最新

アップルイベント(2015年9月9日現地)の内容速報 iPad Proは買ってしまうかも・・

9日に開かれたアップルの新製品発表会はかなり盛りだくさんの内容となった。

APPLEEVENT

 

Appleイベントの様子はこちらから

iPhone6s


iPhone6s やiPhone6s plusでは噂通り3D touchによる新しいマルチタッチを完成させ、タッチの強弱(3段階感圧)による操作が可能になった。

アプリから出たり入ったりをしないで操作することが可能になり、アイコンを軽く押すと、マウスの右クリックのようなアクションメニューが使えるようになった。

これは大きい。PCとも似たような感覚で同じようにアプリを扱える。

IPHONE6s

またビデオはなんと4KになりiSightカメラは12MP(メガピクセル)

解像度は更に高くなり、コントラストも自然で美しい。

とうとうこれだけで、ビデオもデジカメもいらなくなったかもしれない。

LIVEフォト機能では写真が動いたり、音がつけられたりする機能でこれが素晴らしい。写真であることには変わりないが少しだけの時間動いたり、音が挿入できたりするのだ。

これは想い出として残りやすい「うごく写真」だ。

色はローズゴールドが新色で美しくエレガント。

スタンドも用意されシンプルだが、統一感がある。

IPHONE6s2
【価格】
  • iPhone 6S(16GB):199ドル
  • iPhone 6S(64GB):299ドル
  • iPhone 6S(128GB):399ドル
  • iPhone 6S Plus(32GB):299ドル
  • iPhone 6S Plus(64GB):399ドル
  • iPhone 6s Plus(128GB):499ドル

iPad Pro


しかし、ビジネスパーソンにとって一番のニュースはiPadProであろう。11月に発売される。
以前の画面サイズが9.7インチと7.9インチなのに対し、iPad Proは12.9インチになり、マルチでアプリを使えるようになった。
画面は大きくなり、より速い。(すこし大きく、厚くなりました。)

第3世代A9Xチップが採用され、A7との比較では

  • CPU:2.5倍高速
  • グラフィックス:5倍高速

となっている。

もう完全にPCだ。キーボードはカバーと一体化したものが用意され、着脱可能だ。
IPADPro
解像度は2,048 x 1,536ピクセル解像度、264ppiから
2,732 x 2,048ピクセル解像度、264ppiへとアップグレードされそれはもう高級ラップトップPCの世界でも頂点
専用のペンシルも用意されて、なんとマイクロソフト・オフィスもiOS9用に新しいものが用意されている。(発表会でマイクロソフトも話していた!)

IPAD2 

重量とサイズについては以下のようになった。当然大きくなったので少し重いのだが・・・ここがもっと軽くなるといいですね。

モデル iPadPro iPadAir2
高さ 305.7 mm 240 mm
220.6 mm 169.5 mm
厚さ 6.9 mm 6.1 mm
重量(Wi-Fiモデル) 713 g 437 g
重量(Wi-Fi + Cellularモデル) 723 g 444 g

 

ちなみにマイクロソフトのSurfacePro3のスペックは

[寸法] 201.3 mm x 292 mm x 9.1 mm(こちらが厚いですね)
[重量] 約 800 g(少し重いようです)
[スクリーン] 12 インチ ClearType フル HD+ ディスプレイ
[解像度] 2160 x 1440

これでウィンドウズで何か必ずやらないといけない人、アプリがウィンドウズしかないものを使わないといけない人とか以外はこのiPadProで十分。
システムデモ等もこれで十分行えるであろう。
【iPadProの価格】

【Wi-Fiモデル】

  • 32Gバイトモデルが799ドル
  • 128Gバイトモデルが949ドル

【Wi-Fi+Cellularモデル】

  • 128Gバイトで1079ドル
日本での価格はわかり次第追記します。
Apple TV

アップルTVは刷新されリモコンを任天堂WIIのように振り遊べるようになった。LIVE機能も、インターアクティブ機能も、かなり強化され、MLBやショッピングはかなり楽しそうだ。日本では十分なソフトがなく、洗練されたゲーム機は普及しているため、どこまでいけるかは難しいが、アップルファンは購入するに違いない。

ATV

 

音量調整がついてこれでかなり自在にテレビを操れます。

▲TOPに戻る