最新

【シムラー】 原 喜一42歳、食品メーカー勤務。 なんと6億円の宝くじが当った!今後の人生の選択肢はどれがいい?

42歳。食品メーカーでレトルト食品を扱うチームに所属。 ある日電車でお客さんのところに行く途中で不思議な光景を目にする。ある駅を過ぎたところで、宝くじ売り場が、光って見えるのだ。これはっと思い、帰りに6億円の宝くじを10枚購入してみた。  

I  D M10000092
名  前 原 喜一
性  別 男性
生年月日 1973年1月26日
年  齢 44歳
食費 10.1 万円
光熱水道費   3.8 万円
日用品費 5.6 万円
家具・家電費 3.9 万円
被服費   5.3 万円
交通費 2.1 万円
通信費 2.0 万円
医療費 3 万円
交際費   5.7 万円
趣味娯楽費   6.4 万円
教育費   18.5 万円
その他支出 9.1 万円
住居関連費 5.6 万円
自動車関連費   4.3 万円
保険料 3.4 万円
合計 88.8 万円
居住地 千葉県
居住地詳細 0
居住タイプ 持ち家
最終学歴 0
職業詳細 食品メーカー営業
婚姻 既婚
子供人数 2 人
本人収入 0 万円
配偶者収入 0 万円
金融資産 50,000 万円
金融負債 0 万円

 

配偶者
こども
富子
1976年1月9日
41歳
良一
1999年9月22日 2002年7月31日
18歳 15歳

 

関心事

次の中でどの人生を選ぶか。どう比較すればよい?

1)大学で学び直し、夢であった医者の道をめざす。大学に6年通い、医師の資格をとり、収入を得る。

2)好きな海外旅行三昧。年4回くらい行く。給与収入はゼロだが、3億を原資に、株を含めたリスク資産への投資で運用をしていく。残りは生活費として安全資産に。 ときどきボランティア活動にいそしむ。

3)このまま同じ会社で働き続ける。収入は現行通り。ただし、安らかな気持ちで。

 

趣味・好み

 

プロフィール補足

今年で42歳。食品メーカー営業でレトルト食品を扱うチームだ。会社では係長だが、部下に突き上げられ、部長からはいじられ、パワハラに毎日息の詰まる人生。給料600万は納得いかない。 子供はまだ小学6年と中学3年。 上の子は無理して私立に行かしていて、なんと下の子も4月から私立に行くことになってしまった。 お金心配がつきない。。

 

ある日電車でお客さんのところに行く途中で不思議な光景を目にする。ある駅を過ぎたところで、宝くじ売り場が、光って見えるのだ。これはっと思い、帰りに6億円の宝くじを10枚購入してみた。 そんな馬鹿なと思われそうなので、言っておくが、当たる時はなんらかの神の啓示なのか、導きがあるようだ。当選者の会ではそんな話がよくされている。

 

年末ジャンボの発表を新聞で確認し、人生が一変! 私はすぐに会社をやめたかった。妻も文句を言わないだろう。

 

 

関連する記事:  

【人生設計】原 喜一 42歳、年末ジャンボで人生が一変! 今後の人生の選択肢は? 

 

シミュライズコアへ


私の人生データを下記よりご覧ください。

  1. 原 喜一-医者をめざす
  2. 原 喜一-隠居して海外旅行
  3. 原 喜一-サラリーマンのまま

 

▲TOPに戻る