最新

【景気】消費者態度指数4ヶ月連続上昇、消費者意識は先月に引き続き改善

今月発表された内閣府の消費者動向調査の結果から消費者マインドを確認してみましょう。

 

消費者態度指数は4ヶ月連続上昇をみせ、昨年夏以降悪化していた個人消費者の景況感は下げ止まりつつあるようです。

 

消費者態度指数—2015年3月


消費者態度指数とは、内閣府による消費動向調査の一部として毎月公表されているもので、消費者の今後半年間の暮らし向きの見通しになどについての意識を示す指標です。 消費者マインドから景気動向を知るうえで役立ちます。 一般的に50が良い・悪いの判断のひとつの目安とされます。

 

発表された、3月の指数は前月より1.2ポイント上昇し、41.6となり、4か月連続の上昇。 消費者マインドは下げ止まりの動きが見られます。

 

【一般世帯の消費者態度指数の推移】

季節調整値 前月差
2014年12月 38.8 1.1
2015年1月 39.1 0.3
2月 40.4 1.3
3月 41.6 1.2

 

【消費者態度指数の推移】

 

 

shisuusuii2015-04

(注)内閣府公表資料より作成。季節調整値。

 

続いて、消費者態度指数を構成する消費者意識指標(一般世帯)の前月からの動きをみてみると以下のようになっています。

  • 「暮らし向き」が0.6ポイント上昇の38.6
  • 「収入の増え方が」が1ポイント上昇の39.4
  • 「雇用環境」が2ポイント上昇の48.2
  • 「耐久消費財の買い時判断」が1.1ポイント上昇の40.2

 

【消費者態度指数を構成する消費者意識指標(一般世帯)の推移】ishiki2015-04

(注)内閣府公表資料より作成 。 一般世帯、季節調整値。

 

昨年夏以降、全体として下落傾向にありましたが、消費者意識指標4つ全てが上昇となり先月から引き続き改善傾向です。

 

 

消費者動向指数の調査方法


消費者動向指数の調査対象

  • 調査対象世帯数
    調査対象世帯は、一般世帯(2人以上の世帯、以下同じ)、単身世帯毎に三段抽出(市町村-調査単位区-世帯)により選ばれた8,400世帯一般世帯5,712世帯、単身世帯2,688世帯)とします。
  • 調査方法
    郵送調査法(調査票を配布・郵送し、調査対象世帯が自計記入し、郵送にて提出)とします。ただし、調査1か月目の新規世帯では、調査開始月の上旬までに調査員が調査対象世帯を訪問して調査依頼・調査票配布を行い、調査月の中旬頃に調査員が調査世帯を訪問して調査票を回収します。2か月目以降は上旬に調査票を郵送し(投函締切は調査月の16日)、20日頃までに郵送にて回収します。

 

家計調査(総務省統計局)

調査世帯数の割当ては以下のようになっており、合計で2人以上で8076世帯、単身調査世帯は673世帯となっており、合計は8、749世帯。数としては少し家計調査の方が消費者動向指数の調査世帯数よりも多い。

層化3段抽出法(第1段―市町村,第2段―単位区,第3段―世帯)により世帯を選定という点は全く同じようだ。家計調査は平成22年国勢調査に基づいている。

 

地域 調査市町村数 二人以上の調査世帯数 単身調査世帯数
全国 168 8,076 673
都道府県庁所在市及び大都市 52 5,472 456
人口5万以上の市(上記の市を除く) 74 2,100 175
人口5万未満の市及び町村 42 504 42

※ 単身世帯については,寮・寄宿舎単位区として上記のほか12単位区72世帯を調査している。

 

【お知らせ】気になるニュースをお届けしますシミュライズ《無料》
日常生活から、就職、婚活、買物、教育など人生のさまざまなライフイベントについて
周りに溢れるお金の情報を整理しご提供

 

 

最新オリジナルニュースやジャンル別の記事については、ホームへ どうぞ。

 

▲TOPに戻る