最新

外食産業2016年7月売上、全体で売上高が前年を上回り105.9%〜前年より2日多い土日が多くの業態にプラスとなる〜

日本フードサービス協会が行う外食産業の市場動向調査の2016年7月の結果が発表されました。

2016年7月は、前年より2日多い土日が多くの業態にプラスとなり、外食需要をおおむね2~3%押し上げました。ファーストフ ードでは特に好調の洋風が牽引し売上は109.8%、また、ファミリーレストランも売上103.8%と堅調に推移し、全体売上は105.9%と、8カ月連続して前年を上回りました。

 

【お知らせ】気になるニュースをお届けしますシミュライズ《無料》
日常生活から、就職、婚活、買物、教育など人生のさまざまなライフイベントについて
周りに溢れるお金の情報を整理しご提供

 

外食産業全体の売上高は前年を上回り、前年同月比105.9%となっています。8ヶ月連続のプラス圏です。

【外食産業市場動向調査 売上高前年同月比の推移】


(注)日本フードサービス協会公表資料よりシミュライズまとめ。 以下同様

 

続いて利用客数、客単価についても推移を見てみましょう。

【外食産業市場動向調査 利用客数前年同月比の推移】

利用客数は2013年半ば以降全体として減少傾向でしたが、2016年頭から全体として上昇傾向です。2016年7月は103.5%と前年を上回りました。

 

【外食産業市場動向調査 客単価前年同月比の推移】

一方、客単価は全体としてゆるやかな上昇傾向です。ファミリーレストラン業態を除くすべての項目は上げています。

業態別の概況:

  • ファーストフード業態
    • 全体売上は109.8%と前年を上回りました。
    • 「洋風」は、各社キャンペーンメニューや一部ゲームソフトとのコラボレーション等が奏功し売上は114.9%と好調です。
    • 「和風」は、季節メニューや定食メニューが引き続き堅調で売上は107.4%となりました。
    • 「麺類」は、店舗増などで売 上は105.9%と堅調です。
    • 「持ち帰り米飯・回転寿司」は、店舗改装などこれまでの既存店対策もあり100.6%と前年 を上回りました。
    • 「その他」は、アイスクリームが月前半の高温やキャンペーンで客数を伸ばし、売上は107.3%となりました 。
  • ファミリーレストラン業態
    • 価格訴求力のあるメニューの投入など引き続き各社施策を講じたが効果はまちまちで、全体売上は、土日の多 い曜日まわりに支えられ103.8%となりました 。
    • 「洋風」は、お得感のあるメニューで売上102.6%です。
    • 「和風」は、値上げしても消費者の支持を得たメ ニューなどで客単価が上昇し売上は104.3%です。
    • 「中華」は、猛暑日のビールフェアなどが売上に寄与し103.6%となりました。
    • 「焼き肉」は、夏休み需要を取り込み、売上108.1%と引き続き好調に推移ました。
  •  パブ・居酒屋業態
    • 「パブ・ビアホール」は、大型店の再開やビアガーデンの好調もあり、売上は102.3%と3カ月ぶりに前年を上回 りました。
    • 「居酒屋」は店舗削減の影響で94.0%と引き続き前年比減が続いています。
  •  ディナーレストラン業態
    • 店舗数の増加に加え、土日の日数増が郊外型店舗の客数を押し上げ、売上は107.0%となりました。
  • 喫茶業態
    • ビジネス街立地の店舗は平日の減少がマイナスに働き客数は減少したものの、季節品の販促が奏功し客単価 が上昇、売上101.5%と前年を上回りました。

 

 

関連記事:
外食産業2016年6月売上、全体で売上高が前年を上回り102.0%〜ファーストフードが好調で売上は7ヶ月連続で前年を上回る〜
外食産業2016年5月売上、全体で売上高が前年を上回り100.6%〜ファーストフードが好調で売上は6ヶ月連続で前年を上回る〜


過去のデータはこちらからどうぞ

最新オリジナルニュースやジャンル別の記事については、ホームへ どうぞ。

 

 

▲TOPに戻る