最新

【運用】FX:シカゴ投機筋のポジション動向(1/6時点)-ユーロ、英ポンドなどさらにショート増大。ユーロ1.17台、英ポンド1.50台をつける。

全米先物取引委員会(CFTC)により週末公表の、シカゴ通貨先物市場における1/6時点の投機筋ポジション動向

 

米雇用統計前のポジション調整か、円のネットショートは若干減少。 週末発表の米国雇用統計は強弱入り混じる結果。 円金利も史上最低水準で円安バイアスは続くが、不安定な原油相場もやや気がかりなところです。 その他の主要通貨の対米ドルショートポジションは増大。  債務問題の懸念も広がるユーロは売られ、EUR/USD為替レートは一時1.17台をつけています。 英ポンドも下げが加速し、GBP/USD為替レートが1.50台へ。

 

今年に入ってからの主要通貨の投機筋ネットポジション(対ドル)の動きをグラフ化しています。
CME_Position150109
(注1)CFTC公表データをもとにシミュライズまとめ

 

このたびNY時間に公表されているポジションは、先週火曜日時点(1/6)のものであることをご注意の上、ご覧ください。

 

関連記事 →【運用】FX取引の際にはチェックしておこう、シカゴ投機筋のポジション動向

 

 

 

 

現状のネットポジション、過去1週間の変化、1ヶ月の変化をまとめています。

 
 各通貨(対ドル)の投機筋ネットポジション(枚)

 

通貨 2015/1/6
ネットポジション
1週間変化 1ヶ月変化
JPY -90,083 6,236 14,053
EUR -161,040 -8,821 -24,128
GBP -25,570 -6,268 -1,968
AUD -48,652 -7,955 -3,639
NZD -907 939 1,388
CHF -24,171 -7,626 -2,074
CAD -17,087 -3,054 -2,725

         

一週間の主な動き: 

  • 円のネットショートは若干減少。 年末年始を通過したのち、米雇用時計前のポジション調整的な動きだったか。USD/JPY為替レートも118円~120円程度で揉み合いが継続。 週末発表の米国雇用統計では、非農業部門の雇用者数の伸びは25万人超と強かったものの、1時間あたりの賃金は減少し、強弱入り混じる結果。円の10年物長期金利は0.3%を切る史上最低水準で推移し円安バイアスは続くが、まだ不安定な原油価格の動向も気になるところです。
    (下記、USD/JPYネットポジションと為替レートの推移をご参照ください。 ) 
  • ユーロはさらにネットショートが増加、徐々にこれまでの最大水準に近づく。 欧州にて債務問題の懸念が再び広がり、EUR/USD為替レート下落がつづく。 週末にかけて一時1.17台半ばをつけています。
    (下記、EUR/USDネットポジションと為替レートの推移をご参照ください。 )
  • 英ポンドもさらにショートが増大。 GBP/USD為替レートも下げが加速し、一時 1.50台をつけています。
  • 豪ドル、カナダドル、スイスフランもネットショート増加。 
    (下記、GBP/USDおよびAUD/USDネットポジションと為替レートの推移をご参照ください。 )

 

【円、ユーロ、豪ドル、英ポンドの対米ドルネットポジションと為替レート推移(2012年1月~)】
CME_JPYPosition150109
CME_EURPosition150109

 CME_GBPPosition150109

CME_AUDPosition150109

   (注)CFTC公表データをもとにシミュライズまとめ

 

シミュライズのFX分析ツールも是非あわせてご活用ください。

btnSimulize_Exchange

クリックしてシミュライズ

 

活用方法については、以下記事等をご参考にしてくだくさい。
【運用】FX取引のアイデア実験室 トレンドと取引タイミング シミュライズFX

 

外貨預金、FXのタイミングを図る活用例です。

【運用】120円台に行きそうなドル円。外貨預金は作るタイミングが重要です。いつが良いのか教えて? 

 

 

▲TOPに戻る