最新

【運用】FX:シカゴ投機筋ポジション(5/5時点)-円・NZDはショート増だが他はショート減少

全米先物取引委員会(CFTC)により週末公表の、シカゴ通貨先物市場における5/5時点の投機筋ポジション動向

個人投資家にも大いに参考になるので、週一回必ずチェックしましょう。

 

このところかなり為替市場の見方が変わってきたようなので、大きな動向をつかみ、しっかりと外貨預金や外国証券の取引タイミングを考えましょう‼

今週(5/5)にはユーロに大きな動き!

 pixta_13472612_S

 

投機ポジションの動き


 円とニュージーランドドル以外の通貨、ユーロ、英ポンド、豪ドル、カナダドルなどではネットショートポジションが引き続き減少した一週間。

⇒ 投機筋はドルを売って、その対象通貨を買うという動きの強い1週間

 

円はショートの方向へとやや戻す展開となった。

⇒ 投機筋はドルを買って、円を売る動きが強くなった。

 

とくに豪ドルのネットショート解消の動きが目立った

⇒ 豪ドルを買って、ドルを売る動きが目立った、ということ。

 

おおきく積み増してきたユーロのショート(売り持ち)ポジションは解消の方向性は変わらず。

ユーロの7,639枚のネットショートの減少となった。

 これは先週も観察された1年以上前からの”緩和トレード”(緩和期待のトレード)の巻き戻しが順調に進んでいるようだ。

 

ユーロのショートポジションは減少傾向継続。他の通貨と比較してもユーロが急速にショートを解消してきているのがわかる。(下図のオレンジのライン)

全体的にはネットショート解消へのトレンドが続き、ユーロも底入れをして、同方向へと向かいそうな雰囲気がでてきた。

 

ドル円もネットショート解消が進み、フラットに近づいてきている。

今週はやや振り戻しになったが、しばらく方向性なく120円あたりをうろつく展開か。

(下図の赤い線)

 

 

2014年はじめからの主要通貨の投機筋ネットポジション(対ドル)の動きをグラフ化しています。

【投機筋ネットポジションの動き】

  CMEFX20150510 

(注1)CFTC公表データをもとにシミュライズまとめ

 

このたびNY時間に公表されているポジションは、先週火曜日時点(4/28)のものであることをご注意の上、ご覧ください。

 

関連記事 →【運用】FX取引の際にはチェックしておこう、シカゴ投機筋のポジション動向

 

 

 

ドル・ユーロ為替レートの動き


 ドル円の為替レートは先週金曜の終値ベースでは、円(赤線)は120円近辺まで売られて膠着状態が続いています。

一方で、ユーロ(オレンジ線)が大きく買われてきていますがまだ継続性はみれません。

 

ユーロ円は行き過ぎたユーロ売り、米国債買いの緩和トレードの巻き戻し(ポジション解消の動き)はしばらく継続するのか。

しばらくは見極めが必要です。

 

CMEFXJPYEUR20150510

 

 

現状のネットポジション


 過去1週間の変化、1ヶ月の変化をまとめています。

 
 各通貨(対ドル)の投機筋ネットポジション(枚)

通貨 2015/5/5 1週間変化 1ヶ月変化
JPY -31,183 -25,690 -6,734
EUR -190,127 7,639 25,131
GBP -24,758 9,370 9,543
AUD 626 28,031 40,907
NZD 9,064 -1,116 3,286
CHF 5,331 3,996 5,211
CAD -10,080 10,829 19,939

            

一週間(5/5週)の主な動き: 

  • 主要通貨のショート解消の動きが目立った1週間でした。円はかなりフラットになってきており、今後の動向は非常に不透明。今週は円売りドル買いの方向。
  • ユーロもギリシャの動向次第ではわからないので、しばらくは方向性は見極め。
  • 豪ドルはネットロングに転換 豪ドル買い、ドル売りが継続するか。

 

【お知らせ】気になるニュースをお届けしますシミュライズ《無料》
日常生活から、就職、婚活、買物、教育など人生のさまざまなライフイベントについて
周りに溢れるお金の情報を整理しお届けいたします。

 

 

 

【円、ユーロ、豪ドル、英ポンドの対米ドルネットポジションと為替レート推移(2012年1月~)】
JPY20150510

 

  

EUR20150510

 

 

GBP20150510 

 

AUD20150510

  (注)CFTC公表データをもとにシミュライズまとめ

 

シミュライズのFX分析ツールも是非あわせてご活用ください。

btnSimulize_Exchange

クリックしてシミュライズ

 

 

活用方法については、以下記事等をご参考にしてくだくさい。
【運用】FX取引のアイデア実験室 トレンドと取引タイミング シミュライズFX

 

外貨預金、FXのタイミングを図る活用例です。

【運用】120円台に行きそうなドル円。外貨預金は作るタイミングが重要です。いつが良いのか教えて? 

 

最新オリジナルニュースやジャンル別の記事については、ホームへ どうぞ。

 

 (ご注意) 本情報は投資の参考として情報提供のみを目的としたものであり、実際のお取引に当たっては自己責任のもとご自身で判断をお願いします。本サービスの運営会社は、本サービスの掲載情報の利用により利用者に発生したいかなる損害について、一切の責任を負わないものとします。また掲載情報については細心の注意を払って作成しておりますが、本サービスで提供する情報の正確性、真実性、最新性、完全性等について運営会社は保証しないことをご理解ください。

 

▲TOPに戻る