最新

【運用】FX:シカゴ投機筋のポジション動向(2/24時点)-円、ユーロ、英ポンドのショート減少つづく。 円は119円台、ユーロは1.11台へ。

全米先物取引委員会(CFTC)により週末公表の、シカゴ通貨先物市場における2/24時点の投機筋ポジション動向

 

円、ユーロ、英ポンドはネットショートの減少が続く。  為替レートは円、ユーロともにももみ合いとなっており、方向性がでていません。 週後半の米国の強い経済統計を受けて、ドル円為替レートはやや円安方向の119円台後半に、EUR/USD為替レートは1か月ぶりのユーロ安1.11台に下落しています。 英ポンドは徐々にレンジを切り上げて戻して(英ポンド高へ進んで)おり、GBP/USD為替レートは一時.155台半ばをつけいています。

  

2014年はじめからの主要通貨の投機筋ネットポジション(対ドル)の動きをグラフ化しています。
CME_Positoins150227
(注1)CFTC公表データをもとにシミュライズまとめ

 

このたびNY時間に公表されているポジションは、先週火曜日時点(2/24)のものであることをご注意の上、ご覧ください。

 

関連記事 →【運用】FX取引の際にはチェックしておこう、シカゴ投機筋のポジション動向

 

 

 

 

現状のネットポジション、過去1週間の変化、1ヶ月の変化をまとめています。

 
 各通貨(対ドル)の投機筋ネットポジション(枚)

通貨 2015/2/24
ネットポジション
1週間変化 1ヶ月変化
JPY -47,512 1,579 17,146
EUR -177,736 7,846 7,009
GBP -21,870 6,928 23,470
AUD -63,154 -9,323 -14,211
NZD -4,330 1,423 -671
CHF -5,085 959 2,288
CAD -36,245 -3,403 -12,282

 

           

一週間の主な動き: 

  • ユーロも更にショートが大幅に減少しています。 ただし、1.13~1.14台でのレンジ推移が続いていたEUR/USD為替レートは、週後半に米国経済の強さが確認されると、1.11台と1か月ぶりのユーロ安水準に下落しています。
    (下記、EUR/USDネットポジションと為替レートの推移をご参照ください。 )
  • 英ポンドもネットショート減少つづく。GBP/USD為替レートは一時1.55台半ばへ戻して(英ポンド高が進んで)います。
    (下記、GBP/USDネットポジションと為替レートの推移をご参照ください。 )

 

【お知らせ】気になるニュースをお届けしますシミュライズ《無料》
日常生活から、就職、婚活、買物、教育など人生のさまざまなライフイベントについて
周りに溢れるお金の情報を整理しお届けいたします。

 

【円、ユーロ、豪ドル、英ポンドの対米ドルネットポジションと為替レート推移(2012年1月~)】
CME_JPYPositoins150227
CME_EURPositoins150227
CME_AUDSPositoins150227
CME_GBPPositoins150227
   (注)CFTC公表データをもとにシミュライズまとめ

 

シミュライズのFX分析ツールも是非あわせてご活用ください。

btnSimulize_Exchange

クリックしてシミュライズ

 

活用方法については、以下記事等をご参考にしてくだくさい。
【運用】FX取引のアイデア実験室 トレンドと取引タイミング シミュライズFX

 

外貨預金、FXのタイミングを図る活用例です。

【運用】120円台に行きそうなドル円。外貨預金は作るタイミングが重要です。いつが良いのか教えて? 

 

最新オリジナルニュースやジャンル別の記事については、ホームへ どうぞ。

 

 (ご注意) 本情報は投資の参考として情報提供のみを目的としたものであり、実際のお取引に当たっては自己責任のもとご自身で判断をお願いします。本サービスの運営会社は、本サービスの掲載情報の利用により利用者に発生したいかなる損害について、一切の責任を負わないものとします。また掲載情報については細心の注意を払って作成しておりますが、本サービスで提供する情報の正確性、真実性、最新性、完全性等について運営会社は保証しないことをご理解ください。

 

 

▲TOPに戻る