最新

【運用】GPIFの26年度第2四半期運用収益率は2.87%のプラス 国内債券割合は50%を割る

年金積立金管理運用独立行政法人が25日に26年度第2四半期の運用成績の発表を行った。(7-9月)

  • 収益率がプラス2.87%
  • 収益額は3兆6223億円

これにより

  • 運用遺産額は130兆8846億円
  • 運用開始から累積41兆2860億円の利益額となった。

国内株式・外国株式・外国債券が5%以上の期間利益率となった。

同じ時期の市場条件を見てみよう。

  • 日経225インデクス 15,162.10 ⇒ 16,173.52 (6.76%上昇)
  • ダウジョーンズ工業指数 16826.60 ⇒ 17042.90 (1.26%上昇)
  • 為替レート ドル円 101.3 ⇒ 109.45 (8.15円安)
  • 10年国債利回り 0.564% ⇒ 0.522%(0.042%低下) 
  • 10年米国債利回り2.53% ⇒ 2.52%(0.01%低下)

株式は日米とも好調、長期金利は大きく動かず、ドル円が8円以上の円安進行が見れれた。

 

GPIFPIC

 

過去の運用推移


 

GPIF20141125

23年度から25年度までは連続でプラスのリターンをキープしており、26年度もこれまで4.67%と好調なパフォーマンスを記録している。

これもアベノミクスの大きな恩恵であろう。

 

 

【運用実績推移】

年度 収益額(億円) 収益率
13年度 -5,874 -1.80%
14年度 -24,530 -5.36%
15年度 48,916 8.40%
16年度 26,127 3.39%
17年度 89,619 9.88%
18年度 39,445 3.70%
19年度 -55,178 -4.59%
20年度 -93,481 -7.57%
21年度 91,850 7.91%
22年度 -2,999 -0.25%
23年度 26,092 2.32%
24年度 112,222 10.23%
25年度 102,207 8.64%
26年度(第1~2四半期) 58,445 4.67%
独法成立後
(18~26年度第2四半期)
278,603 2.78%
自主運用開始後
(13~26年度第2四半期)
412,860 2.76%

 

 

 

ポートフォリオの変化


 

25年末から26年第2四半期末の変化を見てみよう。

年度 25年 26年Q2 変化
国内債券  55.43% 49.61% -5.82%
国内株式  16.47% 18.23% 1.76%
外国債券  11.06% 12.14% 1.08%
外国株式  15.59% 17.41% 1.82%
短期資産  1.46% 2.62% 1.16%

国内債券は5.82%以上の減少で、金額にして5兆2,314億円以上の減少となり、49.61%と50%を下回った

その他の資産は増加し、国内株式が1.76%増加、金額にして3兆169億円の増加となっている。外国株式は3兆502億円の増加となっている。

実際の売買も発生しているものの、ポートフォリオ自体の価値上昇分もあるので、内外の株式の増加額は6兆を超えた。

 

 

▲TOPに戻る