最新

【運用】株式インデクスは小幅上昇。フォーカスはマネージメントバスケット

日本株式バスケットは0.23の上昇で115.54となった。

その他のバスケットはいずれも小幅な上昇。

日経もやや下落したことにより、、日本株バスケットも大型株は下げるものも見られた。

近頃下落傾向の強いバイオ・ゲームは上昇した。

 

 レギュラーバスケットのパフォーマンス


 

レギュラーと6月選抜は上昇、他のバスケットは下落となった。

その変動幅はいずれも小さく、連休明けのスローなマーケットとなった。

 

【バスケットパフォーマンス】

  現在値 前日比 最高値 最安値 標準偏差 ベスト ワースト
レギュラー 115.54 0.23 118.54 98.13 5.70 154.05 99.78
6月選抜 104.49 0.02 103.74 97.65 1.16 115.47 93.97
7月選抜 96.04 -0.11 100.88 91.83 1.72 110.76 83.91
8月選抜 100.72 -0.17 101.50 96.89 0.98 109.29 86.07
9月選抜 101.48 -0.20 102.15 100.36 0.68 106.40 98.60

 

【レギュラーバスケット】

5月 日付 当日 前日 前日比
10001 バイオ 119.55 116.11 3.44
10002 ゲーム 154.05 153.14 0.91
10003 自動車 117.92 118.46 -0.54
10004 マネージメント 107.77 107.28 0.49
10005 中国 115.73 116.35 -0.62
10006 不動産 101.19 102.96 -1.77
10007 IPO2013 106.64 106.60 0.04
10008 貴金属 99.78 99.51 0.27
10009 REIT 117.22 117.38 -0.16
10010 合計 115.54 115.31 0.23

ゲーム、バイオが久々の上昇。バイオは3%以上の上昇を見せた。

マネージメントはアリババの上場を控えたソフトバンクの力で上昇となっている。

 

今日のトピック ソフトバンクは買いやすい環境


 マネージメントバスケットはマネージメントが経営者を始め優れていおり、トップのカリスマ性が強く、経営理念も優れている企業で構成されている。

具体的な銘柄は以下のようになっている。ほぼ同金額(20%づつ)でのバスケットを構成し、その株価総額でインデクスが作成されている。

 

【マネージメントバスケット】

コード 名称
9984 ソフトバンク(株)
9983 (株)ファーストリテイリング
3382 (株)セブン&アイ・ホールディングス
7203 トヨタ自動車(株)
4755 楽天(株)

 

 トヨタ自動車、セブン&アイホールディングスは新興企業ではなく、伝統的な日本ブランドとなっているが、経営者の理念、経営手腕は日本のなかでも秀でていると思われる。

 

【マネージメントバスケットのパフォーマンス】

MANAGEMENT20140916

 

 

 【マネージメントバスケットの構成銘柄パフォーマンス】

MANAGEMENT20140916②

ソフトバンクが保有するアリババ上場を控えその時価総額が5兆円ともいわれる中、アリババの成長性を考えると、さらなる株価上昇も考えられ

まだまだ上昇をする可能性がある。ガンホーオンラインエンターテインメントよりもはるかに大きな株価インパクトがある。

 

またこの株価上昇でソフトバンク自体の買収活動が再燃するのではとも思われ、他の銘柄に手を出しにくいタイミングの市場で投資家は買い進みやすい状況にある。

 

▲TOPに戻る