最新

株式そろそろ売り時なのかな? テクニカル・トレンドで判断

株式相場に強くなりたくても、入りたての初心者では難しく、プロでも売るときは買うときよりも難しい。

特に上げ相場になれたこの数年では長い下り坂等は経験していない。

そんなときにタイミングルールに従うのはいかがだろうか?

pixta_12590752_S

シミュライズでは基本的なテクニカル指標(株価のみを統計的に分析し、)を使って、買うべきトレンドがでている銘柄と、売るべきトレンドの銘柄をランキングしています。

過去のデータを使ってある決まったルールでトレードした時にどれだけ儲かったかを見ています。

難しいロジックは排除し、代表的なもの、歴史のあるインディケーターを使用しています。

 

今日はこの中から、売り時だよ!と教えてくれている銘柄群を抜き出してご紹介します。

 

【ショートするべきとのサインがでている銘柄】

順位 コード 証券名 ストラテジ パフォーマンス
1 8036
(株)日立ハイテクノロジーズ
過去3ヶ月の価格レンジを抜けたら売買する +44.61%
2 8604
野村ホールディングス(株)
過去15日間の移動平均が反転上昇したら買う +41.39%
3 5901
東洋製罐グループホールディングス(株)
過去3ヶ月の価格レンジを抜けたら売買する +39.45%
4 8604
野村ホールディングス(株)
過去15日間の移動平均が反転上昇したら買う +34.63%
5 9031
西日本鉄道(株)
過去3ヶ月の価格レンジにはじきかえされたら売買する +27.20%
6 8358
スルガ銀行(株)
過去25日間の移動平均が反転上昇したら買う +23.37%
7 7518
ネットワンシステムズ(株)
過去3ヶ月の価格レンジを抜けたら売買する +22.41%
8 6841
横河電機(株)
過去75日間の移動平均が反転上昇したら買う +20.04%
9 2267
(株)ヤクルト本社
ボリンジャーバンド(25日)の±2σを抜けたら逆張りする +20.00%
10 9747
(株)アサツー ディ・ケイ
過去3ヶ月の価格レンジを抜けたら売買する +19.22%

相場の転換点近くではこのような分析も取り入れながら慎重な判断をしていくことが求められます。

 

試験システムが稼働しています。⇒ シミュライズ株

 

【注意事項】

「Simulize株」では過去の相場の変動が投資家の人々の心理や、ポジション状況を通してどのように株価に影響を与えているかを数量的に分析し、投資判断の一つのツールとしての情報を提供します。トレーディングストラテジーとは株価や取引量を使用したそれぞれのルールに従い、売り買いを機械的に行っていくことで過去の損益がどうであったかを分析します。

この数量統計分析を行った上で、その会社の財務状況、相場に影響を与えるニュース、マクロな経済状況、他の投資家の動向を見ながら投資を行います。様々な角度から分析を行って、その結果をリアルタイムで提供していきます。

最終的な投資の判断は皆様の責任においてなされるもので、このサイトや運営会社、企画会社が皆様の投資において損失が生じたとしても責任は負いかねますのでご了承ください。一緒にいろいろ研究し、相場や市況の理解が少しでも深まればとの思いで運営をしております。

▲TOPに戻る