最新

【運用】FX:シカゴ投機筋のポジション動向(9/26NY公表)- 円・ユーロともショート再び増加、円は109円半ば、ユーロは1.26台まで売られる

全米先物取引委員会(CFTC)により週末公表の、シカゴ通貨先物市場における最新9/23時点の投機筋ポジション動向。

 

この一週間についてもドルが全面的に強い動きが続いています。 円、ユーロともにネットショートポジションが再び増大  USD/JPY為替レートは一旦109円半ばをつけました。 EUR/USD為替レートもほぼ2年ぶりの1.26台まで売られています。豪ドルもロングが大きく減少しています。

 

今年に入ってからの主要通貨の投機筋ネットポジション(対ドル)の動きをグラフ化しています。 
CMEPosition140926
(注1)CFTC公表データをもとにシミュライズまとめ

 

この週末NY時間に公表されているポジションは、先週火曜日時点(9/23)のものであることをご注意の上、ご覧ください。

 

関連記事 →【運用】FX取引の際にはチェックしておこう、シカゴ投機筋のポジション動向

 

 

 

 

現状のネットポジション、過去1週間の変化、1ヶ月の変化をまとめています。
 
 各通貨(対ドル)の投機筋ネットポジション(枚)

通貨 2014/9/23
ネットポジション
1週間変化 1ヶ月変化
JPY -105,422 -22,240 -2,531
EUR -141,965 -4,816 8,692
GBP -1,050 5,531 -16,517
AUD 8,347 -13,793 -33,591
NZD 1,841 721 -10,000
CHF -13,375 -1,979 -336
CAD 3,064 -4,480 -2,599

 

     

一週間の主な動き: 

  • 二週にわたり減少してきた円ショートは、再び大きく積み増さ、今回のピークに近い水準となりました。 ドル円為替レートは、週の半ばに一旦108円前半をつけましたが、週末にかけては109円台に戻し一時109円50銭を越える水準をつけています。 下記、USD/JPYネットポジションと為替レートのグラフをご参照ください。 先週もお伝えしたように、このところ投機筋のポジション動向と為替レートの連動性がやや薄れてきています。
  • ユーロのネットショートポジションも前の週に大幅に減少しましたが、今週はまた少し増加。 ユーロは更に売られ、EUR/USD為替レートは昨年の安値水準である1.27台半ばを一気に割り込み、ほぼ2年ぶりの1.26台まできました。 
    (下記、2012年1月以降のEUR/USDネットポジションと為替レートの推移ご参照ください。 ) 
  • 豪ドルは続いていたロングポジション解消の動きが継続。 AUD/USD為替レートも今年2月の水準である0.87大半ばまで売られています。 NZドルも同様に売られており、NZD/USDレートは昨年9月以来の0.78台半ばで週末を終えています。

 CMEJPYPosition140926

CMEEURPosition140926

 (注)CFTC公表データをもとにシミュライズまとめ

 

 

シミュライズのFX分析ツールも是非あわせてご活用ください。

btnSimulize_Exchange

クリックしてシミュライズ

 

活用方法については、以下記事等をご参考にしてくだくさい。
【運用】FX取引のアイデア実験室 トレンドと取引タイミング シミュライズFX

 

▲TOPに戻る