最新

【運用】驚きのカンフル注射 日本株バスケットは急上昇 米国株バスケットも急上昇 いつまで効果が続くのか?

 消費税の判断が迫る月末に、様々な指標はあまり良いとは言えない環境。

株価も材料がない中で、

  • 米国の量的緩和終了宣言も予測されていた【昨日実施)
  • GPIFの株式比率上昇も既に知られていた。

この状況でいつ金融追加緩和を行うかだけが待たれていた。

 

日銀では米国の量的緩和終了を伺いながら、GPIFと、日本の追加緩和をなるべく近くに重ねることで、インパクトを大きくすることを考えていたに違いない。

  • 資金供給量(マネタリーベース)を年10兆~20兆円増やし、年80兆円に拡大する。
  • 長期国債の買い入れ量も30兆円増やして80兆円にする。
  • 買い入れる国債の償還までの期間(平均残存期間)を「7年程度」から「7~10年程度」
  • 上場投資信託(ETF)と不動産投資信託(REIT)の購入量は3倍に増やす

GPIFの資産割合は以下のようになる。

  • 国内債券35%(旧60%)
  • 国内株式25%(旧12%
  • 外国債券15%(旧11%)
  • 外国株式25%(旧12%) 

またその他の特長として

以前は短期資産5%という分類があったが消滅

運用体制の整備に伴い管理・運用されるオルタナティブ資産(インフラストラクチャー、プライベートエクイティ、不動産その他運用委員会の議を経て決定するもの)は、リスク・リターン特性に応じて国内債券、国内株式、外国債券及び外国株式に区分し、資産全体の5%を上限とする。内容的にも株式へのシフト、特に日本株が13%、外国株も15%上昇しているところがすごい。

乖離許容幅についても、幅が広がり、

  • 国内債券±10%
  • 国内株式±9%
  • 外国債券±4%
  • 外国株式±8%

と柔軟な運用となった。

 

市場は当然大幅な上昇となった。日米のシミュライズバスケットを見てみよう。

【日本バスケットのパフォーマンス】

5月 日付 当日 前日 前日比
10001 バイオ 105.59 103.98 1.61
10002 ゲーム 141.84 138.87 2.97
10003 自動車 115.20 110.09 5.11
10004 経営 111.27 106.65 4.62
10005 中国 117.60 113.21 4.39
10006 不動産 107.31 95.94 11.37
10007 IPO 89.99 88.10 1.89
10008 貴金属 94.54 95.22 -0.68
10009 REIT 121.32 118.52 2.80
10010 合計 111.63 107.84 3.79

不動産についても11%以上の上昇、消費者金融バスケットも10%をこえる上昇となった。自動車も5%以上の上昇。

 

JBSK20141031

 

 

【米国のバスケットのパフォーマンス】

ID 名称 2014/10/31 前日 前日比
20001 US新テク 113.12 108.94 4.18
20002 US旧テク 110.96 106.06 4.90
20003 US大企業 111.54 107.65 3.89
20004 USバイオ 122.97 120.09 2.88
20005 US不動産 118.60 114.46 4.14
20006 US新エネ 105.62 98.96 6.66
20007 USロボット 108.13 103.65 4.48
20008 US金融 116.34 111.91 4.43
20009 US食品 111.23 107.85 3.38
20010 全体 113.17 108.84 4.33

為替レートが109.22から112.23へと上昇したこともあり、インデクスは4.33%の上昇となった。

USBSK20141031

 

 

 

 

 

▲TOPに戻る