最新

【用語】春闘

労働組合にとって、一年で一番大きな闘いが「春季生活闘争」です。

マスコミ報道など一般では「春闘」と呼ばれています。

日本では、春を新年度のはじまりにする慣例があります。

新入社員が入ってきたり、お給料が上がったりするのが4月です。

そこで2月から3月にかけて、新しい給料になるまえに、労働組合が「給料を上げてほしい」「労働時間を短くしてほしい」といった、いろいろな労働条件について要求を出して会社と交渉します。

それが、生活改善のための春の闘い、すなわち春闘(通称)なのです。これは日本独特のやり方で、1955年から始まりました。

(出典:日本労働組合総連合会)

 

▲TOPに戻る