最新

お年玉の平均値はどれくらいなの?

お年玉の平均値については、金融広報中央委員会「知るぽると」、「子どものくらしとお金に関する調査」(第3回) 2015年度調査(2016年6月29日発表)で発表されている。

【お年玉総額の割合%】 

お年玉総額 小学生低学年 小学生中学年 小学生高学年 中学生 高校生
3000円未満 18.8 2.8 1.7 0.7 0.5
5000円未満 14.6 6.4 3.1 1.5 1.2
10,000円未満 24 13.1 9.8 6.5 5.2
20,000円未満 16.1 30.5 26.5 64.7 64.7
30,000未満 7.8 21.3 25.4
50,000円未満(以上) 15.5 16.6 22.5
50,000円以上 6.3 8.8 10.4 13.2
70,000円以上 5.4 5.8
無回答 3.3 3 2.2 10.8 9.3

(出典:金融広報中央委員会「知るぽると」、「子どものくらしとお金に関する調査」(第3回) 2015年度調査をもとにシミュライズ作成)

 

調査結果の概略によると、

  • お年玉は、ほとんどの子どもがもらっており、1万円から5万円が多い。
  • もらったお年 玉は、小学生では「銀行や郵便局などに貯蓄(預金や貯金)する」、中学生・高校生で は、「おこづかいで不足する部分にあてる」との回答が多い。
  • お年玉をもらった相手は、「祖父母」が最も多く、次いで、「しんせき」、「親」。
  • お年玉の総額をみると、小学生では、低学年は「10,000 円くらい」が最も多く(2割 強)、
  • 中学年・高学年は「10,000~19,999 円」が最も多く(約3割~3割弱)となっ ている。
  • なお、これらの額を上回る額をもらっているとの回答も多い。中学生・高校生では、「10,000~50,000 円未満」が最も多く、6割強となっている。

 

あなたはいくらあげますか?あなたはいくらもらえますか?

貯金も大事ですが、いまは投資や消費に回してくれることを期待する親も多いかも・・・

 

▲TOPに戻る