最新

家計相談〜夫婦合わせて手取り32万の家の生活費ってどれくらい?土地はあるけどマイホーム建てられる?〜

相談


私33歳、夫34歳、長男5歳、次男3歳の4人家族です。
世帯の収入は夫の手取り22万円と私のパート代10万円、また子どもたちの児童手当が2万円の合計34万円です。
このくらいの家族構成、世帯年収の一般的な生活費ってそれぞれいくらぐらいでしょうか?
また土地は持っていますが2年後くらいにマイホームを建てることは出来るでしょうか?

ローンを組んでやっていけるか不安で、どのくらい節約すれば大丈夫なのか知りたいです。

水道光熱費 2万円
通信費 2万円
交際費 2万円
お小遣い 3万円
その他支出 10万円
住宅関連費 7.8万円
教育関連費 1.7万円
保険料 3.5万円
支出合計32万円
今現在はこのような形です。
特に交際費は親戚づきあいが深いのでできるだけ削りたくありません。また住宅関連費、教育関連費、学資保険は見なおしたばかりで変更しないつもりです。

回答


それではお小遣い、交際費、住宅関連費、教育関連費、学資保険の支出額はそのままの状態で、他の支出は一般的な支出を当てはめてみます。

これは統計局が公表している家計調査を元にして計算しています。

全国平均を利用していますので、住宅関連費は月2万円ほどと首都圏の家庭からはかなり低くなっています。

 

そのため平均年収が500万円未満の世帯ではなく400万円未満の世帯の平均支出を参考にします。
水道光熱費    2.0万円
日用品費        0.4万円
家具・家電費            0.4万円
被服費            0.8万円
交通費            0.3万円
通信費            1.3万円
医療費            0.8万円
交際費            2.0万円
趣味娯楽費    3.0万円
その他支出    0.6万円
住居関連費    7.8万円
教育関連費    1.7万円
自動車関連費            0.0万円
保険料            3.5万円

合計    29.9万円

このようになります。

 

毎月2万円ほど貯蓄出来るはずです。

またボーナス無しで計算をしているので、ボーナスが入るのであればより余裕が生まれるでしょう。
貯蓄を半分にし生命保険などに入るのもいいかもしれません。

 

次に住宅ローンを使いマイホームを建てる場合です。
土地はお持ちとのことなので、ここは建物だけを1500万円で建てると仮定します。
2018年の1月に住宅ローン1500万円を返済期間25年、金利1.9%の金利固定で返済すると月々の返済額はおよそ6.3万円です。
利子は385万円ほどつくので合計1,885万円ほど返済します。

住居関連費はこの他に修繕費や固定資産税がかかります。どちらも2万円ほどかかると仮定しました。
そのため住宅関連費が7.8万円から10.3万円になります。また申請すれば「すまい給付金」が50万円ほど受け取れるはずです。

その結果将来の資産額が変わりました。
65歳時では賃貸だと4,438万円残るところが、3,854万円と下がりますが、85歳時では賃貸のままだと5,147万円残りますが、家を買うと5,511万円と逆転します。

土地もお持ちですので、老後のことを考えると賃貸で行くよりマイホームを建てたほうがお得と言えるでしょう。

 

それぞれのパターンのシムラーを用意したのでよろしければご覧になってください

辻占 拓海(提案+住宅ローン):http://simulizer.com/profiles/pro_view2/566a999869702d3a68230600
▲TOPに戻る