最新

【支出】サントリーの高級ウイスキーが値上げです。ウイスキー党のあなたへのコストインパクトは?

近年、ハイボール人気が高まっており、ウイスキーを楽しんでいる方も増えていると思います。 
シミュライズではこれまで値上げが公表されてきたアイスクリーム、コーヒー、麺類、冷凍食品などの商品についてお伝えしてきましたが、ついにウイスキーも値上げです。 昨日(12/15)、国内最大手のサントリーが来春からの高級ウイスキーの大幅な値上げを発表しました。 

 

SW189_L

 

サントリー酒類(株)の発表によると、国産ウイスキーおよび輸入ウイスキーの一部、6ブランド (計39品目)が、2015年4月1日より、20%程度とかなり大幅な値上げとなります。
対象ブランドは、国産ウイスキーの「響」「山崎」「白州」、および輸入の「ザ・マッカラン」「ラフロイグ」「バルヴェニー」 です。

 

サントリーは価格改定の理由として、国産ウイスキーについて輸入原材料の価格が引続き上昇を続けており、経営合理化などの企業努力のみで吸収できなくなったため。輸入ウイスキーについても積出港における価格上昇のためとしています。

 

主な対象商品は下記になります。

商品 内容量 旧価格 新価格 改定率
ウイスキー響17年 700ml 10,000 12,000 20.0%
ウイスキー響12年 700ml 5,000 6,000 20.0%
シングルモルトウイスキー
山崎12年
700ml 7,000 8,500 21.4%
シングルモルトウイスキー
山崎
700ml 3,500 4,200 20.0%
シングルモルトウイスキー
白州12年
700ml 7,000 8,500 21.4%
シングルモルトウイスキー
白州
700ml 3,500 4,200 20.0%
ザ・マッカラン12年 700ml 5,000 6,000 20.0%
ザ・マッカランファインオーク10年 700ml 4,000 5,000 25.0%
ラフロイグ10年 750ml 4,600 5,600 21.7%
バルヴェニー12年 700ml 4,600 5,500 19.6%

(注)価格は希望小売価格(税別、円)

 

 

なお、サントリーのウイスキー販売数量全体の約9割を占める 「角瓶」「トリス〈エクストラ〉」など、価格帯のやや低い商品については現行価格を据え置くようです。

 

 

下記関連記事もどうぞご覧ください。

【支出】アイスクリーム&冷凍食品 凍ったものたちが値上げです。特に子供のいる消費者の食費を直撃!

【支出】 明星食品も来年から値上げ。あのチャルメラや一平ちゃんが。。これでラーメン各社値上げ足並みそろう・・・

【支出】吉野家、松屋、すき家、3社の牛丼、価格推移-吉野家、値上げで松屋に並ぶ

 

 

 

 

ウイスキーの国内消費量の推移


ここで、ウイスキーおよび他の主要な酒類(ビール類をのぞく)の国内における年間消費量の推移を見てみたいと思います。

 

 Whiskey Consumption_r

 (注1)国税庁資料 平成26年3月付 資料よりシミュライズ作成

 

長年減少傾向にあったウイスキーの消費は、2008年を底として、近年緩やかな増加を見せ始めています。 今回は、販売量が多い価格帯の商品については価格据え置きとなりましたが、今後、他社の動向、および、それが国内ウイスキー消費全体に及ぼす影響が気になります。 

 

参考に他の酒類をみてみると、

  • 80年代よりのブームでずっと増加してきた焼酎は、2000年代半ばに頭打ちで、近年やや減少
  • ワインは、1990年代後半のブームで盛り上がったあと一旦落ち着くが、近年また勢いよく増加
  • 日本酒は1990年代に入って以降、減少傾向が継続

という様子がみてとれます。

 

 

ウイスキー値上げのインパクトは?


今回のウイスキーの値上げが、ウイスキー党の個人のコスト負担としてどのくらいのインパクトがあるのか、前提をおいてみてみましょう。

 

サントリーシングルモルトウイスキー山崎12年を週に3回、下記のようにダブルで2杯~シングル2杯飲むとして、新旧価格による年間のコストを試算してみます。

1回に飲む量 旧価格 新価格 差額
ダブルで2杯 120ml 172,800 209,829 37,029
ダブルで1杯、シングルで1杯 90ml 129,600 157,371 27,771
シングルングルで2杯 60ml 86,400 104,914 18,514

(注1)単位:円
(注2)1本あたり、税込で希望小売価格の金額で購入するとする 

 

値上げの前後で年間コストとして2万円弱~4万円弱の差額があることが分かります。

このままの価格が続くと想定すると、30年間では、飲酒量にもよりますが55万~111万程度の差とかなりのインパクトであることがわかります。

 

少し価格の低いサントリーシングルモルトウイスキー山崎の場合は下記のようになります。
それでも30年間の想定では、26万~51万円程度の差額になります。

1回に飲む量 旧価格 新価格 差額
ダブルで2杯 120ml 86,400 103,680 17,280
ダブルで1杯、シングルで1杯 90ml 64,800 77,760 12,960
シングルングルで2杯 60ml 43,200 51,840 8,640

(注1)単位:円
(注2)1本あたり、税込で希望小売価格の金額で購入するとする

ウイスキー好きにはやや苦しいところですが、今後の他社の動向を見守りましょう。

 

ビールに関する関連記事はこちらへどうぞ。

【支出】【趣味】晩酌ビール、一生分の総費用を試算。ビール党のあなた、いくら税金払うことになるか知っていますか?

 

 

▲TOPに戻る