最新

【支出】慶応vs早稲田ガールズ&ボーイズ 教育費(純粋学費)対決 憧れのキャンパスへのコストとは!?

そろそろ入学・卒業のシーズンがやってきますね。日本の名門大学は数多くありますが、なかでもこの2つの大学は常に良きライバルですね。日本をけん引する数多くのリーダーを輩出しています。

今日はそんな卒業生の方々はどれくらい親に負担をしてもらっているのか?

また親としてどれだけの教育費を覚悟しなければいけないのか? についての早慶戦です。

 

 

小学校


 小学校の学費はかなり高額になっています。面倒を見るのに手間がかかる、より多くの教員が指導にあたらなければならない、安全な設備を用意しないといけない、理由は数ありますが、

 

この2つの名門はどちらに軍配があがるのか?

 

  • 慶應義塾幼稚舎
項目 単年度 年数 全学年
入学金 340,000 340,000
授業料 940,000 6 5,640,000
施設設備費 130,000 6 780,000
教材費 16,480 6 98,880
文化費 20,000 6 120,000
給食費 90,000 6 540,000
合計 1,536,480 7,518,880

 

  • 早稲田実業学校初等部
項目 単年度 年数 全学年
入学金 350,000 350,000
授業料 708,000 4,104,000
施設設備費 300,000 6 1,800,000
教材費
父母の会入会金 2,000 2,000
父母の会 12,000 6 72,000
合計 1,372,000 6,328,000

 

小学校の部では

慶応7,518,880円 VS 早稲田6,328,000円 

早稲田の勝ち!

 

 

中学校


さて少しずつ手間もかからなくなるけども、やや反抗期もあったりする中学生。いろいろと友人付き合いも始まって、素敵な学園生活が始まっているはず!! 

  •  慶應義塾中等部
項目 単年度 年数 全学年
入学金 340,000 340000
授業料 860,000 3 2,580,000
施設設備費 130,000 3 390,000
教材費 13,390 3 40,170
文化費 15,000 3 45,000
給食費  -
合計 1,358,390 3,395,170

 

  •  早稲田実業中等部
項目 単年度 年数 全学年
入学金 420,000 420,000
授業料 444,000 3 1,332,000
施設設備費 192,000 3 576,000
教育充実費 16,800 3 50,400
生徒会費 9,600 3 28,800
父母の会 14,000 3 38,000
合計 1,096,400 2,445,200

 

中学校では

慶応中等部 3,395,170円

VS

早稲田実業中等部 2,445,200円

早稲田の2連勝!!

 

 

高等学校


すっかり大人っぽくなって、部活に勉強にそして恋に励む高校生。大学進学が楽にできれば高校時代は本当に楽しいものですよね! 

 

  • 慶応義塾高等学校
項目 単年度 年数 全学年
入学金 340,000 340,000
授業料 740,000 3 2,220,000
施設設備費 130,000 3 390,000
教材費 4,120 3 12,360
文化費 21,000 3 63,000
給食費
合計 1,235,120 3,025,360
    • 早稲田実業高校
    項目 単年度 年数 全学年
    入学金 420,000 420,000
    授業料 444,000 3 1,332,000
    施設設備費 192,000 3 576,000
    諸会費 40,400 3 121,200
    文化費
    給食費
    合計 1,096,400 2,449,200

     

    高校では

    慶応義塾高校 3,025,360

    VS

    早稲田実業高校 2,449,200

    早稲田の3連勝!!

     

     

    大学


    そしてとうとうほんとうの慶応ボーイズ&ガールズに、早稲田ボーイズ&ガールズに、早慶戦で、慶早戦で盛り上がる4年間。 

     

    • 今回は慶応大学経済学部
    項目 単年度 年数 全学年
    入学金 200,000 200000
    在籍基本料 60000 4 240000
    授業料 820000 4 3280000
    施設設備費 190000 4 760000
    実験実習費
    その他 8350 4 33400
    給食費
    合計 1,278,350 4,513,400

     

    • 今回は早稲田大学政治経済学部
    項目 単年度 年数 全学年
    入学金 200,000 200,000
    図書費 500 4 2,000
    授業料 803,000 3,243,000
    施設設備費 180,000 4 720,000
    実験実習費 54,500 61,500
    グローバル教育費 70,000 4 282,000
    諸会費 4,500 4 18,000
    合計 1,312,500 4,526,500

     

    大学では

    慶応大学 4,513,400

    VS

    早稲田大学 4,526,500

    ここで慶応の1勝!!

     

    総合計


     結論として、慶応 VS 早稲田は 1勝3敗で早稲田が勝利した。全部の合計の数字を見てみると以下のようになった。両者とも15百万円以上の学費がかかることが判明し、

    これにさらに食費、仕送り、お小遣い等考えるとこの2倍はかかると思われる。

     

    • 慶応のまとめ
    小学校 7,518,880
    中学校 3,395,170
    高等学校 3,025,360
    大学 4,513,400
    合計 18,452,810

     

    • 早稲田のまとめ
    小学校 6,328,000
    中学校 2,445,200
    高等学校 2,449,200
    大学 4,526,500
    合計 15,748,900

     

    卒業生のみなさま、最新の数字を使い、計算、まとめをしておりますが、寄付金や、その他の費用等で微妙に数時は違ってきます。

    あくまでも参考の数字としてご活用いただければと思います。

     

    また仮に勝敗を付けていますが、学費の高い方が、教育の質が高い、施設が良いと考えれば反対の勝敗になっています。

     

    教育費については以下の記事もぜひ

     

     【支出】もしあなたのお子さんが私立→私立→私立→私立と進んだ場合の恐怖 教育費

    【支出】あなたの娘が医学部へ行って女医になると言い出した!(続き)-人生キャッシュフローの違いを確認してみよう

     

     

     

     

     

     

     

    ▲TOPに戻る