最新

【運用】日本株バスケットは反発。エボラ熱関連株はストップ連発 アゼアス、日本エアテック等

日本株バスケットは米国の戻しが鈍かった割には反発。前日の下落を補うことはできなかったが、多くのバスケットで上昇した。

1.11%上昇の105.51となった。

米国株は今晩エボラ熱のニュースでリスクが意識され、NYマーケットオープン時のダウジョーンズは300ポイント以上の下げとなっている。

 

【レギュラーバスケットのパフォーマンス】

5月 日付 当日 前日 前日比
10001 バイオ 100.85 98.99 1.86
10002 ゲーム 129.70 126.72 2.98
10003 自動車 108.27 108.02 0.25
10004 経営 102.36 101.14 1.22
10005 中国 110.79 108.61 2.18
10006 不動産 91.15 90.51 0.64
10007 IPO 94.36 93.38 0.98
10008 貴金属 95.19 95.87 -0.68
10009 REIT 116.88 116.32 0.56
10010 合計 105.51 104.40 1.11

 

今日のトピック エボラ熱関連


エボラ熱関連株は以下のようなパフォーマンスとなっている。

昨日からだけで、インデクスのパフォーマンスは118.62から13.05とジャンプアップし131.68 、すでに開始来(10月3日)30%以上の上昇となった。

 

【エボラ熱関連バスケットのパフォーマンス】

コード 名称 変化率
6291 日本エアーテック(株) 59.15%
3161 アゼアス(株) 106.61%
4901 富士フイルムホールディングス(株) -1.15%
5122 オカモト(株) 0.68%
4574 大幸薬品(株) -3.98%

上記の赤い字の2社はストップ高を付けている。

 

【スタート来のバスケット構成銘柄のパフォーマンス】

エボラ熱20141015

米南部テキサス州の保健当局は15日、同州ダラスの病院の医療従事者で新たにエボラ出血熱の陽性反応が出たと発表。同じ病院の女性看護師に続く2人目

2人は同じリベリア人男性を看護していた。

米国はユーロッパとの対応を協議しており、しばらくは疫病のリスクについて強く意識される状況が続きそうだ。

 

ストップ高なので上記の2つは買うのは難しいかもしれないが、両社ともPER(株価収益率)が78倍近くとやや割高になっているので、実際購入した場合も長期で保有することは危険かもしれない。

 

▲TOPに戻る