最新

【支出】日産 「GT-R」 -誕生45周年記念ゴールドエディションが米国でも登場!

2007年に圧倒的なパフォーマンスを誇る国産のスーパースポーツとしてデビューして以来、イヤーモデル制をとって毎年小変更・改良を加えながら進化モデルを発表し、熟成を重ねてきた日産 「GT-R」(R35型)。

 

この度、日産自動車の北米法人により 2016 Nissan GT-R が発表され、GT-R誕生45周年を記念したゴールドエディションが北米でも発売されることがわかった。

 

日本での GT-R 最新モデルは2015年モデルとして昨年11月25日より発売されており、その際に同様に45台限定の特別仕様車 「GT-R 45th Anniversary」が2月3日より発売されることが発表されている。

NissanGTR2 

 

 

特別仕様車 45周年記念ゴールドエディション


特別仕様車45周年記念ゴールドエディションは、1969年誕生の初代スカイラインGT-R以来、45周年を迎えることを記念して限定発売されるもの。GT-Rの上級グレードの「Premium」グレードをベースに、2001年発売の「スカイラインGT-R M・spec」 (R34型)の特別塗装色である「シリカブレス」と呼ばれる落ち着いたゴールドでペイントされている。

2016 Nissan GT-R 45th Anniversary Gold Edition 

センターコンソール下部の専用エンブレムと、エンジンルーム内の専用モデルナンバープレートも同系色が施され、特別感が出されている。北米では「Premium」グレードより1,000ドル高い価格(10万2,770ドル=約1,240万円)で発売され、30台以下の限定数との話も聞こえてくる。

2016 Nissan GT-R 45th Anniversary Gold Edition

 

 

最新の「GT-R」 2015年モデル(日本)の特徴


ではここで、最新のGT-Rについて確認しておこう。

 

毎年イヤーモデルを発表してるGT-Rは、外観こそ大きくは変わらないものの、エンジンのみならずシャシまわりの剛性、静粛性などを含め毎年かなりの進化が見られる。 これまでも、3.8L V6 ツインターボのVR38DETTエンジンはデビュー時の480ps60.0kgf·m) から550ps (64.5kgf·m) までパワー増大(NISMOモデルは600ps)、吸排気系の見直しによる燃費向上、中回転域でのレスポンス向上など大幅な性能アップが図られているほか、ショックアブソーバー構造変更、ブッシュ剛性強化、ブレーキローター大型化、専用ランフラットタイヤ変更などの性能向上がなされている。

 

最新2015年モデルは、従来からのパフォーマンスはそのままに、その乗り心地をさらに進化させ、成熟させたモデルとなっている。 ドライバーが思い描くラインを思い通りにトレースできる性能を高め、低速域から高速域まですべての速度域での操縦安定性を向上させたこと、音・振動の特性を綿密に分析、徹底的に部品の見直しや細部にわたっての作りこみを行い、振動や騒音を低減し快適性も向上しているようだ。

 

具体的には、ショックアブソーバーの減衰力特性を変更、ECUのチューニングを行ったことで意図しない車両の動きが抑えられトレーサビリティーが向上、狙った通りのラインクリアがより可能となり、コーナリングの快感と安心感が高まっているという。

 

他にも、専用タイヤの材質や内部構造を見直し、ブレーキのパッド及びパッドとピストンの間のシムの形状の変更、また振動逓減などのためにステアリング・ダイナミック・ダンパーの設定の最適化、トランスアクスルやドライブシャフト等の構造上の隙の最適化、静粛性向上のためのフライホイールハウジング内のベアリングの仕様を変更や、トランクカーペットの材質見直しなどを行っている。

 

さらに、日産のモータースポーツ部門であるNISMOのテクノロジーを凝縮し、ドイツのニュルブルクリンクサーキットにて7分8分台の量産市販車最速タイムを出した超高性能モデル 「GT-R NISMO」の剛性と足回りを融合した新グレード「GT-R Track edition engineered by nismo」が設定された。 これは一見すると内外装は「Black edition」と変わらないが、GT-R NISMOと同じメーカーにしかできないワークス直系のボディチューンであるボンディングボディを採用するなど、走りに特化したモデルといえる。

 

「GT-R Track edition engineered by nismo」の主な専用装備は以下

●専用ボンディングボディ
●専用サスペンション
●専用レイズ製アルミ鍛造ホイール
●専用拡幅フロントフェンダー
●専用タイヤ
●専用スタビライザー(フロント・リヤ 高バネレート)
●専用エンブレム付カーボン製クラスターフィニッシャー

 

【お知らせ】気になるニュースをお届けしますシミュライズ《無料》
日常生活から、就職、婚活、買物、教育など人生のさまざまなライフイベントについて
周りに溢れるお金の情報を整理しご提供

 

エディション(グレード)と価格、ライバルとの比較


 各エディションとその価格は下記のようになっている。

エディション 車両本体価格
(消費税込)
エンジン 駆動方式
GT-R Pure edition 9,477,000円  VR38DETT 4WD
GT-R Black edition 10,400,400円  VR38DETT 4WD
GT-R Premium edition 10,587,240円  VR38DETT 4WD
GT-R Track edition engineered by nismo 11,700,720円  VR38DETT 4WD

※リサイクル料金が別途必要。保険料、税金、登録等に伴う諸費用は別途。
※価格は参考価格。価格は販売会社が独自に決めており、それぞれの販売会社にお問い合わせください。
※価格にはメーカーオプションは含まれておりません。 また、ボディカラーによっては価格は上がります。

 

 

また、日産のウェブページでも列挙され、走行性能でよく比較されるポルシェ911 ターボ、および4WD のカレラS とともに概要をまとめておく。

車名 日産 GT-R ポルシェ 911 ポルシェ 911
グレード Black
edition
ターボ カレラ4S
車両本体価格
(消費税込)
¥10,400,400 ¥21,280,000 ¥16,550,000
車型 クーペ クーペ クーペ
乗車定員 4人 4人 4人
駆動方式 4WD 4WD 4WD
全長 (mm) 4,670 4,506 4,491
全幅 (mm) 1,895 1,880 1,852
全高 (mm) 1,370 1,296 1,296
トランスミッション GR6型
デュアル
クラッチ
7速PDK 7速PDK
全長 (mm) 4,670 4,506 4,491
全幅 (mm) 1,895 1,880 1,852
全高 (mm) 1,370 1,296 1,296
ホイールベース (mm) 2,780 2,450 2,450
車両重量 (kg) 1,740 -  1,500
燃料消費率 (km/l) 8.7 -  10.5
タイヤサイズ前輪 255/40ZRF20 245/35ZR20 245/35ZR20
タイヤサイズ後輪 285/35ZRF20) 305/30ZR20 305/30ZR20
種類・シリンダー数 DOHC・V型6気筒 水平対向6気筒 水平対向6気筒
総排気量 (cc) 3,799 3,800 3,799
圧縮比 9 9.8 12.5
最高出力 (kW(ps)/rpm) 404(549)/6400 383(521)/6500 294(400)/7400
最大トルク
(N・m(kg)/rpm)
632(64.4)/5800 660(67.3)/5000 440(44.9)/5600
ガソリン 無鉛プレミアム 無鉛プレミアム 無鉛プレミアム
タンク容量 (L) 74 68 68

 

 

毎月の返済額はいくら?


日産のホームページ上で 日産GT-Rの残価設定型クレジット(日産フィナンシャルサービス提供)のシミュレーションが行える。
GT-R Pure edition で行ってみて、月々いくらの支払でGT-Rに乗れるか計算してみる。

 

5年後の残価を設定し、満期時に返却、買い取る、あるいはローンを組み継続してGT-Rに乗り続けることが可能。

 

注意しないといけないのは、車の使用状態が規定に定められた範囲内の場合に限るという条件だ。

定められた範囲外だと、負担金が発生する。内外部に損傷があったり、走行距離が極端に多かったり、その規定の詳細は事前に確認しておきたい。

 

【日産の残価設定型クレジットの例 2015年4月見積もり】

NissanGTR Credit2

これによると、税金、諸費用も含めて頭金を350万円程度準備し、700万円をクレジットとした場合、最終の支払(残価)は3,222,000円となり、毎月の支払いは85,400円 (初回は95,207円)である。 金利は4.9%となっている。

 

月々の金額がやや大きいという方は、

  • 頭金をもう少し多めに入れる
  • 金利の低い銀行の自動車ローンを検討する

などを考える必要がある。

 

最後に


GT-Rの気になる国産ライバル車といえば、ホンダの「NSX」。

ホンダの米国法人は、今年1月の米国デトロイト自動車ショーで、Acura新型「NSX」を世界初披露した。

 AcuraNSX

 

新型NSXは、軽量なボディーに新開発の直噴V型6気筒ツインターボエンジンをミッドシップレイアウトで配置し、走りと燃費性能を両立した高効率・高出力の3モーターハイブリッドシステムを搭載したスーパースポーツモデル。 エンジンと高効率モーターを内蔵した9速デュアル・クラッチ・トランスミッションを組み合わせるとともに、前輪の左右を独立した2つのモーターによる四輪の駆動力を自在に制御する電動式の四輪駆動システムを搭載したハイブリッドシステムのようだ。

 

新型NSXは2015年後半に米国での発売が予定され、米国での販売価格はを約15万ドルから、今年夏からオーダー受付を開始することも発表されている。

 

シミュライズではひきつづき魅力のある車を追っていきたい。

 

最新オリジナルニュースやジャンル別の記事については、ホームへ どうぞ。

▲TOPに戻る