最新

スマホゲームで有名な2社、ガンホーとコロプラ。2社で生涯年収・人生計画にどれだけ違いがある?(2015年版)初任給から役員報酬まで

ガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社(以下ガンホー)と株式会社コロプラ(以下コロプラ)、
スマホゲームを提供することで有名な2社ですが待遇面でどう違うのか比較してみました。
生涯給与のランキングはこちら

 

ガンホーとコロプラ、両社の給与比較をするうえで以下のポイントに絞って行いたいと思います。

ポイントは4つ

  1. 初任給
  2. 年齢ごとの給与水準
  3. 生涯給与
  4. 役員報酬

サラリーマンとして一生をこの会社で過ごし、役員までに到達した場合の報酬の差を見てスマホゲーム業界の人生の損得勘定を見ていきたいと思います。

 

それぞれの特徴


【ガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社】

  • 設立 1998年7月1日
  • 資本金 5,338百万円 (2014年12月末日現在)
  • 本社 東京都千代田区丸の内3丁目
    • 従業員数 1005名(連結)
    • 売上高 1,731億円(2014年12月・連結)
    • 事業概要
      • PCオンラインゲームの企画・開発・運営・配信
      • スマートフォンアプリの企画・開発・運営・配信
      • コンシューマゲームの企画・開発・販売
    • 企業理念 ”感動と楽しい経験”を提供する

    ガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社はソフトバンクグループ傘下のオンラインゲームの運営会社です。
    PC用オンラインRPG「ラグナロクオンライン」の運営で知られていて、近年ではスマートフォン用ゲーム「パズル&ドラゴンズ」の配信元として知られています。
    その他にもWebブラウザゲーム、コンシューマーゲームなども販売しています。

    【株式会社コロプラ】

    • 設立 2008年10月1日
    • 資本金 62億7,420万円(2014年9月末日時点)
    • 本社 東京都渋谷区恵比寿
    • 従業員数 450名(2014年9月末時点)
    • 売上高 53,535百万円(2014年9月期)
    • 事業内容
      • スマートフォン特化型アプリ及び位置情報ゲームプラットフォームの開発・運営
      • リアル連携サービスの提供
    • 経営理念 ”Entertainment in Real Life” エンターテインメントで日常をより楽しく、より素晴らしく

    「位置ゲー」である「コロニーな生活」の人気が出たため法人化したのが始まりです。
    法人化以降他業者と連携したリアル連携サービスなどを展開しています。
    2011年にスマートフォンのネイティブアプリに参入しています。
    またヘッドマウントディスプレイを使ったVRアプリの開発も行っています。

    現在では売上の半分以上はスマホのネイティブアプリによるものになっています。
    「クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズ」「白猫プロジェクト」が有名です。

       

      業績は?


      業績も比べておきましょう。

      【2014年度の業績:連結決算】 (単位円)

      ガンホー 会社 コロプラ
      1,731億 売上高 536億
      1,631億 前年 168億
      6.1% 対前年度比 219.0%
      935億 経常利益 236億
      620億 当期純利益 130億
      594億 包括利益 記載なし
      80.0% 自己資本比率 63.1%

      売上高はガンホーがコロプラの3.23倍で、1,195億円ほど上回っていてます。
      経常利益、当期純利益でもガンホーがコロプラを上回っていて、経常利益で699億円、当期純利益で490億円上回っています。
      ですが売上の成長率ではガンホーが6.1%に対してコロプラが219%と大きな差があります。
      コロプラが急成長しているのが分かります。

      生涯給与のランキングはこちら

       

      初任給


      これからの就職する方のために初任給制度を掲載しておきます。

      【ガンホー】

      ガンホーは新卒採用がありません。

      • 給与 年棒制
      • 待遇・福利厚生
        • 交通費支給(上限10万円まで/月)
        • 健康保険(関東ITソフトウェア健康保険組合)
        • 厚生年金
        • 厚生年金基金雇用保険
        • 労災
        • 福祉団体定期保険
        • 新医療保障保険
        • 慶弔見舞金
        • 社内マッサージルーム(国家資格を持つ指圧マッサージ師)
        • 活動助成金制度
      • 休日・休暇
        • 週休2日制(土・日) ※シフト制は対象外となります
        • 祝日
        • 年次有給休暇
        • 年末年始
        • 特別休暇(夏期休暇 6日/年)
        • お誕生日休暇
        • 生理休暇(1回/月)
        • 慶弔休暇(結婚休暇、出産休暇、弔事休暇など)
        • 育児休暇(無給)
        • 介護休暇(無給)

       

      【コロプラ】

      2016年4月入社社員

      • 初任給
        • 修士了:300,000円
        • 学部卒・3年制専門学校卒:280,000円
        • 2年制専門学校卒・高専卒:250,000円
      • 諸手当
        • 交通費(上限4万円/月)
        • 資料購入手当
        • 近隣住宅手当(恵比寿駅より3キロ圏内に限り月3万円)
      • 昇給:年1回(12月)
      • 賞与:年2回(給与に上乗)
      • 勤務時間 10:00〜19:00
        • 福利厚生
          • 各種保険
          • 資料購入手当
          • 近隣住宅手当(恵比寿駅より3キロ圏内に限り月3万円、最初の引越費用として10万円)
          • 常勤マッサージ師によるマッサージ
        • 休日・休暇
          • 週休2日制(土・日)
          • 祝日
          • 夏季休暇
          • 有給休暇
          • 慶弔休暇
          • ストック休暇
        • 教育制度
          • 内定者研修
          • 内定者メンター制度
          • 新入社員研修
          • マネージャー研修
          • パワーランチ

         

        ガンホーは新卒採用がありません。
        そのため初任給の比較は出来ないのですが、コロプラの初任給は一般的な企業と比べるとかなり高めと言えます。

         

        年齢ごとの給与


        有価証券報告書の情報から取得できる情報は以下のようになっています。

        【2014年度9月(コロプラ)、12月(ガンホー)決算の比較(単体)】

        従業員数(グループ連結時) 平均年齢 平均勤続年数 平均年間給与(千円)
        ガンホー 345(971) 36.75 4.8 6,313
        コロプラ 450 30.2 1.5 6,281

        平均年齢はガンホーが6.5歳高いです。また平均勤続年数は共に長くはありませんがガンホーが3.3年長いです。
        コロプラは平均年齢もかなり低いですが、勤続年数が1.5年とアルバイトなどの非正規雇用者なみの短さです。
        これはコロプラがスマホアプリで発展してきていることが大きく関係していると思われます。
        ガンホーも若い会社ですがスマホアプリより前のオンラインPCゲームで大きくなったためその差分だけ長くなっていると思わます。

        平均年間給与はほぼ同じです。

         

         

        【年代別推定年収 単位千円】

        年齢 ガンホー コロプラ 差額
        25 4,158
        5,141 983
        30  5,048
           6,242
        1,194
        35  5,931
          7,334
        1,403
        40    6,886
           8,515
        1,629
        45    7,740
           9,571
        1,831
        50    8,179
           10,114
        1,935

        (両者とも平均年間給与は、賞与及び超過勤務手当を含みます。)

        こちらからほかの企業も検索⇒企業シムラ―検索

         

        全年齢層でコロプラが上回っています。
        25歳時でおよそ98.3万円の差があり、ピーク時の50歳時ではおよそ193.5万円の差があります。

        これらの年収は有価証券報告書から平均年齢、平均年収等を取得し計算をしております。
        給与カーブの形状等は統計局の産業別のカーブ構造を反映させております。
        2つとも同じ業種のためカーブの上昇率等は共通の数字を使っています。

        生涯給与


        この年収で生涯もらえる給与を計算します。生涯給与といってサラリーマンとしての収入の総額です。副業等一切なくこの会社からのみの収入です。

        会社名 生涯給与
        ガンホー 2億5,297万円
        コロプラ 3億1,282万円

        企業シムラ―検索

         

        コロプラがガンホーを5,985万円ほど上回っています。

         

         

         

        役員報酬


        取締役の報酬を見て、社内で成功して偉くなった場合にどれだけの報酬がもらえるのかをイメージしてください。

         

        会社名 役員数 役員報酬(百万円) 役員賞与(百万円) オプション(百万円) 退職金(百
        万円)
        1人あたり総報酬(百万円)
        ガンホー 6 181 0 0 0 30.2
        コロプラ 5 150 0 0 0 30.0

         

        ガンホーコロプラ、共に役員報酬に大きな差はありません。

         

        生涯で形成する資産


        生涯で形成される資産はいくらになっているかを計算してみました。

        両者とも平均的な支出を一生続けたとしてどれくらいの資産が65歳、85歳のときに残っているかを推計します。

         

        ガンホー、コロプラの現在30歳の方を例に計算を行います。

        結果はシミュライザー(人生計画システム)で計算すると以下のようになりました。

         

        ガンホー コロプラ 差額(コロプラ基準)
        65歳 6,131万円 8,299万円 2,168万円
        85歳 5,002万円 6,511万円 1,509万円

         

        65歳時コロプラ2,168万円(貯蓄可能額が)上回ります。

        これが85歳時では1,509万円と縮まります。

        コロプラのほうが老後の資産が多いですが、ガンホーとの差は65歳時に比べると85歳時は小さくなります。

         

        しかし両者とも安定的な老後が約束されているようです。

        (当システムでは85歳でプラスになっていることを一つの目標にしています。)

         

        ガンホー五郎(30歳)

        コロプラ五郎(30歳)

        ガンホーVSコロプラ 2015-11-24 12.06.54

        しかし使いすぎや、病気、運用の失敗(シミュレーションでは預金しかつかっていません。)で大きく異なることになります。

        左がガンホーの方、右がコロプラの方です。30歳には五郎と名前
        がついています。(全企業共通ルール)

        システムへ移動してほかの企業も見てみる。⇒ 企業シムラ―検索

         

        結論


        コロプラが生涯年収(従業員として)はガンホーのそれに比べ5,985万円ほど多くなっていま す。
        役員になってからの待遇はほぼ同じです。
        最後に65歳以降の資産額で比較するとコロプラ65歳時2,168万円85歳時に1,509万円多いです。

        そのため今回はコロプラの勝ちとします。
        平均年齢が低く、勤続年数が短いですが成長率が圧倒的に高い会社の方が老後の資産が多いという結果となりました。

         

        最新オリジナルニュースやジャンル別の記事については、ホームどうぞ。

        ▲TOPに戻る