最新

TPPでパスタは値段が下がる? 主な加工食品の関税引き下げ

環太平洋戦略的経済連携協定(Trans-Pacific Strategic Economic Partnership Agreement)、TPP

国内の生産者には良くないことばかりだが、単純に消費者の目線(特に価格)だけで見ると、嬉しい限りだ。

加工食品の中では、パスタやビスケットの引き下げには大いに喜んでいる消費者が多いのでは?

 

今年にパスタは値上げがあったばかり。

食卓の主役の一つであるパスタの値段が下がることは国民の家計にも大きな負担軽減となる。

パスタのうちスパゲティやマカロニは9年かけて段階的に下げ、1キログラムあたり30円の関税が、ゆっくりと12円まで下がっていく。

その他のパスタは段階的に11年目で関税が撤廃になる。

 

1人分のパスタが100gとして、1年で100回食べると、300円の節約となる。

 

上の写真のミートスパゲティを考えてみると、

トマトピューレー・ペーストや牛肉も関税が引き下げられるので、

家庭や外食で人気のパスタなので、1年間で数千円は節約できそうだ。

(もちろん小売価格が完全に下がるとは限りませんし、また円安で輸入価格が上昇してしまうと、値段は下落しないかもしれません・・)

CZ148_L

ビスケットやキャンディも25%の関税引き下げで割当内なら即時に0%(関税撤廃)だ。

品  目 現在の関税率 合意内容
  • キャンディ
  • ホワイト
  • チョコレート砂糖菓子
25% 関税割当
枠内税率:25% → 0%(即時)枠内数量:3,000t → 6,000t(11年目)
チューイングガム 24% 段階的撤廃:24%→0%(11年目)
ビスケット
  • スイートビスケット

20.4%

  • ビスケット、クッキー及びクラッカー(砂糖入り)

15%

  • スイートビスケット

段階的撤廃:20.4% → 0%(11年目)

  • ビスケット、クッキー及びクラッカー(砂糖入り)

段階的撤廃:15% → 0%(6年目)

パスタ
  • スパゲティ

30円/kg

  • マカロニ

30円/kg

  • その他パスタ

5.1~23.8%

  • スパゲティ

段階的削減:30円/kg → 12円/kg(9年目)

  • マカロニ

段階的削減:30円/kg → 12円/kg(9年目)

  • その他パスタ

段階的撤廃:5.1~23.8% → 0%(11年目)

植物油脂
  • 大豆油

10.9円/kg、13.2円/kg

  • 菜種油

10.9円/kg、13.2円/kg

  • こめ油

8.5円/kg、10.4円/kg

  • 大豆油

段階的撤廃:10.9円/kg 、13.2円/kg → 0円/kg (6年目)

  • 菜種油

段階的撤廃:10.9円/kg 、13.2円/kg → 0円/kg (6年目)

  • こめ油

段階的撤廃:8.5円/kg 、10.4円/kg → 0円/kg (11年目)

食用加工油脂
  • マーガリン

29.8%

  • ショートニング

12.8%

  • マーガリン

段階的撤廃:29.8% → 0%(6年目)

  • ショートニング

段階的撤廃:12.8% → 0%(6年目)

 

TPP交渉における主な果物の合意内容 輸入ぶどうが最初に値下げか!

消費者に有り難い牛肉・豚肉が安くなるTPP合意内容 一部は初年度から!

 

▲TOPに戻る