最新

【支出】レギュラーガソリン価格(3/4公表)~原油価格に連動し、3週連続値上げ139.3円~

資源エネルギー庁発表の3月4日付けガソリン価格は、全国平均で前週比プラス1.4円3週連続の値上げとなりました。

 

レギュラー全国平均店頭価格139.3円/リットル(前週比1.4円値上げ)
45都道府県で値上がり、横ばい1県、下落1県となっています。

 

ハイオク150.1円/リットル(前週比1.4円値上げ)

 

【ガソリン価格の推移グラフ (2011年以降)】
Gasoline20150304

(注) 資源エネルギー庁による石油製品価格調査よりシミュライズまとめ(円/リットル)

 

ガソリン価格は3週連続値上がりとなり、2月上旬の底値から約6円、4%強(レギュラー)上昇しています。 原油価格が1月下旬に1バレル40ドル台前半の一旦の底をつけてから現在10%程度反転上昇しており、ガソリン価格はわずかに遅れながらほぼ原油価格の動きに連動するような形で動いていいるのが分かります。(下記グラフご参照)

 

原油市場では、依然として在庫が積みあがっている状況であるのに加え、米国のシェール油田のリグ(掘削設備)の稼働数が減ってきてはいるものの生産量はまだ比較的高水準であり、引続き供給過剰感があるようです。 今後の原油価格の動向が注目されます。

 

なお、ガソリン価格に関して主に原料となる原油の価格と為替レートが決定要因となることについては、以前の記事 (【支出】上昇の止まらないガソリン価格は海外原油価格*ドル円為替*税金で決定されている。)をご参照ください。

 

【ガソリン価格と原油価格の推移グラフ (2011年以降)】
Gasoline vs WTI 20150304-2
(注)原油価格はWTI (ドル/バレル)

 

 

【お知らせ】気になるニュースをお届けしますシミュライズ《無料》
日常生活から、就職、婚活、買物、教育など人生のさまざまなライフイベントについて
周りに溢れるお金の情報を整理しお届けいたします。

 

 

都道府県別 -上位ランキング


トップ3は先週と変わらず、鹿児島、長崎、高知となっています。(2位と3位は入れ替わってます)

6位の香川はハイオク、レギュラーともに5円以上の値上がりで目立ちます。

一方で、10位の新潟は全体で唯一の下落となっています。

 

順位 都道府県 レギュラー
(円/㍑)
前週比 ハイオク
(円/㍑)
前週比
1 鹿児島 147.4 1.0 157.0 0.9
2 長  崎 145.0 1.5 155.3 1.5
3 高  知 143.9 0.0 154.0 0.0
4 長  野 143.5 1.2 154.7 1.1
5 佐  賀 142.4 1.1 153.6 1.1
6 香  川 142.3 5.3 153.1 5.4
7 東  京 142.1 1.2 152.7 1.1
8 岐  阜 141.6 1.6 152.8 1.7
9 大  分 141.5 0.9 152.4 0.9
10 新  潟 141.4 -0.1 152.3 -0.3

都道府県別 -下位ランキング


下位都道府県は先週に引き続き全10県とも値を上げています。

千葉が新たな最安値県となっています。

 

順位 都道府県 レギュラー
(円/㍑)
前週比 ハイオク
(円/㍑)
前週比
38 山  口 137.7 1.1 148.5 0.8
39 宮  城 137.5 1.9 148.3 1.5
40 愛  知 137.2 1.7 148.2 1.7
41 秋  田 137.0 2.1 148.2 2.1
42 徳  島 137.0 1.9 148.3 2.0
43 大  阪 136.0 2.0 147.0 2.0
44 岡  山 135.5 0.5 146.2 0.5
45 埼  玉 135.2 1.3 146.1 1.2
46 沖  縄 135.1 1.6 144.9 1.3
47 千  葉 134.7 0.7 145.2 0.7

 

 

 

 

▲TOPに戻る