最新

【支出】この秋冬の外食は肉食系。熟成肉のウルフギャング VS ”グレーズ”ハムのハニーベイクト・ハム

熟成肉ブームだ。外食に行きやすい秋のシーズン、誕生日等特別なシチュエーションでお出かけしてみてはいかが?

ニューヨーク⇒ハワイ⇒六本木⇒丸の内と進出 (2014 年12 月上旬、『ウルフギャング・ステーキハウス by ウルフギャング・ズウィナー』国内2号店を東京・丸の内 明治生命館B1 にオープン致します。)

food01

 

ウルフギャング


ニューヨークからウルフギャングが六本木にやってきた。ニューヨークのピータルーガー(こちらもNY有名店)でフロアリーダーを務めたウルフギャングさんが独立し、スタートしたステーキハウスだ。

六本木店は夜7時台は予約が数週間はいっぱいという状況だ。ランチか平日の夜遅くがねらい目だ。

 

WG

 

 

アメリカ農務省(USDA)の格付けで最上級品質と認定された「プライムグレード」のみを使用。
Tボーンステーキ部分は専用の熟成庫で長期間ゆっくりとドライエイジング(長期乾燥熟成)させる。
和牛は脂身が多いため熟成に向いていない、赤身の多いアメリカ牛向きだ。
フィレ部分は形が崩れてしまうので、熟成はできない。
従って、熟成されたロースとフィレの混合プレートになる。
旨みが増した熟成肉を焼き上げた肉にバターと塩をベースにしたソースがかけてある。

 

柔らかな食感とうま味が増した肉を厚切りにして、900℃のオーブンで焼き上げる。
ソースはテーブル上に用意してある、オリジナルソース(やや甘め、苦手な人は醤油とわさびなんて準備もある。)で違う味で楽しめる。

やわらかく、旨みの詰まった肉は松坂牛で楽しめる和牛の脂身の多い、やわらかく溶ける味わいとは違い、がっつり食べた感のある肉好き向けの肉だ。

 

ディナータイムでは

  • プライム ステーキ 2名様用 :15,000円
  • プライム リブアイステーキ: 8,900円
  • プライム フィレミニオン:7,500円

ランチタイムは

  • プライムビーフ100% クラシックバーガー (チーズ +200, ベーコン +700):2,600円
  • ステーキサンドウィッチ:2,800円

内部

場所・連絡先

  • 住所 東京都 港区 六本木 5-16-50 六本木デュープレックスM’s 1F
  • 電話番号 03-5572-6341
  • 営業時間 11:30~23:30(22:30 L.O.)
  • 定休日 無休
  • 総席数 178席(ダイニング140席、個室10席×2部屋、バー・カウンター18席)
  • ドレスコード 男性のタンクトップ、ノースリーブまたはそれに類する服装、サンダルでのご来店はご遠慮ください。

 

ややお高めだが、食べごたえは凄い!食べ残しても安心なことに持ち帰ることができる。(DoggyBagが立派だ!)

ウルフギャング

 

【店構えはクラシック&ゴージャス】

 

ウルフギャング肉

 

プライム ステーキ 2名様用】

 

ウルフギャングソース

【店のオリジナルソース】

 

 

 

ハニーベイクドハム


アメリカからの肉の進出は牛肉だけではなく、ハムにも至っている。

創業者ハリー・ジョン・ハンセラーが米国のミシガン州で始めた小さな「ハニーベイクド・ハム®カンパニー」。

 

ハニーベイクドハムは最高品質の豚の骨付きモモ肉を秘伝のウッドチップで20時間以上じっくりとスモークし、肉本来の旨味をしっかり引き出した本格ハム。

さらに味わいを際立たせるのが、”グレーズ”と呼ばれる表面の甘く香ばしいコーティング。

HBH2

金色の包み紙と甘く辛い、日本ではなかなか食べたことのない贅沢な一品だ。

オンラインショップへ

HBH3

 

まずはここら辺から試してみてはいかがでしょうか?

 

(税込) ¥ 2,700 
(税抜) ¥ 2,500 
▲TOPに戻る