最新

外食産業2015年12月売上、全体で売上高が前年を上回り102.7%〜暖冬傾向で年末需要は比較的堅調に推移〜

日本フードサービス協会が行う外食産業の市場動向調査の2015年12月の結果が発表されました。

12月は、暖冬のなか客足が比較的よく、忘年会、クリスマス、帰省など年末特有の需要がおおむね堅調で、メニュー改変等による客単価上昇にも支えられ、売上は前年を上回り102.7%となった。一方、冬メニューが予想ほど伸び なかったFF和風と店舗数削減が続いている居酒屋の売上は前年を下回りました。

業態別ではディナーレストラン、ファミリーレストラン業態以外で客数が前年を下回っています。ディナーレストラン、ファミリーレストラン、ファミリーレストランは売上、客単価ともに前年を上回っています。パブレストラン居酒屋は売上は戻してきていますが、客単価は下げ続けています。。外食産業全体の売上は前年同月比で104.2%と再び前年を上回りました。

 

 

【お知らせ】気になるニュースをお届けしますシミュライズ《無料》
日常生活から、就職、婚活、買物、教育など人生のさまざまなライフイベントについて
周りに溢れるお金の情報を整理しご提供

 

外食産業全体の売上高は前年を上回り、前年同月比102.7%となっています。2ヶ月ぶりのプラス圏です。

 

【外食産業市場動向調査 売上高前年同月比の推移】
外食売上高 2016-01-25 20.04.21

(注)日本フードサービス協会公表資料よりシミュライズまとめ。 以下同様

 

続いて利用客数、客単価についても推移を見てみましょう。

 

【外食産業市場動向調査 利用客数前年同月比の推移】

外食客数 2016-01-25 19.50.49

 

利用客数は2013年半ば以降、全体として減少傾向で、2014年1月以降前年を上回る月はありませんでしたが、11月は99.5%と前年を下回りました。今月はだいぶ戻しましたがマイナス圏です。。

 

【外食産業市場動向調査 客単価前年同月比の推移】

外食単価 2016-01-25 19.00.18

 

客単価はファーストフードを除き下げています。

 

業態別の概況:

  • ファーストフード業態
    • 「洋風」は、期間限定メニューやクリスマス需要が堅調で、売上は104.8%となりました。
    • 「和風」は、前月同様気温が高かったため定番の季節メニューが振るわず、売上は99.4%と前月に引き続き前年割れ。
    • 「麺類」は、新商品と 新店の健闘で売上は106.6%と好調
    • 「持ち帰り米飯・回転寿司」も、新商品が好調で102.5%と堅調に推移
    • 「その他」は、アイスクリームが暖冬を追い風に好調、カレーも期間限定メニュー等が堅調に推移し、売上は108.2%となった。

 

  • ファミリーレストラン業態
    • 暖冬による外出機会の増加をうまく取り込み、全体客数は101.3%、売上は102.2%と、前年を上回りました。
    • 業種別では、全ての業種で売上が前年を上回ったが、中でも特に「焼き肉」が好調で、売上は107.6%となりました。
    • 「洋風」は店によって明暗を分けたが全体の売上は100.9%
    • 「和風」は年末の帰省需要が堅調で103.9%
    • 「中華」は店舗削減に伴う客数減があったものの高付加価値メニューの投入で客単価が上昇し、売上は100.1%。
  • パブ・居酒屋業態
    • 「パブ・ビアホール」は、忘年会シーズンで個人グループの集客が伸び、売上は104.1%となりました。
    • 「居酒屋」は、忘年会需要は比較的堅調だったものの、大規模な店舗削減が続き、客数92.8%、売上92.0%と前年比減が続いています。
  • ディナーレストラン業態
    • 暖冬と出店効果で客数は105.4%、売上は107.5%と好調に推移しました。
  • 喫茶業態
    • 客数は前年のキャンペーン効果等の反動で99.6%と下回ったが、売上は102.5%と上回りました。

関連記事:

外食産業11月売上、全体で売上高が5ヶ月ぶりに前年を下回り99.5%〜ドトールコーヒーの売上はどう?〜

外食産業10月売上、全体で売上高が4ヶ月連続で前年を上回り105.0%〜マクドナルドの売上はどう?

最新オリジナルニュースやジャンル別の記事については、ホームへ どうぞ。

▲TOPに戻る