最新

【美容】【支出】メイクには一生でどれだけコストがかかるのか?美人でいるにはこれだけ費用がかかる!

女性の化粧品のコストは、普通に家事をしているだけなら、簡単なメイクでいいのですが、やはり外出が増えたり、勤め始めればそのコストは大きくなってきます。

 

化粧が嫌いな女性、あるいは化粧をしなくても綺麗な女性、少量のメイクで化粧をしたように見える女性はそれだけで、かなりの財産を授かったのと一緒です。

 

女性の登用が政府の、社会の重要な課題になってきていますが、

社会により女性が進出すると、より化粧品の消費が増えるかもしれません。

SONY DSC

そこで、シミュライズでは女性がどれくらいのコストをメイクにかけているかを調査・計算してみました。

 

編集部の計算では女性のメイクにかける費用は

 

生涯で17,567,892円 (毎日、人気の高いブランドでフルメイクした場合のコスト)

 

美しくいること、美しさを保つコストはこれ以外にもエステや食事面でのケアも必要になるので、この金額よりも大きくなる可能性が高い。

 

生きた情報が欲しい!お金に関するSNS《シミュライズ》無料
お金が全てじゃないけど、有って損しないもの事実。就職難の時代ではありますが、
良い就職・転職をする際には、しっかりした情報収集が大切。

 

 

メイクの種類


 基本的なメイクのコンポーネントをまとめてみました。知らないお父さんは聞いたこともないものも含まれているかも。。

 

  • ベースメイク : 化粧水、化粧下地、ファンデーション(リキッド)、チーク、コンシーラー、ノーズシャドウ、シェーティングパウダー、ハイライト、フェイスパウダー(お粉)
  • アイメイク : ビューラー、マスカラ、二重道具、アイライン(とりあえずは1種類でOK)、アイシャドウ、つけまつげ
  • リップメイク : リップクリーム、グロスor口紅、(コンシーラー)ベースメイクと同じでもOK!
  • 眉メイク : アイブロウライナー、アイブロウパウダー、眉マスカラ
  • 道具 : 眉カットハサミ、ブラシ、パフ・スポンジ、眉ぼかし

 

 まだまだありますが、こんなものを中心に必要によっては複数使用しています。

 

各世代の化粧品ブランド


 

各世代別にに人気の化粧品ブランドは違います。子育てまっただ中の40代は化粧品のコストは抑え目になりますが、働く女性の場合は30台と同じようなコストがかかると思われます。

女性の社会進出にはコストがかかりますね。

 

各世代人気のブランド

  • 高校生 : 株式会社良品計画/無印良品+株式会社 井田ラボラトリーズ/CANMAKE 
  • 大学生 : オルビス株式会社/オルビス+カネボウ/KATE
  • 20代 : CHANEL
  • 30代 : SKⅡ
  • 40代 : 資生堂/エリクシール シュペリエル+マキアージュ
  • 60代 : 資生堂/クレ・ド・ポー ボーテ

をベースに計算している。

当然ですが個人差があり、ブランドも人気はあっても10-20%のシェアしか持っていない場合もあります。

 

世代別メイクの月間、年間コスト


人気のある化粧品を中心に1か月使用した場合のコストを計算してみました。年代別に人気のある化粧品で毎日フルメイクした場合のコストを計算。

20-30代にコストのピークがやってきますが、アンチエイジングを含め60代には再度コスト上昇という結果になっています。

 

【各世代の化粧品のコスト】

世代 月額(円) 年間(円) スキンケア(年間) メーク
(年間)
高校生 4,308 51,698 12,096 39,602
大学生 7,561 90,737 48,859 41,878
20代 30,243 362,920 129,240 233,680
30代 41,786 501,429 281,232 220,197
40代 16,988 203,861 54,864 148,997
60代 48,652 583,820 176,400 407,420

 注意:メイクの内容を

  • スキンケア(メイクおとし、洗顔料、化粧水、乳液等)
  • メーク(ファンデーション、チーク、コンシーラー、リップメイク、眉メイク等)

にわけてそのコストを表示していいます。

 

 

 高校生から、70歳までの化粧品コスト


 16歳から70歳までのコストの推移と生涯化粧品コストをグラフにしてみました。

すると、

 

生涯化粧(メーク)費用は 17,567,892円 : 16歳から70まで毎日フルに化粧をした場合のコストは以下のように推移することがわかりました。

SONY DSC

 

 

気になる、年収!お金に関するSNS《シミュライズ》無料
お金が全てじゃないけど、有って損しないもの事実。就職難の時代ではありますが、
良い就職・転職をする際には、しっかりした情報収集が大切。

 

 

計算の前提となる化粧の頻度や量の目安


化粧品の項目とコストの目安は以下のように設定して計算しています。

ブランドによって当然内容量等が違うため、頻度、どの程度持つかは若干差異があります。

 

アイテム 単位 どの位持つか
<ベースメイク>    
プロテクター(日焼け止め) 50ml 4ヶ月
メイクおとし    
洗顔料    
化粧水 150ml 1ヶ月
乳液 40g 2ヶ月
美容液    
BBクリーム 40g 3ヶ月
ファンデーション   3ヶ月
チーク 1コ 10ヶ月
コンシーラー 1本 10ヶ月
ノーズシャドウ 1コ 10ヶ月
シェーティングパウダー 1コ 10ヶ月
ハイライト 1コ 10ヶ月
フェイスパウダー 9g 10ヶ月
<アイメイク>    
ビューラー 1コ 1年毎再購入
マスカラ 1本 3ヶ月
二重道具 1コ 3ヶ月
アイライン 1本 3ヶ月
アイシャドウ(複数所持) 1コ 6ヶ月
つけまつげ 1セット 1ヶ月
<リップメイク>    
リップクリーム 1本 3ヶ月
グロス(複数所持) 1本 3ヶ月
口紅(複数所持) 1本 3ヶ月
<眉メイク>    
アイブロウライナー 1本 12ヶ月
眉マスカラ 1本 4ヶ月
<道具>    
眉カットハサミ 1コ 5年毎再購入
ブラシ 1コ 5年毎再購入
パフ・スポンジ 1コ 3ヶ月
眉ぼかし 1コ 3ヶ月

 

 

有名ブランドの一例


30代の女性に人気のブランドSK-Ⅱです。

 【SK-Ⅱの基礎化粧品一覧】

SK-Ⅱ

  • 化粧水
    SK-Ⅱフェイシャルトリートメントクリアローション 150ml/6,300円
    SK-Ⅱフェイシャルトリートメントエッセンス 150ml/16,275円
  • 美容液
    SK-ⅡフェイシャルトリートメントリペアC  15ml/9,975円 
  • 乳液&クリーム
    SK-Ⅱフェイシャルトリートメントコンセントレート 30g/29,400円
    SK-Ⅱステムパワー 50g/15,750円
  • スペシャルケア
    SK-Ⅱアドバンストアイトリートメントフィルム 15g/8,400円 など

 

▲TOPに戻る