最新

外食産業11月売上、全体で売上高が5ヶ月ぶりに前年を下回り99.5%〜ドトールコーヒーの売上はどう?〜

日本フードサービス協会が行う外食産業の市場動向調査の2015年11月の結果が発表されました。

11月は、数日の周期で天気が変わり、気温は高いが曇りや雨の日が多く、また土曜日が前年より1日少ない曜日 回りであったことから、外食の客数は伸びず全体の売上は99.5%と5カ月ぶりに前年を下回りました。

業態別では全ての業態で客数が前年を下回っています。ディナーレストラン、ファミリーレストランは売上、客単価ともに前年を上回っていて、ファーストフードは売上は前年を下回りますが、客単価は前年を上回っています。パブレストラン居酒屋は2ヶ月連続で上昇したあと11月は大きく下げています。外食産業全体の売上は前年同月比で99.5%と5ヶ月ぶりに前年を下回りました。

 

 

【お知らせ】気になるニュースをお届けしますシミュライズ《無料》
日常生活から、就職、婚活、買物、教育など人生のさまざまなライフイベントについて
周りに溢れるお金の情報を整理しお届けいたします。

 

外食産業全体の売上高は前年を下回り、前年同月比99.5%となっています。5ヶ月ぶりのマイナス圏です。

 

【外食産業市場動向調査 売上高前年同月比の推移】 スクリーンショット 2015-12-28 16.07.12

(注)日本フードサービス協会公表資料よりシミュライズまとめ。 以下同様

 

続いて利用客数、客単価についても推移を見てみましょう。

 

【外食産業市場動向調査 利用客数前年同月比の推移】  スクリーンショット 2015-12-28 16.08.26

 

利用客数は2013年半ば以降、全体として減少傾向で、2014年1月以降前年を上回る月はありませんでしたが、10月は101.5%と前年を上回りました。しかし今月は大きく下げて再びマイナス圏に入りました。

 

【外食産業市場動向調査 客単価前年同月比の推移】スクリーンショット 2015-12-28 16.09.29

 

一方、客単価は全体としてゆるやかな上昇傾向です。居酒屋などは2ヶ月連続で下げています。

 

業態別の概況:

  • ファーストフード業態
    • 全体売上は99.5%と前年を下回りました。
    • 「洋風」は、回復の傾向にあるものの店舗数減もあり、売上は99.3%となりました。
    • 「和風」は、気温が高かったため定番の季節メニューが振るわず、売上は99.2%となりました。
    • 「麺類」は、新メニューの好調が続き、売上は103.1%、「持ち帰り米飯・回転寿司」は、雨天日の販売が振るわず96.1%となりました。
    • その他は、「アイスクリーム」が日照 時間の少なさに影響した一方で「カレー」が堅調、売上は101.6%となった。

 

  • ファミリーレストラン業態
    • 全体売上は100.6%と、31カ月連続して前年を上回りました。
    • 業種別では、曜日回りの影響で売上が前年を下回るところもあり、「洋風」は99.2%、「中華」は営業時間短縮なども影響し97.3%となりました。
    • 他方、「和風」は客数が若干前年を下回ったものの客単価の上昇で売上は104.7%と堅調。
    • 「焼き肉」がもっとも好調で、売上は105.8%となった。
  • パブ・居酒屋業態
    • 「パブ・ビアホール」は、店舗数減の影響もあり、売上は98.0%と前年を下回りました。
    • 「居酒屋」は大規模な店舗削減が続き、客数90.7%、売上88.9%と大幅な前年比減が続いている。
  • ディナーレストラン業態
    • 客足の伸びは昨年に及ばないが、キャンペーンメニューの展開などで売上は102.0%と堅調に推移しました。
    • 喫茶業態
      • ドリンクやサンドイッチの新メニュー、交通系電子マネー導入キャンペーン等が奏功し、売上は102.0%と前年を上回りました。

ドトールの売上や客数はどうだった?


学生やビジネスマンの利用が多いドトールグループの売上高などを外食産業全体と比較して見てみましょう。

 

【ドトールの客数の推移(前年同月比)】
スクリーンショット 2015-12-28 17.23.33

(株式会社ドトールコーヒー月次開示情報よりシミュライズ調べ)

 

客数は2015年1月までは外食産業全体より低いことが多いですが、2015年は1年を通じて上回ることが多いです。また3回前年を上回っています。

 

【ドトールの売上高の推移(前年同月比)】
スクリーンショット 2015-12-28 17.23.21

(株式会社ドトールコーヒー月次開示情報よりシミュライズ調べ)

 

 

売上は2014年5月までは前年同月比で外食産業全体より下回ることが多かったですが、それ以降2015年6月までは上回ることが多いです。
また2014年9月からは2回を除き前年を上回っています。
概ね順調のようです。

 

関連記事:
外食産業10月売上、全体で売上高が4ヶ月連続で前年を上回り105.0%〜マクドナルドの売上はどう?
外食産業9月売上、全体で売上高が3ヶ月連続で前年を上回り101.6%〜サイゼリヤとすかいらーくグループの売上はどう?〜

 

最新オリジナルニュースやジャンル別の記事については、ホームへ どうぞ。

▲TOPに戻る