最新

【運用】シミュライズ米国株インデクスのパフォーマンスは今週は下落 米国株は下落✖、円安は進行中◎

米国株インデクスは今週は下落、昨日は円安の進行、米国株高でインデクスは1.66の上昇となったが、週間で見ると、109.99(先週末)から109.00(9/26)までの下落となった。

バイオ、新テクノロジー、金融、メジャー等のバスケットは好調で10%を超えるパフォーマンスを維持している。

 

【バスケット全体のパフォーマンス】

ID 名称 2014/9/26 前日 前日比
20001 US新テク 115.35 113.06 2.29
20002 US旧テク 109.27 107.64 1.63
20003 US大企業 111.02 109.74 1.28
20004 USバイオ 118.84 116.73 2.11
20005 US不動産 106.59 105.02 1.57
20006 US新エネ 99.49 97.86 1.63
20007 USロボット 102.75 100.77 1.98
20008 US金融 111.81 110.29 1.52
20009 US食品 105.87 104.98 0.89
20010 全体 109.00 107.34 1.66

SNS等を含むUS新テク、バイオが全体の中のリーダーとなっている。

 

【米国バスケットの推移】

米国構成

為替レートは円安の進行はややスピードダウンしてきたが、109円前半までの円安が進んでおり、米国株の下落を補ってインデクスをけん引している。

米国株バスケットのパフォーマンスは

  • 米国株のパフォーマンス(株高でプラス)
  • ドル円為替レート(円安になるとプラス)

となっている。

 

【ドル円と米国株パフォーマンス(ドルベースと円ベース)】

米国

 

連銀イエレン議長のSNS、バイオの割高発言にも関わらず、バイオ、SNSを含むUS新テクノロジーバスケットは好調を維持している。

 

【USバイオの構成銘柄のパフォーマンス】

米国新バイオ0927

JazzやGileadのパフォーマンスが良好25%をこえるリターンとなっている。

 

 

【新テクノロジーの構成銘柄】

米国新テクノロジー0927

オレンジ色はドル円レート、パフォーマンスがベストな銘柄はツイッターで30%に近づいている。

次いでアリババの上場があったYahoo!、フェイスブックとなっている。

 

円安の進行はしばらく継続すると予想し、米国株のコレクションがあったとしても、さほどパフォーマンスは落ちないと想定。

しばらく為替レートを中心にモニターを継続する。

 

▲TOPに戻る