最新

保険の見直しを会社を変えないで考える~支払う保険料の負担を減らしたい  

保険の入りすぎの人、保険料が大きな負担となり家計を苦しめているなんて人はいないだろうか?

いろいろな保険の代理店が新しい保険への切り替えを提案してくれる。

 

家族構成や収入構造も変わったりすると保険の内容も見直しは必要だ。

かといって保険を解約するのも面倒、あるいは担当者に気まずいという場合にどんなことが同じ保険会社でしてもらえるのかを見てみよう。

会社によって違いはあるかもしれないが、以下のようなことはどこの保険会社も受け付けてくれるはずだ。

 

 

保険料や保険金額を減らして新しいプランに変更する方法がもっとも多いと思われるが通常保険会社は以下のような変更を受け付けるので

現行の保険を乗り換えないで、金額を下げたい場合には以下のような手もお勧めだ。

 

 

保険の変更方法


以下のような変更であれば新規に契約をする必要もなく、きっちりと保険の担当者に伝えることができそうだ。

 

    • 半年払・年払への変更

月払のお客様は、半年払・年払に変更すると、保険料がお安くなる場合があります。

保険料の払込回数には「月払」「半年払」「年払」の方法があります。保険料払込回数を、「月払」「半年払」「年払」の間で、

次の契約応当日(半年払契約は半年ごと応当日)から相互に変更することができます。

 

    • 払済保険への変更

保険料の払込みを中止し、変更時の解約払戻金を一時払の保険料に充当して今までの契約の保険期間を変えずに保障額の少ない保険に変更できる制度です。

払済保険には最低払い済み保険金額があり、それを超えていないと払い済み保険にすることができません。(100万円以上払い込み済み等)

 

    • 減額・一部(特約)解約

所定の範囲内で保障額を減額したり、一部(特約)解約したりすることによって、お払込保険料を少なくすることができます。ただし、保障額は下がります。契約内容によっては、取扱いできない場合があります。

 

一時的に資金が必要になった場合は、契約貸付などをご活用いただけます。ご契約の解約払戻金の所定の範囲内で貸付をする制度です。3%から6%程度の金利(年利)で資金を借りることができます。

保険の契約日によって利率が変わってきます。新しい保険についての貸付は金利は低くなる傾向があります。

 

保険の見直しをする際に今契約している保険を条件変更してみることも一つの手段である。他社乗換や解約をする前に検討する価値があるかもしれません。

 

▲TOPに戻る