(%)】

2016年 9月 10月 11月 12月
総合 ▲0.5 0.1 0.5 0.3
生鮮食品を除く総合 ▲0.5 ▲0.4 ▲0.4 ▲0.2
食料及びエネルギーを除く総合* 0.0 0.2 0.1 0.0
持家の帰属家賃及び生鮮食品を除く総合
-0.5
-0.4
-0.4
-0.2

* 食料(酒類を除く)及びエネルギーを除く総合

 

【全国消費者物価指数 前年同月比】消費者物価指数 2017-01-27 12.37.38(注)総務省資料よりシミュライズまとめ

 

月次の推移をみると、消費税増税の影響が無くなった2015年4月以降「総合」、「生鮮食品を除く総合」は下落傾向でしたが2016年9月を境に持ち直してきているのが見て取れます。
また「食料(酒類を除く)及びエネルギーを除く総合」は2015年4月以降2015年11月まで上昇傾向でしたが、それ以降下落傾向です。

今月は前年同月比で総合指数が0.3、生鮮食品を除く総合がマイナス0.2、 食料(酒類を除く)及びエネルギーを除く総合指数は前年同月と同水準です。

前月比及び前年同月比で変化が目立ったものは以下のとおりです。

上昇 下落
前月比 光熱・水道(他の光熱費 12.0%)
交通・通信(自動車等関係比 0.5%)
食料(生鮮野菜 -11.6%)
被覆及び履物(衣料 -1.8%)
前年同月比 食料(生鮮野菜 23.1%) 光熱・水道(電気代 -6.5%)
交通・通信(通信 -2.9%)

 

【お知らせ】気になるニュースをお届けしますシミュライズ《無料》
お金が全てじゃないけど、有って損しないもの事実。就職難の時代ではありますが、
良い就職・転職をする際には、しっかりした情報収集が大切。

 

 

全国消費者物価指数 2016年平均


2016年全体の平均も公表されました。

  • 総合指数は2015年(平成27年)を100として99.9 前年比は0.1%の下落
  • 生鮮食品を除く総合指数99.7 前年比は0.3%の下落
  • 食料(酒類を除く)及びエネルギーを除く総合指数100.3 前年比は0.3%の上昇

続いて2011年からの年次の推移も見てみましょう。

【全国消費者物価指数 前年同月比 年次推移】消費者物価指数年平均 2017-01-27 13.37.13(注)総務省資料よりシミュライズまとめ

2014年までは前年同月比が伸びていくのが分かります。ですが2015年から下落傾向にあり、「食料(酒類を除く)及びエネルギーを除く総合」が「総合」や「生鮮食品を除く総合」を上回るようになりました。
2016年は「総合」と「生鮮食品を除く総合」が前年を割りました。

変化が目立ったものは以下のとおりです。

上昇 下落
前年比 食料(生鮮野菜 5.0%)
教養娯楽(共用娯楽サービス 1.1%)
被覆及び履物(衣料 1.6%)
教育(授業料など 1.8%)
光熱・水道(電気代 -7.9%)
光熱・水道(ガス代 -9.6%)
交通・通信(自動車等関係費 -3.0%)

 

過去のデータはこちらからどうぞ

 

最新オリジナルニュースやジャンル別の記事については、ホームへ
どうぞ。

 

 

▲TOPに戻る