最新

【データ】裁判官数・検察官数・弁護士数の推移

裁判官数・検察官数・弁護士数の推移について弁護士白書(2014年版)を参考にまとめを作成しました。

弁護士数2014

 

 

検事数

 

 

【注】

1.裁判官数は、最高裁判所調べによるもので、簡裁判事を除く各年の 4 月現在。なお、2008 年までの簡裁判事を除いた男女の内訳については、不明である。
2.検察官数は、法務省調べによるもので、副検事を除く各年の 3 月 31 日現在。
3.弁護士数は、正会員数で各年の 3 月 31 日現在。弁護士白書 2014 年版

 

裁判官数(簡裁判事を除く) 検察官数(副検事を除く) 弁護士数
  男性の割合 女性の割合   男性の割合 女性の割合   男性の割合 女性の割合
1991(H3) 2,022 1,172 96.2% 3.8% 14,080 94.2% 5.8%
1992(H4) 2,029 1,174 95.9% 4.1% 14,329 94.1% 5.9%
1993(H5) 2,036 1,184 95.4% 4.6% 14,596 93.9% 6.1%
1994(H6) 2,046 1,190 95.0% 5.0% 14,809 93.7% 6.3%
1995(H7) 2,058 1,229 94.3% 5.7% 15,108 93.4% 6.6%
1996(H8) 2,073 1,270 93.6% 6.4% 15,456 93.1% 6.9%
1997(H9) 2,093 1,301 92.9% 7.1% 15,866 92.6% 7.4%
1998(H10) 2,113 1,325 92.0% 8.0% 16,305 92.1% 7.9%
1999(H11) 2,143 1,363 91.6% 8.4% 16,731 91.6% 8.4%
2000(H12) 2,213 1,375 90.8% 9.2% 17,126 91.1% 8.9%
2001(H13) 2,243 1,443 89.4% 10.6% 18,243 89.9% 10.1%
2002(H14) 2,288 1,484 88.4% 11.6% 18,838 89.0% 11.0%
2003(H15) 2,333 1,521 87.4% 12.6% 19,508 88.3% 11.7%
2004(H16) 2,385 1,563 87.2% 12.8% 20,224 87.9% 12.1%
2005(H17) 2,460 1,627 86.2% 13.8% 21,185 87.5% 12.5%
2006(H18) 2,535 1,648 85.2% 14.8% 22,021 87.0% 13.0%
2007(H19) 2,610 1,667 84.4% 15.6% 23,119 86.4% 13.6%
2008(H20) 2,685 1,739 82.8% 17.2% 25,041 85.6% 14.4%
2009(H21) 2,760 80.4% 19.6% 1,779 81.8% 18.2% 26,930 84.7% 15.3%
2010(H22) 2,805 79.7% 20.3% 1,806 81.0% 19.0% 28,789 83.8% 16.2%
2011(H23) 2,850 79.1% 20.9% 1,816 80.3% 19.7% 30,485 83.2% 16.8%
2012(H24) 2,850 78.1% 21.9% 1,839 80.2% 19.8% 32,088 82.6% 17.4%
2013(H25) 2,880 77.5% 22.5% 1,847 79.6% 20.4% 33,624 82.3% 17.7%
2014(H26) 2,944 76.9% 23.1% 1,877 78.6% 21.4% 35,045 81.9% 18.1%

 

 

 

▲TOPに戻る