最新

【運用】LINEの上場延期その時関連銘柄は? エイチーム等なんとか下げ渋る。

SNS関連銘柄の割高感が叫ばれる中、本年度中とされていたLINEが22日に上場を延期を発表した。

正式な理由は明らかでないが、

  • SNS株の近頃の過熱感、
  • 近いうちに考えられる大幅な調整局面
  • 相次ぐ悪用、詐欺の発生、
  • アリババの様子見
  • 競合他社の状況

など様々な理由が考えられる。

 

連銀イエレン議長がSNSやバイオなどの中小型株の株価は期待先行しすぎでPERは過去の基準と比較すれば高い、とのSNS名指しでのコメント。これが痛かったのかも。

この数か月はタイミングではないとの判断は正しいと思われる。

 

シミュライズ7月選抜に属するLINE関連バスケットは26日終値ベースで90.27%とスタート以来10%程度の下落となっている。 

赤丸が22日で23日に大幅に下落、その後は下げ渋っている。

 LINE関連バスケット2

 

シミュライズで選択した銘柄は以下の5つである。 

 LINE関連バスケット 

【LINE関連バスケット:7月選抜】

銘柄コード 銘柄 市場
3662 (株)エイチーム 東証1部
3622 ネットイヤーグループ(株) マザーズ
2489 (株)アドウェイズ マザーズ
3661 (株)エムアップ マザーズ
3815 (株)メディア工房 マザーズ

 

9月26日のクローズでは以下のようになっており、エイチーム、メディア工房はなんとか踏みとどまっているが、その他はかなりきつい下落となっている。

名称 インデクス
(株)エイチーム 96.18
ネットイヤーグループ(株) 82.48
(株)アドウェイズ 82.47
(株)エムアップ 94.24
(株)メディア工房 96.22
全体 90.27

しかしながら、LINE自体の上場はなくなったわけではなく、時期を見合わせるものであるので、しばらくは様子見だが、競合の状況は大変に気になる。

 

  • 米国のワッツアップ(Whatsapp、フェイスブックが160億ドルで買収することを発表した。
  • Google+ ハングアウト(グーグルプラス ハングアウト) – グーグルが提供する統合メッセンジングサービス
  • 中国のWeChat(中国インターネット通信大手Tencentが提供するサービス)
  • カカオトーク(韓国初のメッセージングサービス)

 

等の動向を見ながら、そのユーザー数、利益率をモニターしながら、LINEの上場を待つことにしたい。

特にWechatは現在すでに4億人以上のユーザ数(LINEは今年4月に4億ユーザーと発表)と言われており急速な拡大を継続しており要注意。

アリババとともに巨大化するかもしれない恐ろしい競争相手だ。

 

【LINEユーザー数の伸び方:出典 Lineニュース】

LINEユーザー数

 

 

 

▲TOPに戻る