最新

オートキャンプ初心者 次に揃えたいキャンプ用品 — クッカー、カトラリー、レインウェアなど

これまで2回にわたる記事で、オートキャンプデビューに向けてまず最初に揃えたいキャンプ用具を紹介してきました。その際は、小物など既に家にあるもので代用できるものは利用し、キャンプ道具として最低限何が必要? という視点で見てきました。今回は、次のステップとして是非揃えていきたいキャンプ用品や、あると便利なものを紹介していきたいと思います。

AA170_L

まず始めに揃えたいキャンプ道具の記事はこちら:

【趣味】秋のオートキャンプデビュー、必要なキャンプ道具は?いくら位かかる? -その①
【趣味】秋のオートキャンプデビュー、必要なキャンプ道具は?いくら位かかる? -その②

 

①クッカー
まずはキャンプ用のクッカー。
最初は家で使う調理器具で代用するのもアリですが、是非揃えたいのがキャンプ用のクッカー
オートキャンプであっても移動の車中や自宅における収納スペースはとても大事。コンパクトに収納できて多機能なキャンプ用クッカーはアウトドア料理の幅も広げてくれるマストアイテムです。

 

クッカーには大きく分けて、アルミ、ステンレス、チタンの素材があります。
それぞれの素材の特徴は大まかに言って下記のようになります。

アルミ ステンレス チタン
重さ そこそこ軽い 重い 極めて軽い
強度 弱い 強い 強い
熱伝導性 良い 悪い 極めて悪い
価格 安い 普通 高い

 

そこそこ軽量で価格も安いアルミ、軽さが重要な登山向クッカーにも多く使われているメジャーな素材です。熱伝導性も優れていることから鍋全体が温まり易く焦げにくいのも扱い易さにつながります。

 

ステンレスは普通の鍋に使われている素材で、金属たわし等でゴシゴシ洗えて手入れは楽。但し、3つの中では最も重いのが難点。熱伝導性も悪いので焦げやすい点も注意が必要で、フライパンはアルミ製の方がおススメといえます。

 

チタンは超軽量な一方で高価になるので、どちらかというと登山向きと考えてもいいかもしれません。

 

結論としてファミリーのオートキャンプ向けのおススメは、鍋は多少重く熱伝導率が悪くてもいいので、扱いやすく衛生的なステンレス製。フライパンはアルミ製でフッ素加工があるもの、場合によっては鍋セットは別購入でもよいでしょう。家族向けには、鍋、フライパンとも直径20㎝程度の大きさがあると活躍の幅が広がって便利です。

 

選択肢はいろいろありますが、ロングセラーの

ユニフレーム(UNIFLAME) fan5 duo

 

②その他、調理器具

スプーン・フォークなどのカトラリーは折り畳みのものなどもあり選択肢は多い。携帯性にすぐれた超軽量なチタン製だと、ハイキングなどの際も活躍します。

スノーピーク(snow peak)ワッパー武器 SCT-001

 

箸は竹の割り箸が以外におススメ。
暗くなってから落として失くすことも多いので、バーベキューでもトング替わりに使え、キャンプファイヤーでマシュマロ焼きにも使える割り箸は重宝します。

 

まな板は薄いプラスチック製などいろいろ出ています。肉や魚などを切る場合には、牛乳パックを開いたものを家で用意して持っていくと、そのまま捨てることができて便利。また、包丁も携帯性のあるものが出ているので選択肢が多いでしょう。

 

その他では、料理用ハサミがあると何かと便利です。
食材も場合によってはハサミで十分カッティング可能なことも多いでしょう。

ツヴィリング(ZWILLING)クラシック料理バサミ

 

③ガストーチ
雨などで炭が湿ってしまった場合などの炭の着火には強力なガストーチは効果絶大です。料理に焦げ目をつけるなどにも使えます。

イワタニ カセットガス トーチバーナー CB-TC-BZ

 

通常であれば、シート式の着火剤でよいかもしれません。

キャプテンスタッグ ファイアブロック着火剤 30片入

 

④レインウェア
アウトドアでは雨対策は必須。
万一雨の中での行動を考えると、レインウェアはイイものを揃えたい。
ゴアテックスなどの防水透湿性素材のものだと行動も快適です。

モンベル(mont・bell)ストームクルーザー ジャケット

 

⑤ヘッドランプ
ランタンや懐中電灯の他に、ヘッドランプが暗くなっての行動に活躍します。
ジェントス(GENTOS)AUVA(オーヴァ) 01

 

⑥虫対策
虫対策にはこちらの記事をご覧ください。

【健康】【支出】キャンプ場の蚊よけ対策、おすすめは?街中ではどう?デング熱対策

 

 

⑦耳栓
アウトドアの本質から外れますが、込み合うキャンプ場に出かける場合はこのようなものも重宝します。
イヤーウィスパー サイレンシアフライト

 

皆さん、楽しいキャンプライフを!

 

 

他の関連記事はこちら:

【趣味】 秋のキャンプシーズン到来 – キャンプ場はどう選ぶ?おすすめは?
【趣味】 秋のオートキャンプ - 万全の寒さ対策で快適に楽もう!

 

最新オリジナルニュースやジャンル別の記事については、ホームへ どうぞ。

▲TOPに戻る