最新

【支出】【景気】外食市場9月の動向 全体の客数は減少、売上は前年比98.0%と4か月連続のマイナス ファミレス飲みは好調

2014年10月7日に発表された日本マクドナルドホールディングス(HD)の2014年12月期の連結業績予想が、最終(当期)損益で170億円の赤字(前期は51億円の黒字)に転落する見通しになった。

マクドナルドだけでなく、外食産業は以前厳しい状況が継続している。

 労働

 

 

 外食市場の9月度の概況 (出所:一般社団法人日本フードサービス協会)


<外食市場9月の動向>

  •  売上は4カ月連続の前年割れ

 

<全体概況>

  9月は、台風の接近上陸が多かった前年と比べ比較的天候は安定していたが、休日数が前年より1日少なかったことが客数に影響したほか、7月の中国産鶏肉問題の影響が続いている一部業態もあり、全体の客数は減少、売上は前年比98.0%と4か月連続のマイナスとなった。

 

<業態別概況>

ファーストフード業態

• 全体売上は95.7%と前年を下回った。
• 洋風は、中国産鶏肉問題の影響が引き続き残り、全体の売上は前年を下回り、88.3%となった。
• 和風は、価格が高めの新メニュー等により客単価が継続して上昇、売上は前年を上回った。麺類も新メニューが好調で、売上は108.5%と前年を上回った。持ち帰り米飯・回転寿司は、店舗数・客数が減少し、売上は93.7%となった。その他は、「カレー」が引き続き好調、「アイスクリーム」も各種キャンペーンで堅調に推移した。

 

■ファミリーレストラン業態
• 残暑が厳しかった前年より気温が低く「涼」を求める来店動機が弱かった面もあり、全体の客数は前年を下回ったが、客単価が引き続き堅調で、全体の売上は101.5%と前年を上回った

業種別にみると、洋風以外の業種で売上は前年を上回り、特に焼き肉は108.1%と好調を維持した。

■パブ・居酒屋業態

• 全体の店舗数減少から、客数は97.5%となり、売上は96.3%と前年を下回った。
• だがパブ・ビヤホールは、お得なキャンペーンなどにより好調、売上は103.0%と前年を上回った。

 
■ディナーレストラン業態

• 新店効果や高付加価値の店舗が好調で、売上は104.1%と引き続き好調に推移した。

 

■喫茶業態

• 休日が少ない曜日回りがビジネス街立地の店舗にはプラスとなったことや、悪天候の打撃を受けた昨年に比べて売上は101.3%となった。

 

ファミレスでのお酒事情


 

【支出】外食産業業績はやや低迷の中、ファミリーレストランが健闘 「ファミレス飲み」に行こう!

でも記載したが、主婦等の昼まのワインやビールの”飲み”が増加している。なぜか理由を列挙してみた。

  • 安い
    • サイゼリアではグラスワインが1杯100円というように破格の安さ
    • バーミヤンでは紹興酒はショット100円、デキャンター389円ー税抜き
    • ジョナサンでは焼酎+ドリンクバー(490円)
    • ガストでは梅酒がシングル99円税抜き
    • ガスとではビール2杯目割引

 

  • 居酒屋は子供連れは入りにくいが、ファミレスならこどもも大喜び
  • 旦那さんに内緒で飲める。
  • 罪悪感がない。
  • 赤ちゃん連れでもおむつ替え場所もあり、安心してのめる。
  • サクッと飲める!
  • おつまみも安い!

 

【ジョナサンの例:ビール】

ジョナサンボール

 

どんどんアルコールだけでなく、新戦略を繰り出して業界を盛り上げてほしい。

 

 

 

▲TOPに戻る