最新

【借入】住宅ローンの金利以外のメリットも無視できなくなってきた。保険・ポイント・その他の付加価値を検討してみる。

石原 義男(シムラ―)は近頃本気でマイホームを考えている。電機メーカー勤務の35歳、子供2人の家庭。

賃貸でずっと問題ないと思っていたが、更新料の支払いがやってくるたびに自分のものにもなららいものにこれだけ

家賃にこれだけの額を払うことへの疑問は以前からあった。

社員A_悩む_01

【考え込む石原・・・・・・】

なんといっても同期の川原がマイホーム購入に踏み切ったことで、かなり自分も買わないといけないと思い始めた。

住宅ローンは金利競争の時代から、より他の付加価値で争う時代になってきている。10%の消費税、不動産市況の改善で、低金利でマイホームを手に入れる最後のタイミングが

をこれからはさらに進歩した付加価値が付加されてきている。

 

X大疾病保険がついている


通常の住宅ローンは一部のローンを除き、団体信用生命保険(通称「団信」と言われています)への加入が義務付けられている。

団信は住宅ローンの返済途中で死亡、高度障害になった場合に、本人に代わって生命保険会社が住宅ローン残高を支払うというものです。

(高度障害は細かく定義されているのですが、両目の視力を完全に失う、言語を完全に失う、終身介護が必要な内臓や精神の疾患等非常に重度なものが多い。)

 

 

 pixta_6815446_S

【よく調べて、よく考えて、しっかり選ぶ】

 

 

しかし、団信では、がんや急性心筋梗塞といった病気になっても、死亡に至るものでなければ支払いは通常免除されません。

 

そこで以下のような病気になったときに支払いが軽減される、免除される特約付きの住宅ローンがあります。

  • 3大疾病特約(保険):がん(悪性新生物)心疾患、脳卒中
  • 5大疾病特約(保険): がん(悪性新生物)、心疾患、脳卒中、高血圧性疾患、糖尿病
  • 7大疾病特約(保険):がん(悪性新生物)、心疾患、 脳卒中、高血圧性疾患、糖尿病、肝硬変、慢性腎不全
  • 8大疾病特約(保険):がん(悪性新生物)、心疾患、 脳卒中、高血圧性疾患、糖尿病、肝硬変、慢性腎不全、慢性膵炎

 

免除は以下の2ステップが多い

  • ステップ① : 月額返済補償(月々のローン返済を最長12か月サポート)
    • 病気やケガにより、いかなる業務にも従事できない状態(就業障害)が30日間の支払対象外期間を超えて継続した場合に、毎月のローン返済額を保険金※として最長12か月お支払い
  • ステップ② : 残債一括補償(3大(5,7,8大)疾病による住宅ローン残債額を一括補償)
    • 該当の疾病による就業障害が、30日間の支払対象外期間を超え、さらに12か月間月額返済補償が継続した場合に、その時点のローン残債額(利息、遅延損害金を含みます。)を保険金としてお支払い。

 

また条件付きで残債が一括返済になるものも出てきています。

  • 以下に該当するとき、ローン残高が0円となります。
    • がん(医師に診断確定されたら)
    • 急性心筋梗塞60日以上所定の状態が継続したと医師に診断されたら)
    • 脳卒中60日以上所定の状態が継続したと医師に診断されたら)
  • 保険料率は団信とは別に0.3%ほどになることが多いようです。

 

さらなる安心を


1.りそな銀行の「団信革命」

りそな銀行の「団信革命」では「がん」「急性心筋梗塞」「脳卒中」はもちろん、「16の特定状態」「所定の要介護状態」に該当するときも、ローン残高が0円となります。

他の銀行には見られない先進のサービスです。

16の特定状態」とは、病気・ケガを問わず所定の10項目の身体障害状態と不慮の事故による障害を直接の原因とした、所定の6項目の身体障害状態のいずれかに該当された場合

  • がん(医師に診断確定されたら)
  • 急性心筋梗塞・脳卒中(60日以上所定の状態が継続したと医師に診断されたら)
  • 16の特定状態(病気・ケガを問わず所定の10の身体障害状態となったら/不慮の事故による傷害を直接の原因とした所定の6の身体障害状態となったら)
  • 所定の要介護状態(病気・ケガを問わず所定の要介護状態となったら)

 

2.地方銀行の債務返済支援保険(住宅ローン返済サポート保険)

病気やケガにより長期療養を余儀なくされたとき、収入が減少し、毎月の住宅ローン返済が家計の大きな負担となります。

「債務返済支援保険」は、30日を超える長期療養となった場合に毎月の住宅ローン返済をサポートする保険です。

社団法人全国地方銀行協会が保険契約者となる団体契約ですので、団体割引を適用した低廉な保険料でご加入いただけます。

1回の病気・ケガによる入院に対して、最長3年間(銀行によって差異があります。)保険金をお支払いいたします。

3.日立キャピタルの「長期就業不能所得補償保険」

病気やけが、うつ病など精神疾患での働けない長期の就労不能状態で所得が減少してしまった場合に最長60歳まで毎月保険金を受取れる損害保険です。

従来の所得補償保険の保険金支払期間は1~2年と短期間でしたが、[住宅ローンサポート保険]は病気やケガで全く働けない状態が続く場合、最長60歳まで毎月保険金をお支払いします。

 

 

買物のポイント付与


イオンや楽天等の流通系の銀行はショッピングのポイントがつく。 変更等もありますので、詳細については各銀行のホームページを確認してください。

【イオン銀行】

割引対象買物期間内に割引対象店舗において専用カードによりクレジットでお買物をした場合、ご請求時に5%の割引となります。
ただし、1年間の割引対象買物金額の上限は、住宅ローンの当初お借入れ金額に応じて以下のとおりです。

当初お借入れ金額1,000万円以上2,000万円未満:
45万円/年 ⇒ 上限まで使うと2万2500円のお得
当初お借入れ金額2,000万円以上:
90万円/年 ⇒ 上限まで使うと4万5000円のお得
  • ご入会日からご入会日の5年後の翌月10日までとなります。クラブ会員の有効期間とは異なります。

45000円が5年間節約できるとして、合計で225,000円お得である。

【楽天銀行】

お借入金額から4,000万円を引いた金額に0.5%を乗じた額の楽天キャッシュをプレゼントいたします。

(お借入額-4,000万円)×0.5%=楽天キャッシュプレゼント額

例)8,000万円お借入の場合
(8,000万円-4,000万円)×0.5%=楽天キャッシュ 200,000円

対象 楽天銀行で住宅ローン(金利選択型)、フラット35、フラット35S、「固定と変動」を4,000万円超お借入されたかた。
※ 借り換えは対象となりません。

 

石原さんの決断


石原 義男は実は現在保険に現在加入していない。保険のことも真剣に考えないといけないと思ってたので、今回は団信だけでなく、3大疾病、8大疾病を考えないといけないと思った。

団信で0.2%、8大疾病特約で0.3%、したがって0.5%の上乗せになるようだ。

病気の確率もシミュライズの過去の記事を探してみた。

【支出】どんな病気になる可能性があるのか知っていますか? ワースト3は高血圧・糖尿病・歯周病

実際にいま5000万円の物件を購入しようと思っている。物件は東京の23区内で3LDKで100平米近くを考えている。

0.5%の保証料はどれくらいの金額になるのか計算してみた。

社員A_見上げる_03

【なんとなく見えてきたぞ:安心する石原】

【借入の条件】

  • 借入額5千万円
  • 借入期間 35年
  • 保険料 0.5%(団信と8大疾病)

これで金額は総額で

  • 団信と8大疾病のケース(0.5%) : 4,512,737円
  • 団信のみのケース(0.2%) : 1,774,372円

団信のみでカバーされる範囲と、8大疾病でカバーされる範囲でどれだけの負担額になるかを考えたうえで、どちらにするか決めないといけない。・・・・ (次回に続く)

▲TOPに戻る