最新

【シムラー】神山 孝太郎 創作料理店のオーナーシェフをしています。母親が初期の認知症になってしまいました。

  都内で和食とフレンチを融合した創作料理店のオーナーシェフをしています。 若いころから日本料理店で修業を積み、40歳で店を開きました。最近久々の里帰りで母親に会ったのでですが、なんと初期の認知症になっていました。なにをどうしていくのがいいのか情報集めてます。  

 

I  D M10000068
名  前 神山 孝太郎
性  別 男性
生年月日 1969年7月9日
年  齢 48歳
食費 10.6 万円
光熱水道費   1.9 万円
日用品費 3.3 万円
家具・家電費 4.5 万円
被服費   3.7 万円
交通費 2.7 万円
通信費 1.9 万円
医療費 1 万円
交際費   4.1 万円
趣味娯楽費   7.9 万円
教育費   3.6 万円
その他支出 5.8 万円
住居関連費 22 万円
自動車関連費   1.6 万円
保険料 3.8 万円
合計 78.4 万円
居住地 東京都
居住地詳細
居住タイプ 賃貸
最終学歴 料理専門学校
職業詳細 レストランオーナーシェフ
婚姻 既婚
子供人数 1 人
本人収入 1600 万円
配偶者収入 0 万円
金融資産 1,200 万円
金融負債 0 万円

 

配偶者
こども
早苗
1973年7月29日
44歳
美里
1997年10月24日
20歳

 

関心事
“初期のアルツハイマー病と診断された実家の母親をこれからどう看病すればいいのか?治療はどのようにできるのか?お金はどのくらいかかる? などを確認したい。”

 

趣味・好み

 

プロフィール補足
“母親一人に育てられ、親孝行をしようと若いころから日本料理店で修行を積み、40歳にして、和食とフレンチの融合を図る創作料理店を開きました。 年中無休で働き、母親を思いながらも時間を一緒に過ごすことがなかなかできなかった。。。。 里帰りをした際に70歳の母親、君江と会話をしていると、何度も同じ質問をしてきたり、知り合いの名前が思い出せないなどのことがありました。 念のため病院に連れていったのですが、後日初期のアルツハイマー病であることが分かりました。”

 

 

   関連する記事:  

【支出】【保険】シムラ―神山孝太郎 まさか自分が。。実家に帰ると母親が認知症になっていた。なにをすればいいのだろう?

 

シミュライズコアへ


私のプロファイルが気になる方はシミュライズ→神山 孝太郎

▲TOPに戻る