最新

【家電】VAIO Zは高級感あふれるプレゼンツールだ!タッチパネルでこの値段は魅力

VAIOが力強く帰ってきた。VAIO株式会社になって昔のVAIOユーザーたちはどう変わるのか?あるいは変わらないのか?を楽しみにしていた。

そこにVAIO Zがこの2月に登場した。

VAIO® Fit 15E、VAIO® Pro 11/13につぐ3作目である。

このデザイン性(アルミ&カーボン)、このCPUスペックで、タッチパネル、解像度、バッテリーの持ちだったら、少し前だったら楽に30万円を超えていたであろう。

 

”モンスター級”とVAIOが呼ぶそのスペックもさることながら、

そのラップトップを全面に意識させながら、さりげなくタブレットを使わせる感じが良い。

 

仕事が80%の遊びが20%という感じの配分で使いたいビジネスアイテムだ。

バッテリー持続時間が(JEITA2.0ベース)15.2 – 15.5時間というのも凄い!

いつもながらの高級感、ラップトップ→タブレットの変身のかっこよさ、このサイズにしてこの軽さ。

VAIOZ2

 

【VAIOZのZの形を経由してタッチパッドに変身】

これが10万円台ならば即買いなのだが。。。残念ながらやや20万円を上回ってしまう。

下記に示した参考モデルで直販で218,740円(税別)となっている。

”高給”ビジネスユーザーにはかなりのお買い得だ。

 

 

マイクロソフトのSurfacePro3もタブレットにキーボードがアッタッチできラップトップ感覚で使用できるが、タブレットの方がなんとなく目立ってしまう。

ラップトップ<タブレットなのである。タブレットで読書、映画なんてときはSurfaceは軽くて、やや小さめなので非常に良い。

しっかりタイピングを机に向かってする人には、ラップトップ>タブレットである方が良い。

 

 VAIOZ3

 

【しっかりラップトップでもタブレットとしても◎】

 

 

タブレットとしてデザインや絵を描く方にもこのVaio Zを2月中に発売になる Cintiq Companion 2 (256GB SSD) とぜひ比較してほしい。

クリエイティブワークはデスクトップで行い、外出先でのデモにVAIO Zという組み合わせもありだと思う。

CINTIQ

【Cintiq Companion 2】 ¥ 289,440(税込) (2月中に発売)

 

 

【お知らせ】気になるニュースをお届けしますシミュライズ《無料》
日常生活から、就職、婚活、買物、教育など人生のさまざまなライフイベントについて
周りに溢れるお金の情報を整理しお届けいたします。

 

もちろんMacユーザーの方も気になる存在になるであろう。MacbookProをお考えの方のために比較表を簡単に作成してみた。

左がVAIOZ、右がMacbookPro13インチRetinaディスプレーモデルだ。

 

最下部にある価格は4万円以上の差がついているが、(MacbookProのほうが安い)

  • タッチパネル有無
  • 電源の持ち
  • カメラ×2
  • TDP* 28Wの第5世代インテル® Core™ プロセッサー
  • 第二世代 ハイスピードSSD :PCIe対応のハイスピードSSDと比較しても、約1.5倍とアップ
  • 重量

等を考慮すると、4万円の差もかなり忘れられそうだ。

完全にMacユーザーであれば、VAIO自体候補にならないかもしれないが、Windowsも使われる方はぜひ検討するに値するアイテムだ。

 

【MacbookProとVaioZ比較】

モデル VJZ13A1 13インチRetinaディスプレイモデル
OS Windows 8.1 Pro Update 64ビット OS X Yosemite
プロセッサー*1 Core i5-5257U 2.70 GHz (最大3.10 GHz)
TDP 28W
Core i5プロセッサ(2.8GHz)
メモリー*2 8 GB(オンボード) 8 GB(オンボード)
ディスプレイ 13.3型ワイド(2560×1440) 13型(2,560 x 1,600)(Retina)
タッチパネル 搭載 (静電式) なし
グラフィックアクセラレーター インテル Iris(TM) グラフィックス 6100 Intel Iris Graphics
ストレージ*3 256GB (PCI Express x 4 (第二世代 ハイスピードSSD)) 512GB PCIeベース
主な外部接続端子    
USB端子 USB3.0×2 USB3.0×3
ネットワーク(LAN)
HDMI端子 出力 x1 出力 x2
ヘッドホン出力 ステレオ、ミニ端子 x 1 (ヘッドセット対応)   ヘッドフォンポート
無線LAN*5 *6 *7 *8 *9 IEEE 802.11a/b/g/n/ac IEEE 802.11a/b/g/nに対応
Bluetooth機能 Bluetooth(R) 4.0 準拠 Bluetooth(R) 4.0  準拠
セキュリティーチップ(TPM) 搭載(TCG Ver2.0準拠) なし
カメラ (フロント)”Exmor R for PC” CMOS センサー搭載HDウェブカメラ(92 万画素) 720p FaceTime HDカメラ
  (リア)”Exmor RS for PC” CMOS センサー搭載8Mカメラ(799 万画素)  
主な付属品 デジタイザースタイラス(ペン)、ACアダプター  
  (選択内容に応じて付属 : 液晶保護シート、VGAアダプター、ワイヤレスルーター)  
駆動時間 *12 *13 (JEITA2.0)15.2 – 15.5時間 最大9時間のワイヤレスインターネット閲覧
  (JEITA1.0)19.3 – 20.2時間 最大9時間のiTunesムービー再生
外形寸法 *14 幅324.2 mm x 高さ15.0-16.8 mm x 奥行215.3 mm 幅314 mm X 高さ180 mm X 奥行き219mm
質量 *15 約1.34kg (バッテリー込み) 1.57kg
金額 218,740円 175,800円

 

パナソニックのレッツノートRZ(10.1型 世界最軽量、約745g、2 in 1モバイル)もかなりの魅力だったが、画面サイズ、解像度の高さの欲しいユーザーは、この金額だとVAIO Zを選ぶかもしれない。今後のVAIO株式会社のさらなるサプライズに期待したい。

 

 

番外編:十分に値段が下がったら、Duo13も魅力的だ。

 

ソニー SVD13219CJB VAIO Duo13 ブラック

 

PC記事

【家電】バリバリ働く人々の理想のラップトップPC 2014秋冬は何か? レッツノートRZかYOGA3PROか?

 

最新オリジナルニュースやジャンル別の記事については、ホームへ どうぞ。

 

▲TOPに戻る