最新

タクシー初乗り値下げ来年からどう利用すべき?

初乗り運賃を現行の730円から410円に引き下げたタクシーが来年1月から東京都内で始動する。高齢者、訪日外国人が短距離でタクシーを利用する需要を喚起する狙いだ。

東京23区と武蔵野市、三鷹市を営業地域とするタクシーが対象となる。各社は初乗り運賃を

  • 現行の「2キロまで730円」から、
  • 「1.052キロまで410円」に引き下げる。

その後の加算額は、

  • 現在の「280メートルごとに90円」から
  • 来年1月から「237メートルごとに80円」

などに改める。

新たな料金体系は、短距離の乗車が現在より割安となるが、4キロを超えると値上げとなる。

ニュヨークでは約290円、ロンドンでは350円なので、東京も少し国際都市に近づく値下げだ。

2キロ以内は完全に安くなる!ことは覚えておいてください。

4キロ以上の長距離は、新料金が常に高くなります。

短距離ユーザー→お得な変更

長距離ユーザー→損な変更、値上げ

 

海外のようにちょっとの距離で、荷物の重い時に使う、上手な使い方を考える必要がありそうです。

 

▲TOPに戻る