最新

中国株と日本株にドルで投資してみました。

日本株はまだ好調を継続していますが、いち早くピークを迎えた中国株は下落が激しく取引停止等で政府は何とか株価を維持しようと必死です。

そこで今日は米国ドルで日本企業、中国企業に投資をした場合のパフォーマンスを確認してみます。

pixta_13472612_S

以下の銘柄に投資してみました。日本企業グループと中国企業グループ100万円をドルにして以下の株式に分散投資します。

米国のこれらの銘柄は当然ドルで取引されているのですが、最終的に円に換算した時にどれだけの収益があるかを確認します。

株式ドルベース日中株式対決です。

 

シミュライズでは昨年の12月19日に投資を行った場合の、毎日そのパフォーマンスを報告しています。

米国株にドルで投資することを目的としていますが、2つだけ中国と日本の企業に投資しているファンドがあります。

日本円で100万円をドルに替えて米国の日本や中国の上場銘柄に投資した場合に、どれだけになっているかを円ベースで評価しています。

 

それぞれのファンドの詳細な説明は以下のページを参照ください。

中国ファンド

日本ファンド

 

【中国ファンドと日本ファンドの銘柄】

中国 PTR PetroChina Co. Ltd.
SNP China Petroleum & Chemical Corp.
BIDU Baidu, Inc.
LFC China Life Insurance Co. Ltd.
JD JD.com, Inc.
日本 DCM NTTドコモ(ADR)
HMC 本田自動車(ADR)
MTU 三菱UFJフィナンシャルグループ(ADR)
NTT NTT(ADR)
SMFG 住友三井フィナンシャルグループ

 

【2つのファンドのパフォーマンス比較】

JapanChina20150718

 

2つのインデクスはスタート時は100(万円)からスタートとして中国のインデクスが上を行くときもありましたが、現在は日本株が大きく上回り、20%以上のリターンの差ができています。

上海市場の急落による閉鎖や、その後の政府の対応を巡り、中国株には大いに売られる局面もありましたが、現在のところは落ち着きを取り戻しつつあります。

 

 

パフォーマンス


【7月17日時点(先週の金曜日)のパフォーマンス】

中国のバスケットは108.10、日本のバスケットは131.33と好調だが、上記のグラフのように中国はかなりの変動がこれから先も予想される。

 

FUNDID バスケット シンボル 会社名 株数 ドル損益(ドル) 日本円損益(円)
20011 中国 PTR PetroChina Co. Ltd. 20 -167 -20,743
SNP China Petroleum & Chemical Corp. 25 -47 -5,893
BIDU Baidu, Inc. 10 -358 -44,401
LFC China Life Insurance Co. Ltd. 35 256 31,784
JD JD.com, Inc. 80 860 106,692
平均 中国(米国市場)インデクス 544 67,439
20012 日本 DCM NTT DOCOMO, Inc. 110 574 71,235
HMC Honda Motor Co., Ltd. 60 108 13,398
MTU Mitsubishi UFJ Financial Group, Inc. 320 518 64,313
NTT Nippon Telegraph and Telephone Corporation 70 769 95,439
SMFG Sumitomo Mitsui Financial Group, Inc. 250 408 50,554
平均 日本(米国市場)インデクス 2,377 294,940

 

今後の展開としては日本株は円高に振れ始めているので、米ドルでの投資はあまり好ましくない展開になる可能性が高い。長期的にみれば米国株を購入する方が良いパフォーマンスを出す可能性があるが、日本株の官製相場はしばらく続くようなので利益をとっていくべき。

中国は大きく下落するようならば、大企業でかつ、海外でも勝負のできそうな会社は投資の対象としては適している。将来的には中国元高、中国の主要株の上昇は大いに期待できることから、チャンスをまって投資を検討するのが良いであろう。

 

いずれにしてもしばらくは米国の金利引き上げ、中国のバブルの状況、ユーロの状況を確認して慎重な投資姿勢が必要である。

 

 

 

 

▲TOPに戻る