最新

【シムラー】 上野 洋介47歳、 高校教師です。高校2年生の息子がパイロットになりたいと言ってきたがいくら掛かるんだろう?

晩御飯が済んでビールを飲みながら、気持ちよくなりながらテレビを見ていると、高校2年生の息子が話しかけてきた。 「父さん、俺パイロットになりたいんだけど。」 パイロットになるってコストはどうなのだろう?  

I  D M10000102
名  前 上野 洋介
性  別 男性
生年月日 1967年10月6日
年  齢 50歳
食費 5.7 万円
光熱水道費   2.1 万円
日用品費 1.2 万円
家具・家電費 1.2 万円
被服費   2.7 万円
交通費 2.5 万円
通信費 1.7 万円
医療費 1.4 万円
交際費   3 万円
趣味娯楽費   3.8 万円
教育費   6.1 万円
その他支出 5.9 万円
住居関連費 13.7 万円
自動車関連費   3.4 万円
保険料 3.3 万円
合計 57.7 万円
居住地 京都府
居住地詳細 0
居住タイプ 0
最終学歴 0
職業詳細 高校教師
婚姻 既婚
子供人数 1 人
本人収入 880 万円
配偶者収入 80 万円
金融資産 290 万円
金融負債 2100 万円

 

配偶者
こども
聡子
1970年2月23日
47歳
洋二
1998年7月9日
19歳

 

関心事
パイロットになるのにいくら掛かる?

 

趣味・好み
野球観戦

 

プロフィール補足

パイロットになるためのコストを検討してみる。パイロットになるにはいくつかのコースがあるが、その難易度、可能性等を考慮してその方法を検討してみよう。
以下が3つの代表的なコースだ。
 
・一般大学コース 1,377万円
・フライトスクールコース 1,800万円 
・航空大学コース 1,443万円
 
どのコースも楽ではないが、一般大学コースでしっかり就職してから訓練・学習に励むのが一番確実でコストが安いものとなりそうだ。 いままでの予定通り、息子を理系の大学に行かせるので良さそうだ。あとはエアラインがしっかりとサポートしてくれる。


しっかりと大学受験をするのと、あとは身体検査で問題がないかを調べることが重要かもしれない。
すごく強くパイロットや航空機に憧れるなら、2年目で航空大学校へ行くのも良いのかもしれない。 

 

 
 関連する記事:  

 

【支出】ある日息子がパイロットになりたいと言ってきた。その費用と可能性を探る。上野家の場合

 

シミュライズコアへ


私のプロファイルが気になる方はシミュライズ→ 上野 洋介  

▲TOPに戻る