最新

TPP交渉における主な水産物の合意内容 マグロ缶詰やすけそうだら・ニシンが即時無税に!

環太平洋戦略的経済連携協定(Trans-Pacific Strategic Economic Partnership Agreement)、TPP

国内の生産者には良くないことばかりだが、単純に消費者の目線(特に価格)だけで見ると、嬉しい限りだ。

多くの水産物も値下がりしそうだ。

 

FY083_L

【即時に完全撤廃されるもの】

  • すけとうだらのすり身
  • たら類の卵
  • にしん
  • にしんの卵
  • ひらめ・かれい
  • かに(ずわいがに・たらばがに等)
  • えび
  • えび調製品
  • まぐろ缶詰
  • きはだまぐろ
  • かつお

まぐろ缶詰が9.6%から無税、すけそうだらとニシンが6%から無税となる。これらは大きく小売価格にも影響しそうだ。

ツナさんど、ツナおにぎり、かまぼこ等は値下がりの余地ができそうだ。

あじやさば、さんまといった庶民派の魚は10%の関税が今かかっているが、段階的に16年目(米国は12年 目)に無税となって、

16年という長い年月をかけて、減少していく。

AZ187_L

水産物の価格は需要や、漁船の重油価格、天候、漁獲量によって大きく変動するので、関税だけでなく、他の条件が揃わないと値下げを実感できないかもしれないが、

輸入品の値下がりは消費者には朗報です。

 

主な水産品の合意内容 (出典:農林水産省TPP交渉 農林水産分野の大筋合意の概要)

品目 現行関税率 関税率削減・関税撤廃期間 主要製品形態
のり 1.5円/枚、40% 即時に15%削減(1.28円、 34%) 干し
こんぶ 15% 即時に15%削減(12.7%) 干し・生鮮・冷凍
のり・こんぶ調製品 25~28% 即時に15%削減(21.2~ 23.8%) 加工品
わかめ 10.5% 即時に15%削減(8.9%) 干し・生鮮・冷凍
ひじき 10.5% 即時に15%削減(8.9%) 干し・生鮮・冷凍
あじ 10% 段階的に16年目(米国は12年 目)に無税【注】 生鮮・冷凍
さば 生鮮:10% 冷凍:7% 段階的に16年目(米国は12年 目)に無税【注】 生鮮・冷凍
さんま 10% 生鮮:段階的に16年目(米国は12年 目)に無税【注】 冷凍:段階的に11年目に無税 冷凍
ぶり 10% 活魚:段階的に16年目(米国は12年 目)に無税【注】 冷凍:段階的に11年目に無税 活魚・冷凍
するめいか 5% 段階的に11年目に無税 冷凍
あかいか、やりいか 生鮮:5% 冷凍:3.5% 生鮮:段階的に11年目に無税 冷凍:段階的に6年目に無税 冷凍
まいわし 10% 生鮮:段階的に11年目に無税 冷凍:段階的に6年目に無税 冷凍
かたくちいわし 10% 生鮮:段階的に16年目(米国は12年 目)に無税【注】 冷凍:段階的に11年目に無税 冷凍
ほたてがい 10% 段階的に11年目に無税 生鮮・冷凍
太平洋くろまぐろ 3.5% 段階的に11年目に無税 生鮮・冷凍
大西洋くろまぐろ 3.5% 生鮮:段階的に6年目に無税 冷凍(フィレ含む):段階的に11年目に 無税 生鮮・冷凍
みなみまぐろ 3.5% 段階的に11年目に無税 生鮮・冷凍
めばちまぐろ 3.5% 段階的に11年目に無税 生鮮・冷凍
きはだまぐろ 3.5% 即時無税 生鮮・冷凍
びんながまぐろ 3.5% 生鮮:段階的に11年目に無税 冷凍:段階的に6年目に無税 生鮮・冷凍
品目 現行関税率 関税率削減・関税撤廃期間 主要製品形態
かつお 3.5% 即時無税 生鮮・冷凍
ぎんざけ 3.5% 段階的に11年目に無税 生鮮・冷凍
大西洋さけ 3.5% 段階的に11年目に無税 生鮮・冷凍
ます 3.5% 段階的に11年目に無税 生鮮・冷凍
べにざけ 3.5% 生鮮:段階的に6年目に無税 冷凍:即時無税 生鮮・冷凍
太平洋さけ(しろざけ、ますのすけ等) 3.5% 段階的に6年目に無税 生鮮・冷凍
まだら 生鮮:10% 冷凍:6% 生鮮:段階的に11年目に無税 冷凍:即時無税 冷凍
すけとうだら 6% 段階的に6年目に無税 冷凍
すけとうだらのすり身 4.2% 即時無税 冷凍
たら類の卵 4.2% 即時無税 冷凍
にしん 6% 即時無税 冷凍
にしんの卵 冷凍:4% 塩蔵:8.4% 即時無税 冷凍・塩蔵
ひらめ・かれい 3.5% 即時無税 生鮮・冷凍
かに(ずわいがに・たらばがに等) 4% 即時無税 生鮮・冷凍
えび 1~2% 即時無税 生鮮・冷凍
えび調製品 4.8~5.3% 即時無税 加工品
まぐろ缶詰 9.6% 即時無税 加工品
うなぎ調製品(蒲焼) 9.6% 段階的に11年目に無税 加工品

 

消費者に有り難い牛肉・豚肉が安くなるTPP合意内容 一部は初年度から!

TPP交渉における主な果物の合意内容 輸入ぶどうが最初に値下げか!

TPPでパスタは値段が下がる? 主な加工食品の関税引き下げ

 

▲TOPに戻る