最新

夏のボーナスはどうなっている? 経団連夏賞与第1回集計詳細を見る。

経団連は29日、大手企業が支給する2015年夏のボーナスの第1回集計を発表しました。

平均妥結額は

昨年夏に比べて2.43%増え、91万3106円でした。

3年連続で上昇になります。

大企業は確実に賃金の上昇が根付いてきているようですね。

業種ごとの数字を見てみましょう。

 

【2015年夏季賞与・一時金 大手企業業種別妥結状況(加重平均)】

業種 会社数 2015年 妥協額 増減率 2014年妥協額
非鉄金属 5 770,865 3.68 743,472
繊維 16 786,258 3.12 762,486
紙パルプ 6 671,844 5.54 636,557
化学 1
セメント 4 796,314 -4.15 830,751
機械金属 1
電機 6 858,495 4.80 819,191
自動車 6 1,103,802 -0.19 1,105,912
造船 9 872,248 5.97 823,085
商業 1 (従)- (従)-
私鉄(JR) 1 (従)- (従)-
通運 1
電力 6
総平均 63 913,106 2.43 891,420
(単純平均) 723,881 3.89 696,752

 

(注)1)調査対象は、原則として東証一部上場、従業員500人以上、主要20業種大手245社
2)16業種90社 (36.7%)で妥結しているが、このうち27社は平均額不明などのため集計より除外
3)「平均」欄の(  )内は一社あたりの単純平均
4)(従)は従業員平均(一部組合員平均含む)
5)増減率の△印はマイナスを示す
6)集計社数が2社に満たない場合など数字を伏せた業種があるが、平均には含まれる
7)2014年の妥結額は、2015年の集計企業の数値(同対象比較) 2015年夏季賞与・一時金 大手企業業種別妥結状況(加重平均) 2015年5月29日

 

 

【お知らせ】気になるニュースをお届けしますシミュライズ《無料》
お金が全てじゃないけど、有って損しないもの事実。就職難の時代ではありますが、
良い就職・転職をする際には、しっかりした情報収集が大切。

 

 

大企業ではセメント、自動車以外は夏季賞与・一時金の増減率はプラスとなっています。

自動車は金額的に100万円を超えているので上昇には限界があるようだが、他は5%を超える業種も2つほどあり、かなり好調です。

 

 

▲TOPに戻る