最新

【収入】中小企業の業種別生涯給与-上位業種は教育・学習支援業、電気・ガス、情報通信、金融保険など

シミュライズではこれまで、公表された平均給与データなどから年齢毎の給与カーブを推計し、上場企業の企業毎の生涯給与の推計を行ったり、職種別の給与ランキングなどをお伝えしたりしてきました。

今回は、中小企業の業種別生涯給与をみてみたいと思います。

 

SONY DSC

 

なお、上場企業の生涯給与などについては、ぜひこちらをご覧ください。
上場企業生涯給与ランキング2014年

職種別給与ランキング

 

ここでは、全国の事業所を調査している厚生労働省の平成25年賃金構造基本統計調査のデータを利用し、中企業(従業員数100人以上1,000人未満)、小企業(従業員数10人以上100人未満)について、業種毎に、各年齢の推計給与、および、毎年の給与を23歳から60歳までもらい続けたとする生涯給与についての推計をしています。なおここでは、上場企業の場合を同様に、バラつきの大きい退職金は生涯給与に含みません。

 

それでは、さっそく中小企業の推計生涯給与みてみましょう。

 

【中企業(従業員100~999人)の業種別 生涯給与】

業種 中企業の
生涯給与
(億円)
中企業の
30歳給与
(万円)
中企業の
35歳給与
(万円)
中企業の
40歳給与
(万円)
教育・学習支援業 2.34 426 519 617
電気・ガス・水道 2.29 450 542 629
情報通信業 2.27 472 564 630
金融・保険業 2.23 453 546 609
学術研究・専門技術 2.18 449 523 598
不動産業 2.07 427 494 561
建設業 1.97 419 470 522
卸売・小売業 1.76 377 430 487
製造業 1.71 388 432 474
医療・福祉 1.64 374 410 438
複合サービス事業 1.63 353 396 442
運輸業 1.55 373 406 438
生活関連・娯楽業 1.42 335 382 409
飲食店・宿泊業 1.32 308 348 377

 (注1) 生涯給与、年齢毎の給与は厚生労働省による平成25年賃金構造基本統計調査等をもちいたシミュライズ推計値
 (注2) 業種は同調査に用いられている日本標準産業分類による。ただし人数の少ない鉱業・採石業、および他に分類されないサービス業は除く

 

中企業のトップ3業種は、教育・学習支援業、電気・ガス・水道、情報通信業となっています。一方、最下位業種は、飲食店・宿泊業で、上位とは約1億円の生涯給与の開きがあります。

 

 

 

 【小企業(従業員10~99人)の業種別 生涯給与】

業種 小企業の
生涯給与
(億円)
小企業の
30歳給与
(万円)
企業の
35歳給与
(万円)
企業の
40歳給与
(万円)
教育・学習支援業 1.66 345 386 433
電気・ガス・水道 1.82 391 441 494
情報通信業 1.91 371 444 512
金融・保険業 2.13 434 539 619
学術研究・専門技術 1.88 390 471 515
不動産業 1.66 361 416 462
建設業 1.54 356 400 429
卸売・小売業 1.53 332 379 433
製造業 1.43 333 368 399
医療・福祉 1.38 328 357 378
複合サービス事業 1.53 334 368 406
運輸業 1.38 358 375 379
生活関連・娯楽業 1.32 311 353 382
飲食店・宿泊業 1.17 288 319 334

(注1) 生涯給与、年齢毎の給与は厚生労働省による平成25年賃金構造基本統計調査等をもちいたシミュライズ推計値
(注2) 業種の表示順序は中企業のランキング順としています

 

小企業のトップ3業種は、金融・保険業、情報通信業、学術研究・専門技術となっており、電気・ガス・水道、教育・学習支援業が続きます。最下位業種は中企業と同じで飲食店・宿泊業。 やはり上位とは約1億円の生涯給与の開きがあります。

 

中企業と小企業の差をみると、 教育・学習支援業、電気・ガス・水道、不動産業などは同じ業種でも生涯給与で4,000万円~7,000万円程度の金額の開きがあります。 一方で、金融・保険業、生活関連・娯楽業などはほとんど差がない状況です。

 

つづいて、中企業の生涯給与トップの教育・学習支援業と最下位の飲食・宿泊業について、年齢毎の推計給与カーブをみてみましょう。

 

【教育・学習支援業と飲食・宿泊業の給与カーブ】

 Chusho Kyuyo Curve 201502

(注1) 給与は厚生労働省による平成25年賃金構造基本統計調査等によりシミュライズ推計の年間値
(注2) グラフ中の数値はピーク時の年収

 

給与の伸びも大きく生涯給与水準も高い教育・学習支援業では、中企業、小企業いずれにおいても50歳代後半まで給与が伸び続けています。 このことが、全体として給与の伸びが小さくカーブがフラットの飲食・宿泊業との大きな差となっています。 教育・学習支援業では年収のピークが50歳代後半、一方、飲食・宿泊業では40~50歳代前半にきています。

 

また、給与水準の高い教育・学習支援業では、中企業と小企業でかなりの開きがあるり、ピーク時の年収で250万円程度となります。 一方、飲食・宿泊業ではピーク時の年収の差も50万円程度と差が小さく、中小企業間での違いもほとんどみられません。

 

シミュライズでは、ライフプランシミュレーター「シミュライズ・コア」を用いた中小企業の人物像の分析についても今後進め、皆様にお伝えしていきます。

 

 

不確かな未来を明るく照らす

シミュライズはあなたに必要な事を提供する情報ステーションです。

btnGoLP

 

 

<ご注意>
当サイトにおけるコンテンツ情報は、各種情報元より取得したデータの集計・加工等を行い掲載しており、推計値や推測等も多く含んでいます。あくまで参考としてのご利用にとどめてくださいますようお願いします。また重要な判断の際には、必ずご自身で情報元をご確認ください。情報に関しましては精査をしておりますが、当社は、その正確性や最新性について保証しません。当社が提供するコンテンツ情報に関連して利用者に発生したいかなる損害について、当社は一切の責任を負わないものとします。

 

 

▲TOPに戻る