最新

金融うんちく 紙幣や硬貨が破損したり、欠損したときは?

紙幣と貨幣の交換のルールがあります。念のため覚えておきましょう!

決して捨てたりしないでくださいね。

 

紙幣の場合


表裏の両面が具備されている銀行券を対象とします。 具体的な引換基準 は以下のとおりです。

イ. 券面の3分の2以上が残存するもの
額面価格の全額をもって引換えます。
ロ. 券面の5分の2以上3分の2未満が残存するもの
額面価格の半額をもって引換えます。額面価格の半額に一円未満の端数がある場合には、これを切り捨てます。

なお、銀行券の紙片が2以上ある場合において、当該各紙片が同一の銀行券の紙片であると認められるときは、当該各紙片の面積を合計した面積をその券面の残存面積として、上記の基準を適用します。

要は面積で2/5以上あれば少なくとも半額以上にはなるということです。端切でもちゃんと保管して最寄りの銀行に持っていきましょう。

両替のコーナーに持っていくのが良いようですが、受付に聞いてみましょう。

CH037_L

通貨の場合


 

模様の認識ができる貨幣を対象とします。

具体的な引換基準は以下のとおりです。ただし、災害その他やむを得ない事由により量目が減少した貨幣については、以下の基準にかかわらず、模様の認識ができることを条件に額面価格の全額をもって引換えます。

イ. 金貨
量目の98%以上のものについて、額面価格の全額をもって引換えます。
ロ. 金貨以外の貨幣
量目の2分の1を超えるものについて、額面価格の全額をもって引換えます。

金貨であれば98%以上の重量が残っていれば全額戻ってくるのに対し、金貨以外(たとえば変形した10円玉であれば半分を超えていれば大丈夫のようです。

CH022_L

 

出典:日銀ホームページ 「日本銀行が行う損傷現金の引換えについて」

▲TOPに戻る