最新

【運用】地方統合バスケット(ID10068) 地銀再編での主役たちの動き。リーダーの中の5行を追う。地方創生⇒地銀攻勢

シミュライズでは色々な切り口から銘柄を選択し、100万円相当の株式バスケットを組成してそのパフォーマンスを日次で株式バスケットコーナーご報告しています。 NISAで株式投資を始める方や、ベテランの方までトレードの参考にしていただける情報です。あのとき投資したならあなたの100万円がいくらになっているかを日々チェックできます。

 

地方銀行バスケットの説明

銀行業界はこのところ収益は高レベルを保ちながらも長年の低金利による資金益面での苦境が伝えられている。国際的な発展や国内での特徴のあるビジネスモデルの確立が必須である。特に地方銀行では持続的なビジネスモデルの確立の必要性や再編を視野に入れた大胆な改革が予想されている。シミュライズでは主要な地銀大手行にフォーカスを充て、バスケットを作成している。基本的に時価総額の大きい銀行だが、その特長等も考慮して選抜をしている。

地方創生が日本の成長の鍵であるといわれている。日本の将来は地銀を中心とした地方の活力をいかに取り戻すかにかかっているともいえよう。地銀は再編というよりも、いろいろな提携、連合で地域と地域を結び、相互協力で企業や産業を発達させていくことをいかに推進することができるかといわれている。 リスクマネーを供給することや、企業経営により近いところでの活躍が金融機関に求められていることであろう。以下のような金融機関を今回はピックアップしたが、全地方金融機関にこれらの期待が寄せられている。

 

【地方銀行バスケットのパフォーマンス】 

2015年3月23日のパフォーマンスになります。設定日(2014年11月7日)に100万円をこれらの銘柄に投資した場合のパフォーマンス(いくらになったか)を表示しています。

銘柄コード 銘柄名 2015/3/23 2014/12/30 2014/11/7
8334 (株)群馬銀行 118.35 109.94 100.00
8333 (株)常陽銀行 107.58 101.01 100.00
8341 (株)七十七銀行 111.06 100.63 100.00
8359 (株)八十二銀行 127.90 111.44 100.00
8418 (株)山口FG 127.41 113.39 100.00
平均値   118.70 107.49 100.00

八十二銀行と山口ファイナンシャルグループがリードしています。4か月あまりで18.70%のリターンとかなり好調です。

 

 

【投資開始からのパフォーマンスの推移】 

すべての銘柄を2014年11月7日(設定日)における株価を100としてインデクス化しています。赤の点線が平均すなわち地銀統合インデクスになります。

100万円を地銀インデクスに投資していたら今いくらになっているか、を確認します。

RegionalBankIndex20150323 

 (2015年3月20日現在のパフォーマンスチャート)

八十二銀行と山口ファイナンシャルグループがほぼ全期間にわたってリードしています。

  

 

銀行業界の主要企業

2014年10月31日の時価総額ランキングでベスト20は以下のようになっている。

【主要銀行リスト】

No. コード 会社名 市場 業種
1 8306 三菱UFJフィナンシャル・グループ 東証一部 都市銀行
2 8316 三井住友フィナンシャルグループ 東証一部 都市銀行
3 8411 みずほフィナンシャルグループ 東証一部 都市銀行
4 8309 三井住友トラスト・ホールディングス 東証一部 信託銀行
5 8308 りそなホールディングス 東証一部 都市銀行
6 8332 横浜銀行 東証一部 地方銀行
7 8355 静岡銀行 東証一部 地方銀行
8 8304 あおぞら銀行 東証一部 銀行
9 8331 千葉銀行 東証一部 地方銀行
10 8303 新生銀行 東証一部 銀行
11 8358 スルガ銀行 東証一部 地方銀行
12 8410 セブン銀行 東証一部 銀行
13 8354 ふくおかフィナンシャルグループ 東証一部 地方銀行
14 8333 常陽銀行 東証一部 地方銀行
15 8385 伊予銀行 東証一部 地方銀行
16 8369 京都銀行 東証一部 地方銀行
17 8379 広島銀行 東証一部 地方銀行
18 8359 八十二銀行 東証一部 地方銀行
19 8382 中国銀行 東証一部 地方銀行
20 8334 群馬銀行 東証一部 地方銀行

主要大企業金融機関は別途バスケットを検討するが、 証券、保険等と統合したバスケットも予定しています。

イオン銀行、セブン銀行、じぶん銀行等の特色のある銀行も検討中である。(ITや他業種のパワーを活用する銀行との定義で”Fintech活用チーム”バスケットを検討中)

 

 

 

 

バスケットの種類

業種バスケット(地方銀行)

 

 

設定日

2014年11月7日

 

 

銘柄構成

バスケットは主要な地方銀行5銘柄で構成されています。

バスケットの構成銘柄

銘柄コード 銘柄名
8334 (株)群馬銀行
8333 (株)常陽銀行
8341 (株)七十七銀行
8359 (株)八十二銀行
8418 (株)山口フィナンシャルグループ

金額は均等に20万円前後で各銘柄に投資し、インデクスを作成しています。

公表されるインデクスは設定日に100万円投資した場合に、今幾らかを表しています。

会社概要(2014年度の決算から抜粋)

  • (株)群馬銀行 : 総資産7兆1,150億円/預金5兆9,852億円/貸出金4兆5,822億円/従業員3,342人/格付投資情報センター A+ 日本格付研究所 AA ムーディーズ A2 
  • (株)常陽銀行 : 総資産 8兆8,112億円/預金 7兆5,675億円/貸出金 5兆5,262億円/従業員数 3,738人/格付投資情報センター AA- ムーディーズ A2
  • (株)七十七銀行 : 総資産 8兆1,478億円/預金 7兆4,913億円/貸出金 4兆609億円/従業員数 2,873人/格付投資情報センター A+ 日本格付研究所 AA スタンダード&プアーズ A
  • (株)八十二銀行 : 総資産 7兆5,343億円 /預金 6兆13億円/ 貸出金 4兆4,424億円/ 従業員数 3,223人 /格付投資情報センター A+ スタンダード&プアーズ(S&P) A 
  • (株)山口フィナンシャルグループ : 総資産9兆6,350億円/預金 8兆8,033億円// 貸出金 6兆26億円/従業員数 1,696人/株)格付投資情報センター A

 (株)山口フィナンシャルグループは山口銀行、もみじ銀行、北九州銀行の3つの銀行を傘下にもつ。

 

 

 

パフォーマンス

最終更新日 2015/03/23

 

 【パフォーマンス】 設定日を100として現在の株価をインデクス化しています。

銘柄コード 銘柄名 2015/3/23 2014/12/30 2014/11/7
8334 (株)群馬銀行 118.35 109.94 100.00
8333 (株)常陽銀行 107.58 101.01 100.00
8341 (株)七十七銀行 111.06 100.63 100.00
8359 (株)八十二銀行 127.90 111.44 100.00
8418 (株)山口FG 127.41 113.39 100.00
平均値   118.70 107.49 100.00

 

インデクスは106.70で2014年11月7日から18.70%の上昇。100万円の投資でこの短期間で18.7万円の上昇となっている。

地方創生、地銀再編に期待を投資家が持っており、株価は堅調に推移している。

八十二、山口FGがトップで全体をけん引している。

 

 

【地方銀行バスケット構成銘柄のパフォーマンス】

RegionalBankIndex20150323

 (図は2015年3月23日まで) 

ややばらつきがあるものの、1月の終わりから上昇局面に入っている。

八十二銀行、山口ファイナンシャルグループがリーダーで、出遅れ感のある常陽銀行、七十七銀行と開きがでてきている。

 

 

レビュー

2014年11月5日 : 各銘柄10月はかなりの下落率となったが、10月後半は反発し、追加緩和もあり、大きく反発しているバスケットの一つとなっている。横浜銀行の東日本銀行との攻めの連携の動きで地銀界の再編の時代の幕が開けられた。

 

関連するシムラ―

このバスケットを買うシムラ―が記載されていきます。

 

 

▲TOPに戻る