最新

【支出】世界一高いチョコレートっていくら? ライバルに差をつける世界の逸品を探せ!

バレンタインのチョコレート。手作りで行きたいところですが、時間がないので、手間をかけずに金かける方にお知らせです。

 

あちこちのメディアで紹介されている世界一高いチョコレートと

毎年開催されているインターナショナルチョコレートアワード(2014年はニューヨークで開催)金賞の2社(2名)

を紹介します。

 

3つめは国内かつオンラインショップもありますので、活用できそうです。編集部ではこれを契機にスイーツ探検を開始します。

 

 

世界一高級 Knipschildt Chocolatier


米国で1999年創業のコネチカット州にあるKnipschildt Chocolatierで作られるトリュフが1パウンドあたりの価格で最高と思われます。

コネチカット州は東海岸ではお金持ちの住むリッチな州であり、こんなお店があるのが理解できます。

このKnipschildt Chocolatierは世界のトップ3と米国グルメマガジンで評価されています。

 

朝7時から夜中までオープンの欧風カフェを営業しており、コーヒーや紅茶を楽しむことができます。(結構朝早い!)

創業者であるFritz Knipschildtさんはデンマークでシェフとして修業した経験もあるパティシエです。

 

yhst-137752382957113_2305_6464528

 

 

上記の写真がなんと250ドルのチョコ―レートトリュフです。

中には黒いフレンチトリュフが入っており、カカオのパウダーが外にまぶしてあります。

 

ヴェローナカカオ(70%)を使い、トリュフオイルの入ったクリーミーなガナッシュに溶け込んでいます。

完全予約制なので購入の際には事前に連絡が必要です。

 

これが1パウンド(0.453㎏)に直すと2600ドルとなる。⇒ おそらくこれが世界一の値段になると思われます。

 

 

yhst-137752382957113_2305_7898903

普通のギフトボックスもあります。写真は50ドル

 

 

 

インターナショナルチョコレートアワード金賞受賞(2014) chocolopolis


年1回行われるインターナショナルチョコレートアワードで2014年Unflavoured dark ganaches and truffles部門で金賞に選ばれたのがchocolopolisである。

chocolopolisは米国のワシントン州シアトルのチョコレート専門店で、20ヵ国の200以上のチョコレートが比較して味わえます。

 

Elbow Valentine's Asst

Christopher Elbow 18 Piece Painted Hearts Collection 52ドル

 

Large Velvet Heart 2

 

Deluxe Red Velvet Heart Truffle Box 59.99ドル

Premium Truffle Box Xmas 2014 (1)

Chocolopolis Premium Assorted Truffle Box 44.99ドル

オンラインショップもあるのですが、日本への取り寄せはかなり難しいかもしれません。

 

 

日本人でインターナショナルチョコレートアワード金賞受賞(2014) パティシエエスコヤマ


日本の代表的なパティシエの一人小山進。京都の洋菓子職人の家に生まれ、調理学校を経て、スイス菓子ハイジに入社。カフェのフロアスタッフから実績が認められ、パティシエになる。国内外で数々の賞を受賞し、メディアへの出演も多数。多くの店やをプロデュースしている。

10月 ニューヨークで行われた「インターナショナル・チョコレート・アワーズ2014 アメリカ大会」にて、 大会史上最多となる8部門で1位(金賞)、8部門で2位(銀賞)、3部門で3位(銅賞)を受賞。

 

そんなエスコヤマの最新作は

016_main

SUSUMU KOYAMA’S CHOCOLOGY 2014

C.C.Cコンクールで最高位「ゴールドタブレット」

1箱(4個入り)1,400円

 

またインターナショナルチョコレートアワードの銀賞受賞作

021_main

KYOTO MATCHA&MIBUNA(抹茶と壬生菜)

1,950円

グリーンの色彩が美しいタブレットチョコレート。イメージしたのは、京都・宇の抹茶と、京野菜である壬生菜の漬物の“お茶漬け”だそうです。 

 

不確かな未来を明るく照らす

シミュライズはあなたに必要な事を提供する情報ステーションです。

btnGoLP

 

▲TOPに戻る