最新

4K最薄65型 世界最薄約4.9mmの液晶に描きだされる高画質4Kで、かつてない没入感を堪能できる高画質&薄型4Kモデル

ずっとテレビを買い替えませんでした。

2003年の地デジ開始で、アテネオリンピック前(オリンピックとテレビを後述)に液晶テレビを思い切って買って以来、

あまりの値下がりと、新モデルの出方の速さに圧倒され買う機会を逃してきたとでもいうのでしょうか・・あまり買う気がしなかった。

地デジブーム以来なかなか売れないテレビ。

3Dについても画期的ではあったのですが、メディア(レレビ・映画等)の少なさからなかなか売れなかった。4Kにしても対応番組が増えてこないと、

あるいは4K対応ビデオ機器が普及してこないとなかなか広まらない。iPhoneが4K対応のビデオカメラ機能を提供してくれると普及するかなとか考えていると、ソニーから新商品のお知らせが・・・

これを見たときなんとなく引き込まれて詳細を見てしまいました。

 

地上・BS・110度CSデジタルハイビジョン液晶テレビX9000Cシリーズ

BRAVIA KJ-65X9000C [65インチ]

まず最初の驚きはその薄さです・・・・すごい!

世界最薄約4.9mm(*)の液晶に描きだされる高画質4Kで、かつてない没入感を堪能できる高画質&薄型4Kモデル -壁との美しい一体感を生む「壁掛けスタイル」が可能

KJ-65X9000C_top

次にその映像の美しさ、これが4Kか・・・これまた凄い!

あらゆる映像を、息をのむような美しさに。新開発の4K高画質プロセッサー「X1(エックスワン)」を搭載している。

4Kの美しさを最大限に高める新4K高画質プロセッサー「X1」を搭載している。そのプロセッサーの詳細は理解できなくても、その美しさはわかる。

 

画質の3大要素である精細感、色の鮮やかさ、コントラストを向上させるそれぞれの高画質機能をより細かくコントロールし、息をのむほどのリアルな映像美を実現。

まるで、その場所に訪れたような臨場感をもたらします。

KJ-X9000C_room_image_a

 

次にテレビの在り方の大きな変化・・・・もうテレビだけではない。すこし視線をモバイルからテレビにむけるか・・・

インターネット接続ができても、まだまだPCやタブレットでインターネット内の動画を見ている人が多い。

小さなタブレットで寝転がって楽しむのも醍醐味だが、大画面で見てみたくなったのは初めてかもしれない。

 

放送も、動画も、いろいろな「見たい」にすぐ応えるAndroid TV(TM)機能搭載

y_kj-x9000c_androidtv

ここまで画像がきれいだと、音はハイレゾでしょ・・・・・ ハイレゾどうせ楽しむなら家でゆっくり

X9000CシリーズにマッチするホームシアターシステムHT-NT3でさらにパワーアップ。ハイレゾ対応のホームシアターシステムも同時登場

X9000Cのデザインに調和するスリムなホームシアターシステムHT-NT3との組み合わせ。テーブルトップ/壁掛け、どちらにも映える美しいたたずまいと、省スペースながらハイレゾに対応し、高音質を実現します。

 

y_kj-x9000c_recommend

 

こんなに軽いんだ・・・昔の65型は2人でももてなかった!・・・・

最後にこの薄さだけでない、軽さ!

スタンド含んで、23.2㎏(65型)なんて軽いんだ!

 

寸法・質量など
外形寸法(幅×高さ×奥行)[スタンド含む]:cm 【KJ-65X9000C】
145.1×83.5×3.9[145.1×89.7×25.7]
【KJ-55X9000C】
123.2×71.2×3.9[123.2×77.4×25.7]
スタンド内側取付時のスタンド幅 【KJ-65X9000C】57.6cm
【KJ-55X9000C】53.0cm
質量[スタンド含む]:kg 【KJ-65X8500C】23.2[24.0]
【KJ-55X8500C】18.4[19.7]
消費電力[待機時]:W 【KJ-65X8500C】290[0.5]
【KJ-55X8500C】253[0.5]
年間消費電力量:kWh/年 *7 【KJ-65X8500C】245
【KJ-55X8500C】215

価格はすかさずチェックすると・・・・・う~ん。悩むところだ。

価格コムでは

  • BRAVIA KJ-65X9000C [65インチ]

最安価格(税込):¥593,870

  • BRAVIA KJ-55X9000C [55インチ]

最安価格(税込):¥377,870

となっていた。

 

 

今回は真剣に考えようかな?

2020東京オリンピックまでまてないから、そろそろ購入かな・・・・・・・

もう一年待ってみるか?

う~ん、iPhoneは毎年悩むが、テレビもそろそろ悩み始めようかな?

 

オリンピックの開催年とテレビ(出典:Wikipedia他)


 

大会 開催国 備考
1 1896年 アテネオリンピック ギリシャの旗 ギリシャ王国
2 1900年 パリオリンピック フランスの旗 フランス共和国
3 1904年 セントルイスオリンピック アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
特別 1906年 アテネオリンピック ギリシャの旗 ギリシャ王国
4 1908年 ロンドンオリンピック イギリスの旗 イギリス
5 1912年 ストックホルムオリンピック スウェーデンの旗 スウェーデン
6
(中止)
1916年 ベルリンオリンピック ドイツの旗 ドイツ帝国
7 1920年 アントワープオリンピック ベルギーの旗 ベルギー
8 1924年 パリオリンピック フランスの旗 フランス共和国
9 1928年 アムステルダムオリンピック オランダの旗 オランダ
10 1932年 ロサンゼルスオリンピック アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
11 1936年 ベルリンオリンピック ナチス・ドイツの旗 ドイツ国
12
(中止)
1940年 東京オリンピック→
ヘルシンキオリンピック
日本の旗 日本
フィンランドの旗 フィンランド
13
(中止)
1944年 ロンドンオリンピック イギリスの旗 イギリス
14 1948年 ロンドンオリンピック イギリスの旗 イギリス
  • 1953年1月シャープが国産第1号のテレビTV3-14Tを発売
  • 1953年2月1日 – 日本放送協会(NHK)のテレビ放送開始(日本での地上波テレビ放送の開始)
  • 1953年8月28日 – 日本テレビ、テレビ放送開始(民放での初のテレビ放送の開始)
15 1952年 ヘルシンキオリンピック フィンランドの旗 フィンランド
16 1956年 メルボルンオリンピック オーストラリアの旗 オーストラリア
  • 世界初のカラーの本放送は1954年1月23日
  • 1956年12月 – NHKのカラーテレビ実験放送開始
  • 1956年12月28日 – NHK東京、日本テレビがカラー試験放送開始
17 1960年 ローマオリンピック イタリアの旗 イタリア
  • 1958年12月23日 – 東京タワーから放送開始
  • 1960年9月10日 – カラー本放送開始
18 1964年 東京オリンピック 日本の旗 日本
  • 日本国内各メーカーがカラーテレビを宣伝、普及開始
19 1968年 メキシコシティオリンピック メキシコの旗 メキシコ
20 1972年 ミュンヘンオリンピック 西ドイツの旗 西ドイツ
21 1976年 モントリオールオリンピック カナダの旗 カナダ
22 1980年 モスクワオリンピック ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
23 1984年 ロサンゼルスオリンピック アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
24 1988年 ソウルオリンピック 韓国の旗 韓国
25 1992年 バルセロナオリンピック スペインの旗 スペイン
  • 1990年11月30日 – 日本初の民間衛星放送局・日本衛星放送(JSB・WOWOW)が試験放送を開始
  • 2003年12月1日 – 11:00、東京、名古屋、大阪を中心に地上デジタル放送を開始
  • 薄型テレビとデジタルカメラ、DVDレコーダーとを合わせて「デジタル家電」、「デジタル三種の神器」と呼ばれる。
  • 2003年からの薄型テレビの主流は「液晶テレビ」と「プラズマテレビ
26 1996年 アトランタオリンピック アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
27 2000年 シドニーオリンピック オーストラリアの旗 オーストラリア
28 2004年 アテネオリンピック ギリシャの旗 ギリシャ
29 2008年 北京オリンピック 中華人民共和国の旗 中国
  • 2006年4月1日 – 11:00、地上デジタル放送が既に開始されている地域を中心に移動体受信機向けの地上デジタル放送、通称「ワンセグ」開始
30 2012年 ロンドンオリンピック イギリスの旗 イギリス
  • 2012年3月31日 – 12:00、 東日本大震災の被災3県(岩手、宮城、福島)が地上アナログ放送終了し、日本全国で完全デジタル化が完了
  • 2014年6月2日にChannel 4Kが開局して4K狭帯域衛星放送を開始
31 2016年 リオデジャネイロオリンピック ブラジルの旗 ブラジル
  • ISDB方式による4K広帯域衛星放送が2016年以降に予定
32 2020年 東京オリンピック 日本の旗 日本
33 2024年 開催地未定 未定
34 2028年 開催地未定 未定

 

▲TOPに戻る